カテゴリ:旅日記( 49 )


2009年 07月 13日

友人を訪ねる


【現在地】愛知県 名古屋市





昨日はライダーヨシ君に駅まで見送ってもらって、名古屋市内に住む友人たっちゃんに会いに来た。

衣服類・シュラフ・エアマット・食料・一升瓶・散髪セットなどなどザックに詰め込んで
電車と地下鉄で移動。







暑い中、駅まで見送ってくれたライダーヨシ君
料理が上手で、夜は酒のつまみから朝のピザトーストまで
ちゃちゃっと手際よく作ってくれた。

a0115762_16264531.jpg













落ちてた新聞を拾って読むフミさん
私はまだちょっとそれは出来ないなあ。
旅をしてると、どうしても世の中の情報に疎くなる

a0115762_16363134.jpg














本人も認める活字中毒
この日の移動中はむさぼるように読んでいた

a0115762_16485134.jpg









a0115762_16493987.jpg













そして2年ぶりに再会した、たっちゃんとはお互い少しづつ、2年間の出来事を語り合った。
今日もこのなかなか素敵な住まいに居る。

せっかくの再会だし、話したいことはまだまだあるので数日ここに居る予定。
さてこの住まいこれがまた、たっちゃんらしい。

それはまた後ほど。










にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してみました。参加すると気になる順位。皆さんクリックありがとう!















一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2009-07-13 16:36 | 旅日記 | Comments(10)
2009年 07月 11日

犬に吠えられる

【現在地】 愛知県名古屋の知人宅で停滞中
12日目





札幌市の住宅街に住んでて、札幌市街に勤めていた私の生活だと、犬に吠えられるなんて事は
ほとんどなかったな。

近所のワンちゃんはみんなおりこうさんだし、散歩してるわんこも背筋を伸ばして
ご機嫌に歩いてる。

旅の始めは、田舎道を歩くと、しょっちゅう犬に吠えられて、若干屈辱的な気分にもなったけど
いつの間にかそれにも気付かなくなってた。

私達と同じく徒歩で日本一周をしている、小川さんと話したとき彼が、
「なんでこんなエコな旅してるのに犬に吠えられるんだ」って嘆いてたけど
その時は犬になんか吠えられないよーって答えてたぐらい。

でもその後注意してみると、けっこう吠えられてるんだなあ。
いつの間にか耳に入らないようになってたみたい。

それに放し飼いの犬もよくいて、大型犬だと一瞬たじろいでしまう。

一度、放し飼いの大きい犬にしつこく吠えられて、しばらく後をついてこられたときは
じっと目をみてそらさなかったら、犬の方が逃げていくって言うから、
しばらくじーっと見てたけどまったく効果なし。
サングラスしてたから?

今どきの日本で放し飼いで吠える犬とかいるんだなあ。
そういえば私が小学生くらいの頃はよく吠える犬もいたか。

















静岡県の海岸を歩いてて、遠くから駆け寄ってきたワンちゃん
3匹ともお利巧で、飼い主の言うことをしっかり聞く。
目線もずっと飼い主。

a0115762_3233870.jpg


















犬の置物ではありません

a0115762_3265665.jpg
















こういうワンちゃんに会うと、犬と一緒の旅もいいねえなんて話になる
楽しそうだけど、ちょっときついなあ。

a0115762_331221.jpg

















ところで・・・・

今日はお世話になったこの家を出発して、ライダーヨシくんの家へ向かって歩く。
ヨシくんは、雨の多い気候を考えて私達の荷物を車に乗せて先に家へ運ぶため
わざわざこの家に来てくれた。
ちょうど、ニコルファミリーと最後の晩餐をしていたので、一緒に飲んで泊っていくことになった。

そんな訳で、今は朝の4時。部屋にはフミさんのいびきが響きわたってる。
いつの間にこんな狭い通路で寝たんだろ?
「グゥワワワーーゴワワワーー」しかし怪獣みたいだなあ。

ヨシくんはしずかーにすやすや寝てるのに...。

a0115762_12212681.jpg















a0115762_12223654.jpg
















a0115762_12232385.jpg









にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してみました。クリックお願いね!
















