ただ歩いてゆく旅

ayumiaruki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 05月 09日

ブライスキャニオン諦める?

【これまで歩いた総距離数】 6,258km
【現在地】 アメリカ ワシントン州
【旅の行程】アメリカ ユタ州 フラッグスタッフ→セントジョーンズ→セダーシティー





フラッグスタッフから夜行のグレイハウンドバスで9時間。さすがにグレイハウンドも慣れたものだ。
途中のラスベガスでバスの乗換え、街を少しだけ歩いてみた。早朝のベガスは、あまりにも静かでコーヒーの香りまでした。夜になったら豹変するんだろうな。

a0115762_14325335.jpg







次はシャトルバスに乗って目的地セダーシティーに着いた。シャトルの待ち時間は6時間あったけど、待合室は洗練された内装で、大きな窓からユタ州の乾いた景色が良く見える。焼き立てクッキー、コーヒー、ホットチョコレートドリンク、カフェラテ、オレンジに、りんごまでが無料で置いてあって、ネットも使えるから、ちょっとしたカフェよりずっと気が利いている。

この町は赤土の山に囲まれた、のどかな町。すぐ近くに大学があって町の感じが良さそう。

a0115762_14332407.jpg






町には夕方に着くからネットで宿を予約していた。宿は安くても5,000円前後、なるべくテント泊したいけど安全優先だ。知らない町で夕方以降は行動しないようにしている。

a0115762_14335298.jpg







ここは安いのに、部屋が広くて朝食も付いてる。アメリカの宿は朝食付きが多いのかな?

a0115762_02221554.jpg







コーヒー、オレンジジュース、一度食べてみたかったカラフルなコーンフレーク、オートミール、ゆで卵、マフィン、そしてここは自分でワッフルを焼く。でも時間ギリギリでワッフル焼くのに必死、写真なし。

a0115762_14341269.jpg







どこの宿も、マフィンが意外に美味しい。あとヨーグルト、トーストなんかも朝食によくある。
宿でブライスキャニオンに行く手段を聞いてみたけど、まず車がない事に驚かれた。インド人のオーナーは、だったらタクシーかなぁと首を傾げる。125㎞もタクシーに乗ったら大変だ。
時間なくて、、、食べカスのワッフル、ゆで卵のからで、すみません。

a0115762_14342847.jpg






次に向かったのはホームセンター、それからビジターセンター。びじたセンターの女性はすごく親身になって、車と電話のない私達の為に、近いキャンプ場や、レンタカー会社に電話して、電話なしでもウーバーを呼べないかネットで調べてくれたりと、色々な手段を考えてくれた。
でも歩いて行けるキャンプ場は無いし、交通手段はレンタカーしかなさそうだ。
レンタカー会社まで歩いて行って予約だけした。1週間で400ドル(44,000円)。国際免許証も取ってきたけど、4万円とガソリン代、キャンプ代も高くなることを考えると直ぐに決断できない。アメリカのハイウェイを運転するのも怖い。ここで事故を起こしたらカナダの旅が、、、。町のメインストリート。

a0115762_03325446.jpg







そんなこんなでもう昼過ぎだ。スーパーで昼食にしよう。
今日の寝場所も確保していないし、ブライスキャニオンへ行けるかも、怪しくなってきた。う〜んどうしたことか。

そんな時、店の人が気軽に声を掛けてくれたり、惣菜屋さんの人も忙しそうなのにサービスしてくれたり、年配のお客さんからは、何か分からないことがあったら私に聞きなさいと声を掛けてくれたり、優しさがしみる〜〜〜。何でこんなに気軽に声を掛けてくれて優しいの?

a0115762_14345397.jpg





サンドイッチ、何度作って食べたことか。
ビーフをサンドイッチ用にカットしてくれて、ケチャップとマヨネーズもサービス、でしょ?って顔でウィンク。ホントそういうところ大好き。カットサラダが売っているのも助かる。

a0115762_14352040.jpg






まずい!(サンドは美味い)もう夕方になる。「無料キャンプサイト」のアプリでは、7㎞先のサイクリングロードの近くにあるけど、飲み水、トイレはない。この荷物で歩いて1時間半か、、、。スーパーで食料を買って、水を汲んで、洗顔も済ませて出発だ。
遠い宿からビジターセンター、レンタカー会社、スーパーと、町中を歩き回って疲れたなぁ〜こんな時はもう一泊宿に泊まりたいなぁ、、、という気持ちを我慢して歩く。

a0115762_03322701.jpg






しかーしマップ上で指している場所に、それらしい場所は無い!もうすぐ暗くなり始める。ふみさんがダッシュして、ずつと先まで見てきたけどやっぱり無い!
こんな町外れまで来たら、もう野宿しか無いな。
右手の林で、ちょっと不安なアメリカ初野宿。

