ただ歩いてゆく旅

ayumiaruki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 07月 19日

いくらカナダでも、熊がハイウェイを横切る?


【カナダを歩いた距離】            723km
【これまで歩いた総距離数】 6,258km


On the Trek across Canada on foot Stage2

Vancouver 👣👣Kelowna Nelson

【Distance in Canada】 723㎞
【Total distance 】 6,258㎞


【We are in 】

Osoyoos BC.Canada

【We are staying to Osoyoos 】

【Day 59〜62】
Heather's house Princeton→(15㎞)→near wolf lake Rout 3→(24㎞)→Hedlry →(14㎞)→Similkameen River →(16㎞)→Keremeos→(28㎞)→near Frank Lake Rout3→(20㎞)→Osoyoos




Day 59
ヘザーのアパートを出発。山火事の為、ルートをトランスカナダトレイルからハイウェイ3号線に変更して、しばらくアメリカとの国境付近を、通ることにした。
ここ数日、3号線が通っている谷に煙が留まったままで煙いけど、喉が痛いほどではない。

a0115762_04401184.jpg






途中のキャンプ場には、避難用のテントが用意されていた。

a0115762_04484530.jpg






疲れているはずなのに、ザックも下ろさず。フミさんは相変わらずサスカチューン摘みに熱心だなぁ。

a0115762_04530863.jpg






休憩のたび、近くにサスカチューンの木があるもんだから、すぐにコップ一杯に採ってくれて、ちょうど良いおやつだ。

a0115762_04551614.jpg






それにしても暑い。30度を越す気温とハイウェイ沿いだから影も無い、車に気をつけるのが疲れる。けど熊の心配をしなくて良いのは気が楽だ。
町を通ってから川が急に濁ってしまって、あんなにキレイだった川がドブ臭くなってしまった。
スタートして初日は荷物が重いからか、左右の豆が痛くなってきた。豆の上に豆が出来てトサカみたいになってる。

a0115762_04572766.jpg






夕食は、パン、大量のパセリ、パクチー、チーズ。彩りは良い。

a0115762_05001714.jpg




Day 60
翌日もさらに暑い。
ハイウェイ沿いでもこんなに綺麗な花が咲いてる。

a0115762_05052527.jpg







暑さでバテた〜。今日順調に歩けば小さな集落に着くはずだけどなかなか着かない、遠いなぁ。やっと見つけた橋の下の日陰は涼しくて、まだ少しドブ臭いけど川の冷たい水で腕や首を冷やすと生き返る。
ここはアライグマの寝床だったようで、巣穴から顔を出してずっと私達の様子を見ていた。大丈夫、この場所は荒らさないから少し休ませてくれ〜。
午後からの休憩は眠気との戦いだ。これは戦いに負けた人の図。

a0115762_05063712.jpg






たくさん休憩したのに、頭がガンガン。日が長いからか午後4時〜6時が一日で1番暑い。だから最後の歩きが1番しんどくて暑くなる。最後の歩きで軽い熱中症になったようで、急遽宿に泊まることにした。

a0115762_05075327.jpg






古くて狭いゲストルーム、期待していなかったのに清潔なキッチンとWi-Fiがあってとても良かった。宿のおばちゃんも大雑把たけど、実は親切。他のゲストともちょうど良い距離感で話したりして、快適な宿だった。この快適さは、あくまで私達基準。場所や値段だけじゃ決められない。
夜もまだ調子が悪くてもう一泊することにした。余分な出費になってしまったけど、ゆっくりできて良かった。

a0115762_05094222.jpg





Day 62
フミさんが20年前に南米を旅していた時に出会った順くんが、ちょうどカナダのこの近くに仕事しに来ていて、車で会いに来てくれた。
明日は町に着く予定だから、またそこで会う約束をして別れる。順くんが明日の夕食にカレーを作ってくれるようだ!やったーカレー!最近食べもの贅沢だなあ。ははは

