2009年 09月 18日

涸沢フェスティバル その3

【これまで歩いた総距離数】1,132km
【現在地】徳島県 阿南 フミさんの実家









山に着いて第一声、フミさんが「スカートはいてる人がいる」って言うから、それはないでしょうって良く見たら
いるいる沢山いる。近くで見たらスパッツの上にはくアウトドア用のスカートみたいだった。
そっかー最近はそういうのが流行ってるんだ。
涸フェスは若くて、しかもお洒落な人達が多かったなあ。

キャンプも私達みたいに所帯じみてなくて、なんだか雑誌の1ページに出てくるような光景だった。
ウェアー・ザック・帽子・テント・コンロ・水ボトルまでみんなピッカピカ。
キャンプサイトの辺りをうろちょろしたらいいなーいいなーあれ便利そうだなあ
あれカッコいいなあって、ついつい目移りしてしまう。
仕方ない、みんなはテントで生活してる訳じゃないもんな。
 
いや楽しいキャンプは最新グッズがなくても出来るとは思いながら、穴の開いてないザック欲しいなあ、
カビてなくて犬のおしっこがかかってないテントってやっぱりいいなー、さんま缶の煮汁がこびりついてない
コンロでお湯沸かしたいなあと思ってしまう。










涸フェス最終日も快晴。山は天気で随分雰囲気が変わるし、私も気分が晴々
涸沢ヒュッテ方面から見た、涸沢小屋
それにしてもテント綺麗だなあ・・・山に来て物欲に苛まれるとは

a0115762_8242257.jpg








こちらは涸沢ヒュッテ

a0115762_825816.jpg










登山家、田部井淳子さんも参加していた
こちらは田部井さんツアー参加のお客さんに集合かけている方

a0115762_828999.jpg










閉会式で田部井さんからの挨拶。来週はタイの最高峰に登って、来月も・・・パワフル。
涸フェス中たまに見かけたけど、いつも元気いっぱいの方だったな。
中高年の女性グループが登ってきたとき、田部井さんを発見してもうキャーって大騒ぎになってたけど
一人一人とちゃんと握手して記念撮影もして話もしてた。

a0115762_812296.jpg









閉会式後のジャンケン大会
フミさんが「俺行けないから、あゆみちゃん行ってき」って何度も念を押すし、早く早くってせかす。
協賛メーカーから最新の豪華商品がもらえる真剣な大人のジャンケン大会なのだ。
一番盛り上がってたのは、ゴアテックス社の全身ゴアテックコーディネートセットで
帽子、手袋、レインウェアー、靴カバーなどなど合計15万円相当の商品が2名に当たる。
フミさんがせかすのも無理ない。
でもタイミングの悪い私は、閉会式・関係者の挨拶などなど終わってさあジャンケンって時に
お腹がギュルルルル・・・・
俺行けないって言ってたはずなのに来てたフミさんは、「あゆみちゃーん頼むよー」
後ろ髪引かれながらも、ヒュッテのトイレに急行。
帰ってきったら「ウォーウワー」って歓声が上がって、ジャンケンするたび盛り上がってた

a0115762_8221655.jpg









朝ヨガ、開会式なんかもしてたステージは、昼寝岩って呼ばれてる岩の上
遠くから見るとよく分かるけど、こんなにデッカイ。

a0115762_823153.jpg









涸沢フェスティバルに来るまでは、いったいどんなものなのか想像出来なかったけど、山小屋なんて
泊ったのは初めてだし、小屋のスタッフの生活も垣間見れて、色々な人とも話せて貴重な体験が出来た。
映画祭・山の写真教室・和太鼓の演奏などなど催し物も沢山あって、あっという間だった。
一人旅で来てた若い女性も来年も来たいなあって話してたし、涸フェス大成功だったと思う。

次の機会があったらまた是非参加したいなあ。
谷たけしに感謝だ。











にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村クリックありがとう!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2009-09-18 09:45 | 旅日記 | Comments(6)
Commented by tes_music_system at 2009-09-19 07:16
この山小屋は冬には雪に埋まっちゃうのかな?!
それとよくこんな岩がゴロゴロしているところで寝れるもんだね?!
山男、山女は野人なんだね?!(笑い)
Commented by ayumiaruki at 2009-09-20 15:45
tes_music_systemさんへ

冬は男性スタッフの部屋が登山者の避難小屋になって、それ以外は雪で埋もれてしまうそうです。テントは私もよくこんな所で寝れるなあって思ったけど近くで見たらうまいこと石を除けてあって地面は土でならしてありましたよ。あの岩の上で寝てたら野人どころじゃあないですよ~(笑)
Commented by somashiona at 2009-09-21 11:18
アウトドアでのスカート、流行っているらしいけど、アウトドアの本場タスマニアではまだ見かけたことない。本場の人はそうい
うことを気にしないといつ説がある。

>仕方ない、みんなはテントで生活してる訳じゃないもんな。

あまりにも哀愁漂うセリフで泣けてきました。(ぷぷぷっ)
東京に行くとテントで生活している人たくさんいるよ。
望んでそうしている人ばかりじゃないけど。
それにしても、山を愛する人って沢山いるんだね。
若い顔が多くておどろいちゃうなぁ。いいことだ。
Commented by somashiona at 2009-09-21 11:27
今日のレッスン:一枚目の写真、すごくいいけど、すごく惜しい!
広角を使うこういう表現、兄はとても好き。こういう写真、あくまでも主題は中心の山小屋だけど写真の手前や端に何を入れるかがとても重要。山、山小屋、テント、人びと、というような層を成しているこの写真、最後の人びとの部分で何かグッと掴むものが欲しかった。叫び声をあげている顔のアップとか(ボケていてもgood)真っ赤な帽子に描かれた山小屋のイラストとか。要は、そういうものが偶然そこにありましたじゃなく、そういうものがあるとこの写真はいい物になると分かった上で待つことが大切。構図の8割が完成したら、最後の詰めは我慢強く待つべし。
Commented by ayumiaruki at 2009-09-21 15:39
お兄ちゃんへ

OLの時はアウトドアの流行に敏感だったのに、今は全然分からないっていうのはなんとも皮肉なもんだね。テントはね、たまのキャンプに使う分には何年たってもピッカピカなんだよね~。でも今のテント(家)の間取りは二人とも気に入ってるんだ。
Commented by ayumiaruki at 2009-09-21 15:44
お兄ちゃんへ

そうだね~そう言われたら確かにここで叫んでる人がいたら良いよね。人・テント・小屋・山は入れたくてあちこち動いたんだけど、山の頂上が切れてるでしょ、それが気になってたんだけど、人の表情と動きか~なるほど。山での写真は見た目と、写った写真とのギャップがあって、うわー凄い景色と思って写した写真は全然凄くないの・・・。次回の課題だな。


<< フミさんが手術      涸沢フェスティバル その2 >>