ただ歩いてゆく旅

ayumiaruki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 05月 19日

カナダ出発!

【これまで歩いた総距離数】 6,265km
【カナダを歩いた距離】                 7km

【現在地】 カナダ ブリティッシュコロンビア州 バンクーバー島  ラングフォード

【旅の行程】カナダ ブリティッシュコロンビア州 バンクーバー → カナダ出発地点(3㎞)→ビクトリアウエスト(4㎞)→サーニッチアップタウン





シアトルから、グレイハウンドバスでカナダに入国。入国審査では、カナダ横断の計画書、海外保険、出国チケットを準備していたからか、すんなり入れた。

私達の計画とは『トランスカナダトレイル』をベースにカナダを横断するという、だいそれたもの。
地図は、茶色がまだ出来上がっていないルート。水色がカヤックなどを使う水上ルート。
全部が繋がれば、24,000㎞!!世界最長のトレイルになる。
と言ってもピンとこない。北海道から九州までが3,000㎞と言ったら分かりやすいかも。つまりアホみたいな距離なのだ。

ルートの通りだと、アラスカ近くまで行く事になるからそこは歩かない、にしてもビクトリアからケベックまで、10,800㎞を360日で歩くことになる。
ちなみに私の日本の旅は、5,000㎞で4年かかっている。
う〜〜ん、だいそれている。

a0115762_10490717.png





カナダ初日は、雨降る夜にバンクーバー市内に到着。予約しておいたホテルに泊まった。
翌日、街を歩く。

a0115762_14122053.jpg





向ったのは、ケンドリックという人の家。今回初めてアメリカで出会った人達に勧められていた、『カウチサーフィン』を試してみることにした。

カウチサーフィンとは、あらかじめ登録している人の家に無料で泊めてもらうシステム。
今までも知ってはいたけど、日本の旅では私達の選択肢にはなかった。

a0115762_14133989.jpg






彼は家でコンピューターの仕事をしていて、とても忙しそうなのに、仕事に集中しているときと、私達と接するときの自然な笑顔やフレンドリーだけど紳士的な対応が印象的だ。
「先週パーティしたんだけど、忙しくてキッチンそのままなんだ、汚くてゴメン」と言っていた。確かに洗いものが山積みだ。「良かったら洗い物するし、夕食作るけど一緒にどお?」と提案をしたら「うん、それは嬉しいな」という返事。YESかNOか、この辺のやり取りがとても楽で良い。
こんな素敵なベッドで泊めてもらうことになった。

a0115762_14143566.jpg





気を使うとかいうんじゃなく、お互いの時間を楽しむ感じというのかな。でも何かしたい気持ちになってしまい、ついつい掃除機とか、かけてしまう。初めての家がケンドリックで良かった。

a0115762_14190379.jpg






そして翌日もカウチサーフィンで、別の街に住むケンジの家に行くことに。
ダウンタウンで待ち合わせをして、彼の家まで一緒に歩いた。

a0115762_14214566.jpg




ケンジは、お母さんが日本人だけど、日本語は片言で今は勉強中。この日は夕方から夜の11まで日本食レストランで仕事。
そんな若い彼にアイスクリームをご馳走してもらった私達。

a0115762_14225435.jpg





良いのかぁーー?ここは250種類のフレーバーがあるアイスクリーム屋さん。海苔味、ワサビチーズ味、キムチいちごとか、何でもありで、試食出来るのが楽しい。

a0115762_14245582.jpg






彼はデザイン画のアーティストでもあって、部屋もセンスが良い。

a0115762_14280814.jpg





このポスターは、日本に行った時に買ったそうだ。家を出るときも一緒に来てくれて、まだまだ分からないカナダの事を色々教えてもらった。まだ若いのに、とても大人で落ち着いている。バンクーバーに戻ったらまた会う約束をしてお別れ。