a0115762_05115395.jpg






フミさんがハイウェイ横に道を見つけたけど、段々と草だらけの道になって、私有地に入り込んでしまい鉄線を超えたり、足がトゲトゲの枯れ草だらけで痛くなったりで、暑さとともに私は少々不機嫌になる。

a0115762_05140366.jpg






暑いのに日陰が無いーーー。ハイウェイ沿いは私有地になっていて、ずっと柵がらあるから厄介だ。やっと見つけた日陰で昼ごはん。

a0115762_05253296.jpg





昨日の残りの牛乳、シリアル、ヘザーと作ったドライフルーツ、フミさんが摘んだサスカチューン。そして、ゆで卵とパン。昼に牛乳が飲めるのは町を出て一日目だけのご褒美。
こんな場所は、なるべく火を使わないようにして、火事には最大の注意をしないと。

a0115762_05273953.jpg






この日もなかなかテント場が見つからず、最後になって川の近くで風通しの良い場所発見。良かった〜〜
飲み水はフミさんが遠くまでもらいに行ってくれた。乾燥した気候になってから、飲み水の確保が危うくなって来た。
暑くて暑くて、テント張ったら速攻で川に浸かる。ジュワーと音がするくらい体の芯まで暑かったから、しばらく川に浸かっていた。
川から上がって体を拭いてたらもう、髪が乾いてる!どんだけ乾燥してるんだ。
柵があるから熊に神経質にならなくて良いのが助かる。でも食事はテントから離れた場所、食料を吊るす、ベアスプレーを近くに。これは欠かさない。

a0115762_05394095.jpg





Day 63
また川沿いのハイウェイを歩く。バンクーバーからずっと川沿いを歩いているなあ。

a0115762_05313581.jpg





と、ぼんやり歩いていたらハイウェイに見覚えのある姿。その距離100m以内。く、く、く、熊!?ちょうどハイウェイを横切って山に戻るところだったようだ。私達に気付いて、ガレ場の斜面を登りながらも、たびたび振り返ってこちらを見ていた。
そうか、熊はハイウェイも横切るんだな。
その後ろ姿は、いかにも山親爺。ゆっくりな動きに見えるのに、急な斜面をあっという間に登っていった。

a0115762_05281158.jpg



それにしても、よく出会う。カナダで偶然出会った日本人の方がよっぽど少ないかも?カナダを歩いた他の人にも聞いて見たい。こんなにも熊に出会うものなのか。

熊の足跡を撮影しているフミさん。
人間が勝手に柵や道路を作ったけど、こうして山から川に降りて食料や水を確保するのは熊にとっては当たり前のことだ。
警戒はしているけど、熊に対する心のもちようは変わってきたかな。

a0115762_05295667.jpg





ケレメオスの町に到着して、順くんと一緒に仕事をしている友達と合流。こんな道路の路肩で炎天下、3時間くらい煮込んでインド仕込みの美味しいカレーを作ってくれた順くん。美味しかったなあ。そして男3人、何だか楽しそうだった。
この辺りの町は今、果物の収穫時。カナダはもちろん世界中から若者が仕事をしに集まっているみたい。
公園や店には、世界3周くらいしたのって感じの恐ろしく年期の入ったバックパッカーや、ヒッピー風の若者や、丸刈りにタトゥーで、ノーブラのフランス女性とか、とにかく個性的な人達がたくさん集まって輪になってギターを弾いたり歌ったりしてた。

a0115762_05412797.jpg




Day 64
昨夜は強風で、テントが破れるんじゃ無いかと気が気じゃなかった。超軽量なのに丈夫なテントだ。
出発して1時間、公園で水を汲んでいたら「家に寄ってリンゴジュースでも」と声をかけてくれたのはランス。裸足のランスと犬のベアと、近くの家まで一緒に歩く。

a0115762_05434915.jpg





パートナーのユウコさんは日本人。私達から元気をもらったと言ってくれたけど、私達こそ美味しいりんごジュースと、庭でのひと時で元気をもらった。

a0115762_05454085.jpg





今日も暑いなあ、水の消費が激しい後半の疲れが出る時間。地図では川が流れているはずなのに1つも見当たらないし、テントを張れそうな場所もなかなか見つからない。その代わりアンズの木を発見。アンズはまだちょっと早いけど、水分補給になるし、暑い日は果物が美味しい。
台湾でも暑い日にたくさん果物をもらって、随分元気になった。

