ただ歩いてゆく旅

ayumiaruki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 06月 10日

カナダ恐るべし!!


【これまで歩いた総距離数】 6,258km
【カナダを歩いた距離】            217km

【We are in 】
  Coquitlam  Vancouver BC Canada 

【Day 24〜26】
 東バンクーバーケンジの家→(16㎞)→コキットラムのGezaさん宅






ケンジの家で手作りパンケーキをご馳走になってからの出発。
アパートメント近くは緑が多くて、近くにはカフェ、八百屋、肉屋、オーガニックの店も沢山ある、ちょつとオシャレな住みやすい地区だ。

a0115762_13375178.jpg





住宅街に緑が多いのは本当に気持ちが良い。こういうの日本じゃ無理なのかなぁ。管理とか大変なんだろうか。

a0115762_13555640.jpg






入江に沿って東へ進む。やっとカナダを横断する方角に向かっている。
入江はしばらく工業地帯のようだ。奥に見える尖った山は、イーストライオンと、ウエストライオン。

a0115762_14480024.jpg






雪山と、入江と、プール、不思議な景色。カナダの人は少し暖かくなると日光浴をするそうだ。
小さな公園でも水着の女性が日光浴してたりしててびっくりすることもある。

a0115762_14555379.jpg






川のように見えるけど、まだまだ入江。

a0115762_14571788.jpg






ツリーハウス発見。先客が居たから写真だけ。
ここでテントでも良かったな。

a0115762_14591554.jpg






数日はまだ街やビル、住宅街のあるルートだ。今日はサイモンフレーザー大学の前を通るんだけど、大学は山の上にあるようで、最初は急な山登りから始まった。こんな山の上に本当に大学があるのかと思ったら、いきなり草原からバンクーバー市内と海が見渡せる穴場の絶景ポイント。ここ気に入った!ここで夕食にしよう。こんなに明るいけど、もう6時半。

a0115762_15041476.jpg





トランスカナダトレイルのインフォメーションがあった。ずっとトレイルを歩いているのに、あまりこういうインフォメーションを見かけない。カナダデイにまでに全てのルートが繋がるように、今急いでルート整備をしているようだ。

a0115762_15305900.jpg






丘を抜けると、いきなり大学が表れた。地図ではスーパーや、スタバ、マクド価格のカフェ、ティムホートンもある。明日から2日間雨なので、ネットで停滞場所を調べたかったけど、カフェは閉まっていたし、大学構内はフリーのネットが使えなかった。ネットを当てにしてこのコースにしたから残念。水だけ汲んでテン場を探す。

a0115762_01035728.jpg





さっきはどこでも張れそうだったけど、人通りの多いトレイル横になってしまった。
マウンテンバイクや散歩、ランニングの人がしょっちゅう来るけど、もう夜の9時だし、ここなら熊も来ないだろうからここに決定。写真は朝撮ったものだけど、明るさはこんな感じ。明日に備えてすぐに寝た。

a0115762_01042004.jpg






夜の12時頃、ふみさんが突然「なんか居るっ!犬か?」と言ってがばっと起きた。寝ぼけた私でも動物の鼻息が近くで聞こえる。
犬でしょ、、、、、ガサガサ、、、、ガフッガフッ、、、。
犬じゃないっ!!!えっ熊?ふみさんがテントを開ける。
月明かりの下、2頭の黒い動物のシルエットがはっきりと見える。
あのゆっくりした動き、、、、熊だ!!!

鼻息の聞こえた一頭はテントのすぐそばだ。あの二頭を入れたら三頭。親子か?親子はヤバい。
夜だし、今までの遭遇とは状況が違うから、すぐに大声は出さなかった。驚かさないように熊に気付かせて、去ってもらわないと。
頭の中で色々なシチュエーションを考えながら、心臓がドクンドクンとしているのが分かる。
念のため枕元に置いた熊スプレーを、もう一度確認。
よしある大丈夫だ。

熊がこっちに気付いた。それから少しづつ声を出して、去っていく態勢になってから声を張り上げた。

ふぅ〜〜〜〜。
マジかーーーーー!マジかあーーーーー!!
大学のすぐ近くだぞ、ついさっきまで人もあんなに居たぞ。

ふみさんが小枝を集めて、速攻で火を付けるためにアルコールを掛けてから火を付けた。こんな時のフミさんは早い!
私は音を立てて、また熊が来ないようにする。まだ心臓がドキドキだ。
暗い中で燃えている火が、なんと心強いことか!

