ただ歩いてゆく旅

ayumiaruki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 06月 18日

チリワックの町で山間部に入る準備


【これまで歩いた総距離数】 6,258km
【カナダを歩いた距離】            343km

【We are in 】
  Chilliwack Vancouver BC Canada 

【Day 30〜34】
アボッツフォード住宅街外れ→(19㎞)チリワック川辺→(7㎞)→チリワック、デニス宅に民泊4日



Day 30
カナダを歩き始めて1ヶ月たった。都会のバンクーバーから少しづつ田舎になって、もうすぐ山間部に入る。私達が進んだ距離はカナダ全体の地図でみたら、ほんの始まりの一点にしかならない。

a0115762_14490802.jpg





さて、木に吊るしていた食料を熊に食べられた、アボッツフォードのテン場から少しトレイルに入った。マグカップ2つをザックから下げて、音が鳴るようにする。内心ドキドキだ。
女性が大型犬2匹を連れて歩いて来た。あんな大きな犬と一緒だと心強いだろうな。
道の先で、トラックに乗った強面のお兄さんが、こっちをチラチラと気にしながらタバコを吸ってる。う〜ん、ちょっと嫌な感じ、遠回りしようかなぁ、、、。
車の横を通った時に何か言われた。何だ!??
この先のトレイルは迷いやすいからと、車を停めて説明してくれたのだ。
あ〜〜反省、私すっかり負の思考に陥ってる。
お兄さんは、また少し先でも車を停めていた「いやぁどうも君達のことが気になってさ、歩いてるなんて素晴らしいよ」と言ってくれて、色々話した。彼の話では、熊はこの先でも先週現われたそうだ。これから私達のブログを追いかけるよと言って、話したら凄く良い人だった。やっぱり反省。
今日も曇り空の川沿いを歩く。実は曇りの方が歩きやすくて良い。天気だと気持ちも晴れ晴れするけど日焼けで体力消耗する。

a0115762_14511819.jpg






テン場は川沿いの開けた良い場所だ。私が休憩中ベンチで寝ている時に、フミさんが偵察して見つけてくれた。

a0115762_14554691.jpg





夜は久しぶりに焚き火。良い場所だと焚き火したくなる。

a0115762_14591026.jpg






そろそろ野宿5日目だ。ずっとジメジメした天気だし頭が痒いなぁ。日本なら少なくても3日に一度は温泉に入ってたのに、やっぱり海外だとはそうはいかないか。
今日は買い出しが出来ないルートで、またオートミール、イン、キヌア。

a0115762_11553282.jpg






フミさんは最近体重が減りすぎ。ザックがゆるくなって腰に乗らないから、肩に負担がかかっている。なんとかしようと考えたのがこの『ねじりほう』なんだそう。
もうちょっと良い方法あるような気がするけど。
と、人のことは言ってられない。ベンチで思い出したけど、私は最初のテン場のベンチにカメラを置いたまま、朝まで気付かずに放置してしまった。夜に何人かの人がベンチに来ていたのに、誰も持って行かなかったのは奇跡だ。
フミさんはそれ以来、そんなカナダの人へのお礼だと、ベンチやテン場の周りのゴミを綺麗に掃除している。偉い!!
とか言ってないで、お前がヤレよって感じだな。
また反省、、、。

a0115762_15132134.jpg





Day 31
翌朝、雨がパラついていたけど、歩き出した頃は曇り空。こんな風景が当たり前になって来ている。

a0115762_15180817.jpg






今日は少しだけ歩いて、チリワックで民泊宿に泊まる。この後からまた一週間山間部に入るから、休憩、栄養補給(最近はこれが大切)、熊対策準備などなど。
ここは、宿主の居住スペースとは完全に分かれた2つの部屋がある創り。キッチン、バス、調理道具も自由に使えて良いけど、調味料が塩コショウしかない。

a0115762_15223404.jpg





一刻も早く浴びたいけど、シャワーの前に買い出しだ。宿での4日分の食料と(左側)、ここをでてから先、6日分の山中での食料(右側)
油がないからバターを買った(卵の上)230円くらい、多分日本より大分安い。炒め物は譲れない私!いつもより少し大きめ、ワインは譲れないフミさん!

a0115762_15305709.jpg






ずっと大切に持ってたマクドナルドの白ワインビネガー、スーパーの寿司コーナーの醤油、ホットチリソースの出番だ。
どれも無料のスパイス、ちょっとだけ欲しい私達には大切。

a0115762_12322826.jpg





塩コショウ、バター、ニンニクがあればスタミナ的に満足出来る料理になることが分かった。ガーリックチキンはフミさん作。


a0115762_13293080.jpg





バターチキンカレーも作ってみた。

a0115762_13301116.jpg





かぼちゃの種で、自家製トレイルミックス。

a0115762_12223537.jpg






待ちに待ったシャワーは、お湯を頭にかけた瞬間、頭が痒すぎて暴れまくりそうになった。3回目の石鹸洗いでやっと落ち着いたけど翌日もまだ痒かった。
それにしても、白いシーツのベッドって最高だなぁ。

