ただ歩いてゆく旅

ayumiaruki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 06月 30日

ジーニアスな人


【カナダを歩いた距離】            451km
【これまで歩いた総距離数】 6,258km


On the Trek across Canada on foot Stage2

Vancouver 👣👣Kelowna

【Distance in Canada】 451㎞
【Total distance 】 6,258㎞

【Day 40〜46】
【We are in 】
Hope Telte-Yat Campsite BC Canada




Day 40〜46
ホープのキャンプ場でくつろいでいる。
昼になると海からの風が、細い谷間を通り強風となって川を抜け、キャンプ場を襲ってくる。
そして夕方になると、嘘みたいに風はピタリと止む。
毎日、毎日、風は必ずやってくる。ヤツが来たらもう誰にも何の手出しもできない。
それさえ知っていれば、上手くやってゆける快適なキャンプ場だ。

a0115762_11530209.jpg





小さな町だけど、近くにスーパー、酒屋、100円ショップ、ドラックストア、アウトドアショップまである素晴らしい場所だ。

a0115762_12121911.jpg





毎日、野菜と果物を食べるのが楽しみ。

a0115762_16405713.jpg





マクドナルド会議。これからのルートについて検討中。どの道、前回以上日数のかかる無補給ルートしかないという結論。マジですか!

a0115762_08083985.jpg





キャビンに招待してもらい、スイカをご馳走になったり。

a0115762_12104293.jpg




自転車でトランスカナダを横断している2人。
「シアトルを出発して2日目なのよ」
「ヘェ〜、、、、、What!!!」

a0115762_12110630.jpg




フミさんがマクドで真剣に地図を見ていたときのこと。手持ちぶたさの私は窓の外を眺めていた。一台の自転車が沢山の荷物を載せてやって来る。彼は慎重にスマホとコードだけ取り出すと、マクドに入ってキョロキョロと電源を探している。ここは電源が無い。私は手招きして彼を呼び「良かったらバッテリー使う?」と聞いてみた。

「ありがとう。バッテリーはあるから大丈夫。ひょっとして日本人?僕はポール、でも奥さんが日本人で、神戸でバーをやっているんだ」

そこからフミさんも話し始める。
「ヘェ〜なんて言うバー?僕も友人に一度だけ、神戸のバーに連れて行ってもらった事があるよ」

「!!!!!」フリーズしたままの2人。

そのバーこそがポールの店。その時にお互いフェイスブックでも友達になっていたことが分かった。

私は知らないし会ったこともないけど、沢山いるの自転車旅人の中で、なぜか彼は気にかかり、わざわざ声をかけたのも私。それから2人は会った事があるのも知らずに会話していたのだ。
日本から数百キロ離れた、カナダの小さな町で。
旅をしていると、時々ただの偶然とは思えないような出来事が起こる。

a0115762_12115231.jpg





同じキャンプ場に泊まる事がわかり、多めに夕食を作っておいて、一緒に食べた。そんな時に限ってパスタ失敗。でも野菜たっぷりでヘルシー凄く喜んでくれて良かった。
キャンプ場に着いて料理が用意してあったら嬉しい気持ちよく分かる。
一緒のテーブルに居るのは、愛すべき私達の隣人ダニエル。
この夜は焚き火を囲み、ダニエルのコーヒーを飲みながら夜まで語り合った。

a0115762_12130296.jpg





出発準備中のポール。パッキングしやすいように丁寧に服を丸めている。彼は2年かけて陸路でパタゴニア、オーストラリア、ヨーロッパと世界を回る。

a0115762_12140010.jpg





旅をしていて、何人かの忘れられない人と出会った。私達に大きな影響を与えてくれたり、第2の故郷になったり、旅のしかたを変えたりした人。愛すべき隣人のダニエルもその1人。
彼は、1人で宝石の原石を探すトレジャーハンター。世界各地に飛んで行き知らない土地で人脈を作り、リサーチして、1ヶ月山の中へと入って行く。まるでインディージョーンズみたな人。
知識が豊富で、柔軟で、愉快で、ポジティブ、そして天才。
とても頭の良い人なのはすぐに分かったけど、彼は間違いなく天才の部類に入る人。
彼のアイディアには驚かされるばかり、私達にとても興味をもってくれて、すぐに仲良くなり、今では家族のようにこのキャンプ場で過ごしている。
缶を使った、自作のアルコールストーブ。

a0115762_12124313.jpg






食、車、自然、地質学、アウトドア、あらゆることに精通しているダニエル。
私が、サモサを食べたことがないと言ったら、あんなに美味しいものはない。近くに安くて美味い店があると連れて言ってくれた。

a0115762_12144561.jpg






炭酸ジュースも久しぶり。2人してご馳走になってしまった。

a0115762_12150592.jpg





先をかじって、ソースを入れる。スパイシーで大好きな味!
どのかで見つけたら絶対また食べる。

a0115762_12152757.jpg






毎朝、私達のコーヒーも入れてくれるダニエル。カウボウイスタイルと言って、水にコーヒー豆を入れて沸騰させるだけのコーヒーを教えてくれた。これがまた美味い!

a0115762_12133212.jpg



彼のことは、またいつかゆっくり書きたい。

これからまた一週間何もない場所を歩く。前回より長い工程だからまた慎重に歩く。食料も買ったし、休んだし、これから出発だ。



a0115762_16380491.jpg








にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 世界一周
世界最長の『トランスカナダトレイル』を基本に、夫婦でカナダを横断しています。


一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら






by ayumiaruki | 2017-06-30 08:01 | 旅日記 | Comments(2)
Commented by tennen at 2017-07-04 07:51 x
サモサ!!!

おいしいカレー屋にあるある!!

( ^^) _U~~ おいしーよねぇー

今度九州に来た時 イコォーよ。

思った以上に出会いが多いことにビックリ""

国柄なのかなぁー??

過酷なトレイルの後の 欲ってすごいだろうなぁーw

ちなみに 俺やったら 刺身たべたぃw
Commented by ayumiaruki at 2017-07-10 06:18
tennen さん
サモサ知らなかった、あんな美味しい食べ物を知らなかったなんて。トレイルばかり歩くから、出会いは期待していなかったのに、刺激を受けてる。あとは英語がなあ、、、。


<< ホープ〜プリンストン 前半の...      水が何より大事 >>