翌朝は、またランニングや散歩の人がテントの前を通って行く。この平和な光景が、しっくりこない私達。
また来た時の為に、すぐ火を付けれる準備をしておいた薪と熊スプレー。朝撮影

a0115762_01043804.jpg






二頭の熊が居た場所は、丁度あの鉄塔当り。月明かりで照らされた熊のゆっくりとした動きは、思い出しただけでゾッとする。今までの遭遇とは全く違ったものだった。

a0115762_15373442.jpg





鼻息の聞こえた場所はここ。近い!!

a0115762_15351986.jpg






とにかく歩かなくっちゃ。トレイルにはベリーが沢山実っていて、食べながら歩いた。
フミさんは、こういう食べ物を見つけるのも採るのも上手。

a0115762_15413178.jpg





木によって味も色も違う。だんだん美味しくなってきて、歩きながら昼ご飯分をしっかり確保。
熊も同じベリーを食べてるんだろうなあ、、、。

a0115762_15442279.jpg






途中のスーパーでヨーグルトを買って、シリアルとベリーとで食べた。巨大モールが歩いて2時間の場所にあるのに。

a0115762_15495881.jpg






スーパーのカフェでネット。雨の2日間は丁度近くにあった場所で民泊する事にした。2泊で1万円くらいだけど、安全と安心を優先。
民泊はキッチンを使えるところが多いから、ホテルよりずっと良い。スーパーで買った食材で、タイカレーとサラダ。
宿のお父さんの話でも「うん熊出るよ、家の近くに来ることもあるからな、でもほとんどは人を嫌うし悪さはしないから大丈夫だ」と教えてくれた。
私達は警察に報告した方が良いんじゃないかと考えたけど、インフォメーションでも『熊は出ます。攻撃してきたり、悪さをした時だけ報告して下さい』とあった。

ブログを見てくれてる私の母親が、熊の事を凄く心配していて、大丈夫だよと何度も伝えたんだけど、また心配してしまうなあ。

カナダ恐るべし!!

a0115762_15535075.jpg






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 世界一周
またクリックしてもらえると嬉しいなあ。


一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行Trek7 夫婦北米大陸徒歩横断編






by ayumiaruki | 2017-06-10 01:50 | 旅日記 | Comments(4)
Commented by konojigata47 at 2017-06-10 10:43
どんな小さな食べ物もテントの中には残さないこと。飴玉一つ、ガム一枚でもダメ。オーストラリアはクマはいないけど、ポッサムやワラビーに寝ている間にテントを破られる。カナダ、恐るべし。動物の嗅覚も恐るべし。
Commented by ayumiaruki at 2017-06-11 06:22
konojigata 47さん
まさか街から離れていない、大学の敷地側で出没するとは思いませんでした。食べ物もっともっと気をつけなければ!ワラビーもテント破るんですね。私は動物対策に関してはど素人です。コメントありがとうございます!!
Commented by tennen at 2017-06-11 07:54 x
恐るべし!!!!

熊さん。  居ますよ感 出さないカントやねぇ!?

知らんかった。

自然の国やなぁ。  ある意味 素敵に怖いw

無事でなにより。

町の近場でよかったネェ。  気持ち引き締まって。

最後の料理!! ウマソウ""

そろそろ蟻の話が・・・

Commented by ayumiaruki at 2017-06-11 08:45
tennen さん
バンクーバーはあんなに都会なのに、そこから歩いて数時間で、あんなに人がいたらまさか、、、。と思う日本人感覚?カナダの人は、ブラックベアならまあ大丈夫だよ、というけど、みんな熊の対処法をちゃんと知っている。これからロッキーに行くとグリズリーが居るから、私もしっかり勉強してから挑みまねば!最期の料理は、宿の人にもおすそ分けして、評判が良かった〜。


<< 今、やれることやろう!      カナダ本土を出発 >>