a0115762_02224178.jpg








もう郊外を通り越して、山の中だから人が来ることはない。そういう意味では安心だけど、野生動物には注意しないと。

a0115762_03332219.jpg








シカの通り道に近かったから食料は遠くの木に吊るした。風の強い日だったけど、うっそうとした木が風を遮ってくれた。
こんな場所の野宿は、景色より人に見えないこと、雨風を避ける事が優先。

a0115762_03334361.jpg






早くブライスキャニオンに行きたいけど、44,000円は痛いなあ。ホテルから出ているシャトルもかなり高い。どうしたものか。
翌日はテント張りっぱなしで町まで歩いて行って、ビジターセンターに行ったり、スーパーのネットでレンタカーをキャンセルしたり、またレンタカー会社に行って、やっぱり契約しようとしたら、もう車がなかったり、あっという間に夕方、、、。
またスーパーに戻って、いつもの場所で長居する。
もうすっかり顔なじみになってしまった。今日も野宿だなぁ。
飲み水を背負って、この道も何度往復したことか。

a0115762_03233727.jpg







テントに戻って、ふみさんと考える。他の町へ行くか、レンタカーもう一度予約するか、ブライスキャニオン諦めるか。
とにかく明日はここを出よう。
夜は雨になった。はぁ、、、このテントでの雨は初めてで、野宿だし、川も近いし不安になってくる。でもテントはちゃんと持ちこたえた。偉いぞビックアグネス(テントのメーカー)こうやって苦労を共にして旅道具に愛着が湧いてくるのだ。


翌朝は晴れた。テントを撤収していつものスーパーへ。

a0115762_04030747.jpg







そこで出会ったご夫妻、デニスとバーバラ。家はブライスキャニオン手前の村だ。これから家に帰るから乗っても良いわよと。何と何と何とーーー!!

デニスは元、ブライスキャニオンのシャトルバス運転手で、パスがあるし、せっかくだからとブライスキャニオンのキャンプサイトまで乗せてくれた。往復1時間以上も余計な運転になるのに、、、。

a0115762_14363100.jpg







車の中で、夫婦が高校時代の同級生で早くに結婚したことや、お互いの家族の話をした。ブライスキャニオンに行く途中だからと、家も見せてくれて、近所に住んでいるデニスのおばあちゃん、おじいちゃんに手を振ったり。

夫妻の家からの風景は今でも目に焼きついている。
この日の全てが忘れられない思い出だ。

a0115762_03340491.jpg






さっきまで見ず知らずの人と、こんなに仲良くなって、半ば諦めかけたブライスキャニオンに居ることが信じられない。
しかも家がキャニオンに近くて、元キャニオンのバス運転手、、、。

ご夫妻を見送って、しばらくの間ブライスキャニオンに居る幸運と、2人の親切に感謝していた。







テントを張って夕食。興奮状態で気づかなかったけど、ブライスキャニオンがかなり寒い。寒い時はラーメン。

a0115762_02211576.jpg






キャンプサイトの裏はもう絶景。
夕方に行ったら誰も居なくて2人で景色を独占した。

a0115762_02214736.jpg







安堵と絶景と、まだブライスキャニオンに居ることが信じられない。

a0115762_03342211.jpg







夜にテントを開けたら、空一面の星空。寒い夜だったけど、テントをから顔だけ出して寝袋に包まったまま2人顔をくっ付けて星を見ていた。
ブライスキャニオンに居るのがまだ信じられない。朝起きたらシェダーシティーなのかも?

本当に幸せだなぁ、と何度も言い合って眠った。

a0115762_03351709.jpg






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 世界一周
またクリックしてもらえると嬉しいなあ。
一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行Trek7 夫婦北米大陸徒歩横断編






by ayumiaruki | 2017-05-09 02:53 | 旅日記 | Comments(3)
Commented by tennen at 2017-05-09 07:10 x
よかったぁ""!! の一言。 ( 意外と心配する)

しかし。  人は人を見ていてるものだぁ。
Commented by tennen at 2017-05-11 07:18 x
ブログが途絶えると心配・・・。

旅は やはり旅。
Commented by ayumiaruki at 2017-05-11 12:08
tennenさん
元気です!母にもブログが途絶えると心配と言われます。海外パソコンなしで、移動しながらのブログは大変だー。カナダのトレッキングが始まったら、1ヶ月に一度更新になるなぁ。


<< 気に入った!ブライスキャニオン      お気に入りの町フラッグスタッフ >>