a0115762_14423230.jpg





そして私達旅の出発地点はバンクーバーではなく、バンクーバー島のビクトリア。
フェリーで1時間半、海を渡ってビクトリアへ。

a0115762_13043533.jpg






フェリーの中でも自前サンドイッチ。

a0115762_14470312.jpg





バンクーバー島に着いたらバスで50分、ビクトリアへ向かう。
街は結構大きい、観光地だったんだ。

a0115762_14484408.jpg





バンクーバー島の地図。
ややこしいけど、アメリカのシアトル、バンクーバー、そしてバンクーバー島のビクトリアの位置関係はこんな風。

a0115762_10491707.png





ビクトリア市街から『トランスカナダトレイル』の出発地点へ向かう。
ルートマップでは繋がっているはずなのに、初っ端から行き止まりで海だった!

a0115762_14504176.jpg





出発地点にたどり着いたら、橋がまだ工事中!!大丈夫か?!トランスカナダ。
隣の橋で出発記念写真という、最初からグダグダな私達らしい出発になった。

a0115762_09473073.jpg





でもルート付近は穴場の景色。

a0115762_14550019.jpg






初日は3㎞だけ歩いて、民泊のアパートへ向かう。

a0115762_13185500.jpg





今回は『カウチサーフィン』以外に、ネットの民泊システム『Air bnb 』も利用してみた。野宿出来ないような町や住宅地は便利かも。

a0115762_15211981.jpg





値段は、場所や部屋によって違う。私達もまだ利用し始めたばかりだけど、2,000円〜3,500円代で探している。
ここは窓からの景色が最高だった。

a0115762_15222919.jpg





翌日は友人に紹介してもらった、ご両親の家に行くことになった。ルートから少し離れるけど、せっかくなので寄らせてもらう。
トレイルは、市街地でも景色の良い歩きやすい場所になっている。

a0115762_15301866.jpg






天気はずっと雨か、どんよりしているかで、まだ肌寒い。

a0115762_15422573.jpg






カヤックや、キャンプのベテラン、マイケルと数年前に大学で資格を取り、今は働くのが楽しいというジョイ。
夫妻の家では、過去に日本からのホームステイもたくさん受け入れていて、ざっくばらんな感じがとても楽しかった。

a0115762_15433878.jpg





お二人は、ビクトリアの自然をとても楽しんでいて、この日は一緒にジョイが日課にしている散歩へ行った。家のすぐ前から山の公園が続いていて、どんどん登るジョイに、ついて行くのがやっと。
好奇心旺盛でいつも笑顔のジョイ。

a0115762_00142616.jpg





フミさんのブログを見て、折り紙を教えて欲しいというリクエストがあり、昼に見本をつくるフミさん。

a0115762_00152183.jpg





仕事から帰った娘さんと一緒に、折り紙教室をしたり(私は折り紙恐怖症なので欠席)マイケルの料理をご馳走になったり、私達もキッチンであれこれ作ってあっという間の3日間だった。
マイケル夫妻とは、またコンタクトを取り合う約束をして、仕事に出かける家族を私達が見送り、家の鍵を掛けて出発。
なんだか家族のように、すっかりリラックスさせてもらった。
カナダはまだほとんど歩いてないから、始まった感じがしないなぁ。

a0115762_00225330.jpg







にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 世界一周
またクリックしてもらえると嬉しいなあ。


一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行Trek7 夫婦北米大陸徒歩横断編






by ayumiaruki | 2017-05-19 14:20 | 旅日記 | Comments(4)
Commented by tennen at 2017-05-20 08:05 x
ワクワクしてきたぞぉ!!

24,000÷(5,000÷1460)=7,007.3

確か算数ではこんな感じww
Commented by tennen at 2017-05-20 08:06 x
髪がなじんでるぅw
Commented by ayumiaruki at 2017-05-23 07:09
tennenさん
久々に野宿と歩き5日間で、足にマメが出来た。初心者かっ!そんな数字を見ると気が遠くなるわ〜
Commented by ayumiaruki at 2017-05-23 07:11
tennenさん
髪の話しひっぱるぅ〜〜。まだどこから来たの?中国?と聞かれる、、、。


<< カナダ横断4日目にして遭遇      アメリカ最後はシアトル >>