a0115762_07361897.jpg



Day 32ー34
ゆっくりしたいけど、やることやらなきゃ。
まずは荷物も再度シェイプアップ。アメリカでは、3〜4日の歩きだから分からなかったけど、カナダを1ヶ月歩いて分かったこと、荷物は徹底して軽くするべき!!これはもう、絶対に揺るがない。
とは言っても、今回はかなり厳選した軽いものしか持っていない。
あと出来ることは、ザックの余分な紐を切ったりするくらい。切った後はライターで炙る。

a0115762_13261283.jpg






アルコールストーブの風防(ヘキサゴン)のケースも処分、今あるもので代用する。
それぞれの重さはほんの数グラムだけど、その積み重ねが大事。
と、出発前に他の人のブログで読んではいたけど、私達は痛い目に遭わないと実行しない。

a0115762_13271427.jpg






グランドキャニオンのキャンプサイトで、フリー用品(無料)になっていたREIのボトル。思いっきりマジックでFreeと書かれたボトルだったけど、使い込んでいつの間にやら消えている。これも処分。

a0115762_13274941.jpg






そして代わりに買ったのが、このチューブ。私達が持っているプラティパスの水パックに直接差し込んで、このまま縦にザックへ入れる。水を飲むときは先端のチューブで吸う。ボトルがあると便利だったけど、このボトルの重さが問題。チューブだけの方が軽い。

a0115762_08542974.jpg





チリワックは小さな町だけど、たまたまアウトドアショップがあったから、このチューブが買えて良かった。
アウトドアショップでは私達にとって他にも大切な問題がある、熊対策だ。外にはガイド用の車が停めてあるから詳しいんじゃないだろうか?
「これから一週間山に入るのに、凄く怖いんだ、重くてもベア缶が必要なんだろうか」レジの女性に聞いてみた。すると奥から、ちょっと熊さんみたいな人が現れて色々教えてくれる。ベア缶は置いてないんだけど僕はいつもこれを使ってるよと、丈夫そうな防水バッグを教えてくれた。彼は若いけど話には説得力があって、只者ではないバックカントリー玄人なのが分かる「じゃあそれも下さい!」即決。
熊さんは、その場でタグを外して「これ、僕の気持ち」ひょいとバッグを渡してくれた。
英語の聞き間違いかと思って、2人ともしっかり2度聞き直した。

a0115762_13284395.jpg






なんだかずっと不安で、天気同様に曇っていた気持ちが明るくなった。
熊さんはこんなに若いのに、ここのオーナーだった。男前!なんて気前がいいんだ、泣けてくるじゃないかーー。
食料の保管方法や、熊が山より民家近くの方が匂いに寄って来やすいこと、バックカントリーのキャンプは常に移動する事、などなど教えてくれた。本当にありがとう。
ガイドもしているようなので、カナダに来たら寄ってみて。
http://mtwaddingtons.com/

a0115762_08591427.jpg






私の前回のブログのタイトルは、最初『悪い予感』だった。いつもの様にフミさんに誤字脱字チェックをしてもらったら、珍しくきっぱりと「気にくわない」と言われた。
理由は「そういう事を、言ったり思ったりすると、かえって悪いことを呼び寄せる」という全くもって科学的ではない理由なんだけど、思うに私がどれだけがんばってもフミさんに敵わないのは、その全く科学的ではない部分。
いつも空きだらけで、脱力系のフミさんにスイッチが入って危険信号を発した時は本当にヤバい時。その信号はまるで神のお告げでもあったかの様に突然舞い降りる。野生動物的な予感とでも言うのか、17年間社会人だった私と、22年間世界を歩き続けているフミさんとの決定的な違いだ。

フミさんにスイッチが入った。2人とも今回はかなり慎重に準備をして、山間部に入るつもりだ。

プレゼントしてくれた袋に食料や石鹸を入れて、木に吊るす。今までよりもっと高く吊るす必要がある。
食事もテントの風下の離れた場所で。などなど、もっと神経を使う必要有りだ。

a0115762_09061222.png





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 世界一周
またクリックしてもらえると嬉しいなあ。


一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行Trek7 夫婦北米大陸徒歩横断編






by ayumiaruki | 2017-06-18 11:36 | 旅日記 | Comments(6)
Commented by sirouto at 2017-06-18 14:20 x
拳銃でも買うかと思ったが、重いね。
Commented by ayumiaruki at 2017-06-19 02:24
sirouto さん
買わないけど、射撃場の近くを通った時は凄い音だった。
Commented by だいさく at 2017-06-19 06:40 x
パウチのパックでfreeなの、いいなあ、、信州は輸入食材を売ってる店が少ない、、往復100キロ走ってMAILLEの白ワインビネガーを買いに行くのです、、テントから50m、、もすごいけど、地面から4mって、、なんか二人とも痩せてきたような気が、、
Commented by ayumiaruki at 2017-06-20 08:35
だいさくさん
往復100㎞でワインビネガー、でも美味い蕎麦がある!蕎麦食べたい。日本の熊対策とこっちのでは違うみたい。4m無理って思うけど木も高いから出来るのかな?カラビナをうまいこと使ってやってみる。
Commented by tenen at 2017-06-25 07:46 x
チューブの補助具ついてるけど ゴム製だわぁw

今わかった 前コメ 解決w
Commented by ayumiaruki at 2017-06-26 08:57
tennen さん
そうそう、tennen さんの方が詳しかった。最近は大会とか出てるんですか?前は一休み中だったような。


<< 山間部を超え、ホープへ      今、やれることやろう! >>