a0115762_07435870.jpg





たまたま土地の持ち主が居て、テントの許可をもらったのは、こんな素晴らしい場所。左奥に見えるが我らのテント。この下には湖もあって、泳げるよ〜と言われたけど、誰もいない湖で泳ぐのってちょっと怖い。

a0115762_07454012.jpg





夕食は火に充分気をつける。疲れているときはなおさら。山火事の40%はタバコの火や、焚き火の消し残りなど、人的原因と言われているそうだ。今日も暑さと最後テント場見つからないのがキツかった。

a0115762_07474914.jpg




Day 65
翌朝、大型動物の鼻息で飛び起きた。これは!?
蹄の音、、、、馬かぁ〜〜あーもうすっかり目覚めたわ。
前にテント近くまで来ていた熊の鼻息とそっくりだったなあ。はぁ〜〜ホントに勘弁して〜。

a0115762_07500001.jpg





最初はこっちの様子を伺っていた馬だったけど、フミさんがかなり気に入った様子。ガンガン攻めてるな〜愛されてるフミさん、でもザックが馬の鼻水だらけだよ〜。

a0115762_07521379.jpg





さすが馬と旅していたフミさん、すぐに心を通わせたようだ。私の入る隙なし。

a0115762_07534816.jpg





この後、ハイスピードで歩いて、今はオソイヨーズという町に到着。プリンストンと、私達が行くはずだったケローナの山火事は、依然コントロール不能でオソイヨーズの町まで煙が流れ毎日煙ったままだ。山をいくつも超えた隣の町まで、ずっと煙ったままだなんて山火事の規模も被害の大きさもとんでもないことだ。

私達がカナダに来てから2ヶ月半、歩いた距離は723㎞になった。まだ山火事は落ち着いていないから、しばらくハイウェイを通って東へ進む予定。暑いうちにカナディアンロッキーの麓くらいまでは行きたいところだ。

まだまだ歩くぞ〜!







にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 世界一周
世界最長の『トランスカナダトレイル』を基本に、夫婦でカナダを横断しています。
ポチっとしてくれたら、ブログランキングも、とどーんと上がってやる気が出るはず!


一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら






by ayumiaruki | 2017-07-19 04:54 | 旅日記 | Comments(6)
Commented by まる at 2017-07-19 21:29 x
「50歳過ぎて身体大丈夫なのかなぁ?」と「凄いなぁ!」という気持ちです。ただ日本で働いているサラリーマンと比べると 数倍も活き活きとしているお二人はとても素敵に見えます。幸せそうです。
Commented by ayumiaruki at 2017-07-21 04:51
まるさん
身体は、まだまだ強くなってますよ。でも札幌の便利な生活に戻るとまた弱ってくるんです。人間の身体は状況に適応ようにできているんですね。ちなみに私はまだ?46歳ですよ〜。フミさんは51歳だけど。
Commented by mishima at 2017-07-24 14:08 x
あゆみさんこんにちは。

着々と進んでますねー
こちらは猛暑絶好調ですよー
汗垂らしまくりながら歩いてます笑
Commented by mishima at 2017-07-24 14:08 x
あゆみさんこんにちは。

着々と進んでますねー
こちらは猛暑絶好調ですよー
汗垂らしまくりながら歩いてます笑
Commented by ayumiaruki at 2017-07-29 08:29
mishima さん
こちらも猛暑絶好調で、私はめっきり暑さに弱くなってる。湿度が低いのになあ。北海道は歩かないんですか?あ、その件でFacebookのメッセージ入れてます。1ヶ月くらい前かな?(笑)
Commented at 2017-07-31 23:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< フミさんがついに始めたカナダ旅...      山火事と、ヘザーのご馳走 >>