ただ歩いてゆく旅

ayumiaruki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 05月 18日

アメリカ最後はシアトル

【これまで歩いた総距離数】 6,258km

【現在地】 カナダ ブリティッシュコロンビア州 ビクトリア

【旅の行程】アメリカ ユタ州 エスカランテ→セントジョージ→ソルトレイクシティ→ワシントン州 バンクーバー→シアトル





成り行きで来たエスカランテ、とても良かったんだけど、私達の行きたいソルトレイクシティからはさらに離れてしまった。

ここからは、一旦ブライスキャニオンに戻って、さらに野宿したシェダーシティに戻って、そこからセントジョージと長い旅になるのだけど、私達の後に同じトレイルを歩いていた、兄弟がロサンゼルスまで帰る途中だからと、車に乗せてくれることになった。
なんと、なんと私達は、本当にラッキーだ。
キースと、レイターはお母さんが京都出身、ご両親は離婚してしまったそうだが、弟のレイターだけ「ワタシのオカサン、ニホンジンデス」くらいの日本語を話せる。2人とも見た感じはハーフに全く見えないし、話していてもアメリカ人だ。

彼らはトレイルを歩く前に、私達の書いた『Japan 』の文字を見て『へぇ日本人が歩いてる』と名前を覚えていてくれたようだ。
私の甥っ子、姪っ子も母親がオーストラリア人で日本語が話せない。でも日本人に会ったとき、やっぱり『へぇ』くらいは思ってくれてるのかな。

車は130キロのスピードで5時間くらい、ほとんどノンストップで走り続けた。
わざわざバスターミナルを探して降ろしてくれて、信じられないことに、その日の夜行バスに乗ることが出来た。
キース、レイター、ありがとう。
彼らはさらに走り続けてロサンゼルスまで長いドライブだ。

セントジョージでは、慌ててバスのチケットを取ったわ良いかが、チケットをプリントアウトする時間がなくてシャトルバスの受付女性に相談。全くもってお客でもなく、別のバス会社を利用する私達に事務所のプリンターを貸してくれて、あたふたしていたら、プリントまでしてくれた。

バスを待つ間、マクドナルドにいたら、白人男性が数人深妙な顔つきで話し込んでいた。2人はトランプの帽子を被っていて、マジかっ!!いや、ここはアメリカのユタ州だったと改めて思う。
私達が出会った人は、トランプの話になると本当に恥ずかしいことだとよく話していたっけ。





ユタ州のソルトレイクシティは、モルモン教の発祥地にして聖地。
冬季オリンピックもあっただけあって、街は整然としている印象。どのか札幌に似た雰囲気がある。

a0115762_04003501.jpg





散歩をしていて、たまたま見つけた図書館が素晴らしくて、その屋上からの景色。遠くに見える雪山が綺麗だ。

a0115762_04015339.jpg






街を歩いていて、気になる文字が何度か目に入る『タコチューズデー』今日は火曜日でタコスが1個2ドルのようだ。
カナダに行ったら、大好きなタコスが食べられなくなるかも?今日は奮発して外食だーーー!
外食のタコスって、結構シンプルなんだなぁ、、、でも美味しい。

a0115762_04042899.jpg





と、食べていたら私達のすぐ後ろで、同じタコスに山盛りトッピングしてるじゃないか!
なーーーんと、これはベースであとは好きに野菜を入れるのか!
バージョンアップどころか、全く別のタコスに生まれ変わった。

a0115762_04392539.jpg






美味しいーーー!思えばアメリカで、2人での外食は空港の『ハンバーガー』と、フラッグスタッフの『カチーナ』くらい。あとマクドナルド。
宿でも、スケボー持った若い担当者が、早朝着いた私達の為にチェックイン時間前に部屋に入れてくれて、今なら朝食サービスまだ間に合うよと、急いで案内してくれた。日本じゃありえない。

a0115762_04580067.jpg






ソルトレイクシティからは、またグレイハウンドのバスで、ワシントン州のバンクーバーという街へ。初めてアメリカへ来た日にダラスで泊めてもらったトモさんが、仕事でバンクーバーに居て、また数日泊めてもらうことになったのだ。

a0115762_05010143.jpg






トモさんは、この町に引っ越したばかりで、まだ家具も何もないのに私達の為にブランケットや、食器を用意してくれて居てありがたかった。
トモさんと買い出しに行って、トモさんリクエストの和食を作ったり、ビールをご馳走になったり、ツマミを作ったり、共同生活みたいで楽しかった。

a0115762_05014547.jpg





この間まで乾燥しきっていたのが嘘みたいな苔の中のトレイルを一緒に歩いたり。

a0115762_05055505.jpg






カナダの前にオシャレな街にも行くから、そろそろ散髪もしなくては。

a0115762_05074858.jpg





トモさんに連れて行ってもらった、アジア系の女性の店。トモさんも丁度切る頃だからと3人で出掛けた。
海外で髪を切るのはドキドキだ。あら?ふみさんヤバくない?

