ただ歩いてゆく旅

ayumiaruki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 08月 15日

なぜなら彼らはベトナム人だからです

 


【台湾距離数】700

【これまで歩いた総距離数】 6,123km

【現在地】カンボジア シェムリアップ

【旅の行程】 台北にゴール後、バックパックで東南アジアの旅 台北→(飛行機)→フィリピン→
     (飛行機)→ベトナム→





今日こそは簡単なブログで、ベトナムのへえ~って思ったところを書いてみる。
数年後に、自分がこのブログを見たとき、こんなことで「へえ~」って思ってたんだなあと
恥ずかしくなるかも知れない。




私達が日本で使っていたカートは、あまり重い物が載せられないという難点がある。かと言ってリアカーは

海外の旅を考えると移動に問題が出てくる。

ベトナムの人達が使っている道具は、これからの旅のヒントになりそうなところが多い。

リアカーにちょっと足を付けたような道具をたまにみかけたなあ、時々3輪になる仕組み。

a0115762_21541045.jpg












自転車とリアカーの合体型?

売るのが商売だから、見た目もかなり工夫されてる。バナナ買っちゃいそうになった。

a0115762_21550765.jpg












シクロともちょっと違う乗り物。独自に改良したんだろうか。

まあ器用に色々な場所で気持ちよさそうに寝てる。こんな光景を見てるとそんなに物騒じゃないように

思えるんだけど、ホテルや店の人によく、カメラやバック気をつけて、必ず肩から下げて歩いてと言われた。

a0115762_21565007.jpg












小さいお店や、コンビニにも、出入り口に警備の人が付いている。この写真のどこに警備している人がいるのかって?

バイクの上でくつろいでる人。

警備といっても、ご飯食べてたり、友達と雑談してたり、寝てたり。

時々、お客さんのバイクを駐車したりもしてたけど。

a0115762_21574364.jpg












こちらは警備じゃなく、多分バイタク(バイクのタクシー)かな?

ピッカピカのバイクが、かなり目立っていた。

メイン通りにあった大きな公園の周りは規制されているのか、屋台も物売りもなくてすっきりしてて歩きやすい。

ごちゃごちゃとした所が面白いけど、たまには安心して公園を歩くのも良いね。

a0115762_21582378.jpg












こんな感じでのどか。

a0115762_21591585.jpg












輪になって、ボールを蹴っている。
バトミントンのような羽根を足で蹴る「ダーカウ」の簡単バージョンかな?プラスチックのような素材で軽く
穴が空いているボールを器用に蹴っていた。

a0115762_22000353.jpg












年配の人も、若い人も楽しそうにしてた。そしてレベルが高い!「ダーカウ」をしているグループも見かけた。
蹴り方や動きは似ているけど、どう違うんだろう?

a0115762_22004927.jpg












大きなネズミもたまに見かける。

a0115762_22014046.jpg












年配の男性が集まって、結構真剣。

a0115762_22022046.jpg












シャンチーという、中国で盛んな将棋類で二人でプレイするボードゲームの一種。
チェス、囲碁と並ぶ世界三大棋類の一つで、中国では国家の正式スポーツ種目になっているんだそう。
ウィキペディアより。

a0115762_22031353.jpg












ジュース屋さんも、屋台もだけど、店を構えなくても充分に納得いくものが提供出来るんだなあと。

床屋さんなんて、布の屋根に、壁を利用して鏡をちょとっこ引っ掛けて、椅子さえ運べば良い。

待ってる人は、外で屋台の麺を食べたり、近くのカフェのコーヒー飲みながらだったり、なんと効率的なことか。

結構繁盛してるようだった。

a0115762_22040888.jpg












外は屋台ばかりじゃなくて、家族が外で普通に食事してたり、くつろいだりしてる。

最初の頃はちょっと警戒して歩いてたから、多分私の顔つきも怖かったかも?

慣れてきたら、カメラで撮ってもいい?のジェスチャーをすると、通りの人やバイクの人もピースしてくれたり

笑顔で応えてくれる。

このおばちゃんが着ているような、上下お揃いの服を着た女性をよく見かける。

a0115762_22045871.jpg












ここも表通りから外れた地元の人が来るような店。
まだ慣れてない頃だったから、私達があーだこーだしてると、英語は話せないけど、笑顔で
「もうちょとソース入れたら良いよ、ちょっと待って新しいハーブ持ってこよう」みたいなことを言いながら
せわしなく動いている。