a0115762_05082408.jpg





結果、まあ短くなったから良しとしよう。

a0115762_05094151.jpg





そして、しなくてはならない事も色々。写真データの整理、破れたり壊れたものの修復、靴や防水袋の洗濯などなど、させてもらってとても助かった。トモさんはカリフォルニアに新しい仕事が見つかって、すぐにでも行きたいところなのに、私達が来るのを待っていてくれたのだ。

a0115762_05103079.jpg





それからカナダには直接行かず、シアトルに寄ることにした。ふみさんが行きたいと、強く主張したシアトル。都会に寄って行きたいなんて珍しい。

a0115762_05181062.jpg





街をブラブラするだけでも楽しい。カフェが目的で来たのに、自前のインスタントコーヒーミルクとサンドイッチを食べる2人。

a0115762_05214067.jpg





夜行バス明けだけど街を歩いてみよう。近代的な図書館。

a0115762_05232210.jpg







中も気持ちがいい。

a0115762_05244339.jpg






それ程危険な雰囲気はないけど、ホームレスの多い地区もある。

a0115762_05270825.jpg






夜行バスとその翌日の二日間は、自前のサンドイッチで持ちこたえたから、贅沢にカフェ巡りだ。

a0115762_05443548.jpg







犬も歩けばカフェにぶつかるシアトル。あり過ぎて選べないから、事前にネットで調べた。『Espresso Vivace』気取らない雰囲気でさりげなく使い込まれたインテリアが素敵。私の一押し。ここで本物エスプレッソを飲んでみた。淹れたてをその場ですぐにクイッと飲むそうだ。でもカプチーノが美味しかった。


a0115762_05282743.jpg






シアトルの人はとっても洗練された雰囲気の人が多かった。

a0115762_05403726.jpg






『Cafe vita』若い人向けな感じ。ラテを飲んでみた。さっきの店もだけど濃厚で美味しい。


a0115762_05481805.jpg





マーケットにも行ってみた。観光地だけどここはおすすめ。


a0115762_06041704.jpg






かなり賑わってるし、リーズナブルなレストランも多いみたい。

a0115762_06080212.jpg






シアトルにスターバックスの一号店があるのは知っていたけど、偶然現れて意表を突かれた。こんな小さななんてことない店が、今や世界中にあるんだから凄いよなあ。
店内混み混みですぐに退散。

a0115762_06132579.jpg






街中歩いたし、夜はアメリカらしくピザ!ここも行く前にネットで検索。アメリカの都会は物価が高いから怖くて入れない。ピザ、サラダそれぞれ8ドルをシェアして充分お腹いっぱい。


a0115762_06214770.jpg





シアトル最後の夜に、トモさんから連絡が来た。「明日シアトルに行きます」ええ?!どう言うことだ?
トモさんはシアトルのレストランからも仕事のオファーがあって、オーナーに会いに来ることになったんだそう。カルフォルニアも決まってるけど、条件次第ではシアトルに住んでもいいかなと。奥さんのジーナさんもこっちの方が良いだろうし。
このフットワークの軽さ、こだわらなさ、トモさんと数日一緒に過ごして自分に無いもの、学びたいことを色々と感じた。
私達の宿に会いに来てくれて、アメリカらしいランチをご馳走してくれた。
パンケーキ、ソーセージ、ハッシュドポテト、卵はサニーサイドアップ、そしてコーヒー。
パンケーキ美味しい!!

a0115762_06470545.jpg





最初は、レンタカーを借りてアメリカを周るつもりだったけど、トレッキングにして大正解だった。(お兄ちゃんあどありがとう!」結局全部陸路でアメリカを斜めに横断したかたちになった。
とてつもなく広いアメリカ。合理的で、フレンドリーで、柔軟な対応。何でも大量にあって、何でも選べる。
店でクシャミをしたら、どこからか「ブレスユー」(お大事に)と声がかかる。実に楽しかった!

a0115762_06480177.jpg






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 世界一周
またクリックしてもらえると嬉しいなあ。


一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行Trek7 夫婦北米大陸徒歩横断編



by ayumiaruki | 2017-05-18 09:35 | 旅日記 | Comments(4)
Commented by at 2017-05-19 00:21 x
妹よ。ここでもう一つ大切なアドバイスを。
防水袋を洗うのはやめなさい。防水袋じゃなくなるよ!
フミさんのもみあげ、ステキ~!
モエちゃんからのメッセージ:布団と誰も使わなそうな食器は捨ててないから安心して。
カナダもトレイル中心で歩き旅ねー。軽量化してよかったねー!
Commented by tennen at 2017-05-19 08:00 x
床屋ww ギャグでしょw
Commented by ayumiaruki at 2017-05-19 08:49
お兄ちゃんへ
防水袋は、優しく優しく押し洗いしたよ。枕にもしてるから凄く汚い。フミさんの髪は寝ぐせがつくとカッコよくなる。私達が民泊始めたら、家族割引料金で泊めてあげるからね〜。
Commented by ayumiaruki at 2017-05-19 08:51
tennen さん
フミさんの方でしょ?


<< カナダ出発!      Escalate エスカランテ >>