「30,000×2で、60,000VNDだよ」最後に会計をして、美味し料理だったかったから、お釣りをしまいながら
「なんて言う名前の料理?」と聞いてみた。英語が通じない。
店の他の人にも「なんていう料理なの?」と繰り返し聞くと店の若い子が、おっちゃんに怒りながら
10,000VND返して来た。
「ん?どういうことだ?」よく見ると、料理の値段が書いてある。『25,000VND』
な~るほど、30,000VNDじゃないのね、ふっかけてたのね~。なんていう料理?って聞いてたけど
「お釣り足りないんじゃないの?」って言ってると思ったのね。

気さくと言えば気さくなんだけど、抜け目無いというか油断ならないというか。
そういえば、アジアを旅しなれている友人からのアドバイスで
「お釣りは必ず確認するように、なぜなら彼らはベトナム人だからです」というのがあったな。

なるほど、だんだん分かってきた。こうして少しずつ分かってくるのが楽しさでもある。

a0115762_22135493.jpg












上下お揃いの服、ある日は気にして写真を撮ってみた。
デザインも色々で涼しそう。若い人も着てる。

a0115762_22070430.jpg














年配の女性も。

a0115762_22074959.jpg











ゆったりした感じだけじゃなく、わりとピッタリしたのも。

a0115762_22082386.jpg












奥の女の子が着てる、サイケなデザインも。

ベトナムの街だから似合うんだろうなあ。札幌の街で着てたら、パジャマ着てる?って思われそうだ。

a0115762_22085758.jpg












中央にあるのは、ホテルのベランダからいつも見えていた「ビテクスコ・フィナンシャル・タワー」
どうしてか、いつも眺めてしまうビルだった。
調べてみると、CNNトラベルのガイドが発表した「世界の偉大な超高層ビル20」において、かの有名な
ブルジュ・ハリファを抑えて堂々の第5位。
この優美なシルエットのモティーフはベトナムの国花、蓮の花でニューヨークを拠点に活躍する建築家の
デザインなんだって。
発展著しいベトナムの象徴だ。

毎日眺めていたから、歩いて見に行ってみた。

台湾の101を思い出すような、高級ブティックと、格好良いスーツに身を包んだ店員がいる、
おっされ~なビルだった。

展望コースもあって、入ろうかと思ったけど高くて辞めた。

私達は基本的に、歩き旅のときも、日本にいるときでも無駄なお金は使わない。

だからせめて東南アジアでは、いつものような節約旅じゃなくしようね~。マッサージとかしてみる?
なんて言ってたけど、いざとなるとやっぱり使えないものだ。

a0115762_22093703.jpg












おしゃれなブティックの店員さん黒いスーツキメているけど、やっぱり外で食べるんだね。

ベトナムのこういう光景が好き。
それに前にも書いたかな?すごく効率的だ。お客さんが来たら店に入ればいいから、この間別の人が店に立つ
必要がない。人件費も節約出来る。

a0115762_22101143.jpg













私達が根城にしているデタムストリートとはまた違うサイゴンの街。

a0115762_22103123.jpg












でも少し歩くと、喧騒にまみれたベトナムがある。

やっぱりこっちの方が好きだ。

a0115762_22110107.jpg




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

にほんブログ村ブログランキングに参加してます。

現在9位前後をさまよっている。ここをクリックすると、このブログのランキングのポイントになるんです!

ただ~し、スマホではポイントになりません!パソコンでポチッとクリックお願いしま~す。

ランキングが上がると、やっぱり嬉しい!

一緒に歩いている歩き人ふみのブログ⇒「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

タスマニア島に住むフォトグラファーの兄のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」



by ayumiaruki | 2014-08-15 00:57 | Comments(3)
Commented by べーすけ at 2014-08-15 16:02 x
更新の頻度が多いのでビックリしてコメントしてみましたw
東南アジアは楽しそうだなぁー
僕はそろそろ日本旅に飽きてきて…ないです(^_^;

そーいや歩くのはしないんですか?
危ないとかそーゆーのだったりして…

僕は能登半島の端っこまでやってきました!
こっちではお盆休みなので、人が多いですよー
Commented by 履歴書の書き方 at 2014-08-16 09:03 x
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Commented by ayumiaruki at 2014-08-17 03:15
べーすけ君へ
ちょっと頑張って更新してるんだ。頑張ってって言ってもホテル泊だし
夜も電気点くし、なにより毎日寝床が確保されてるってホント楽だわ。
旅の内容も変わってしまうけど、バックパック旅はまた別のお楽しみ
と考えて、楽しんでる。

歩くの?それが、歩いてないから足の筋肉が日々落ちてるよ。
今日、遺跡を見て歩いただけで疲れきってる。


<< ベトナムで食べた      ベトナムの1日、例えばこんな風に >>