一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2009-07-11 02:54 | 旅日記 | Comments(4)
2009年 07月 03日

私は誰でしょう






歩いてると、変わった人・看板・花・物・動物その他色々な物に出合う。

今日登場するのは、動物なんだけど・・・。













この口はいったい誰?

a0115762_23492848.jpg














この顔もちょっとまずいんじゃ?

a0115762_23505046.jpg















全身でもやっぱりまずいんじゃ?
あなたいったい誰?

a0115762_23515593.jpg














正解はヤギでした。

a0115762_23525610.jpg














磐田町を歩いた時、お昼は何故か園芸店の駐車場で飼われている
このヤギさんの隣で食べた。

最初はちょっとシャイな普通のヤギだったんだけど
フミさんがこのヤギの鼻をなでると、この恍惚の表情になって大笑い。

「ちょっとあなたこの顔はまずいでしょー」

フミさんと一緒に歩いた、馬のマンチータもこんな顔をしたそうだ。














一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2009-07-03 23:38 | 旅日記 | Comments(10)
2009年 06月 29日

雨の中の歩く

【これまで歩いた総距離数】890km
【現在地】 愛知県 名古屋市緑区 












今日は二人とも朝から気合充分。いつもののんびりだらだら二人とは訳がちがう。

予定時間より一時間早い5時20分に起きて出発準備。

いつもだったら、ここのテン場がどうだとか、昨日の夜雨が降ったとか、いびきがどうだったとか
口ばっかり動かして、手はさっぱりなんだけど、今日は黙々と手を動かす。

なぜなら今日は、色々な条件がかさなって、どうしてもたどり着きたい目的地があるから。



1、  ありがたいことに名古屋に泊めて頂ける家がある
2、  天気予報だと明日から数日間雨だから、その前にたどり着きたい
3、  一旦市街地に入ってしまうと、テントを張れる場所がないから無理しても今日家までたどり着きたい
4、  明日くらいから体調不調の週なのでその前に、たどり着きたい
5、  家の場所は迷いそうな市街地だから暗くなる前にたどり着きたい



これだけ理由がそろえば、いくらのんびりだらだらの二人でもはりきる。
でも目的地の家までは結構な距離があってひょっとしたら、私の一日歩き最高距離に
なりそうだから、やや緊張気味。

いつもは朝から炒め物とかするんだけど、この日は歩くこと優先で、前夜に朝食も用意しておく。

こんな緊張は久しぶりだなあ。まあこういうのも良いかも歩き旅なんだしねと気分よく出発。

丁度お昼頃に温泉に寄るルートにしてそこでささっと入浴、リフレッシュしてまた歩こうってことになった。
温泉に行ってみたら入浴料850円。

ビミョウな値段だなあ私達の考える入浴料金の相場は500円が限度。
850円も払ってささっとしかお風呂に入れないのはどう考えてももったいない。

実は昨日も温泉に入る予定が、道に迷って入れなかったんだけど、ここは即決でやめようと決めた。
フミさんはえーいいのーって嬉しい驚き。
あゆみちゃん偉いぞー段々旅人らしくなってきたと褒めてくれ、
私もなかなかやるしょーとか言って、なんてアホなカップルなんだ。




そんな訳でここでまた気合充分歩こうって事になったんだけど、もう雨がパラパラ降ってきた。
予報じゃ曇りのはずなんだけど、仕方あるまいカッパを着て歩く。

このカッパ着て雨の中を歩くのはあまり楽しいもんじゃない。
歩かなかったら問題ないけど、カッパのズボンは動きにくいし歩くと、とにかく蒸し暑い。

荷物もザックにカバーしてさらにカートにも雨よけシートとか被せてるから、ちょっと財布出すのも
すごく面倒だし、景色もあまり見なくなるし、会話もしなくなるから黙々と歩くことになる。
休憩場所も雨のあたらないところだと店の軒下くらいしかないし。
何より蒸し暑い。

雨も降ったり止んだりで、その都度カッパも着たり脱いだりそれだけで疲れてくる。
まあ今日は特別だし雨もひどくはないからと思って歩いた。



でも、だんだん市街地が近くなって、交通量の多い入組んだ狭い道を歩いてるとき
突然土砂降りになってきた。
まずいカッパズボンさっき脱いだばっかりだ。でもここじゃあ止まれない
車は私達が進むの待ってるし、きっとまた止むだろうと期待して歩く。

しかーし、こんなときに限って雨はどんどん強く降ってきて、
ショートパンツ・足・靴と段々雨に濡れてくる。
カッパのジャケットは着てたけど、フードを被らないで例の麦わら帽子だけ被ってたから
頭が濡れて、そこからたらーっと雨が首につたってきて、これが最高に気持ち悪い。
この雨がすぐに背中・腰・パンツとつたってきてあっという間にずぶ濡れ。

どんなに上等なゴアテックスのカッパを着てても、フードを被らないと結局頭から
つたった雨で全身濡れてしまうっていうのが今日の教訓だな。

ちょっと前かがみになったりすると、濡れて冷たいTシャツが体に張り付いて
ひょえーってなるし。
さすがのフミさんもこれはひょえーってなってたくらい。



やっと狭い道路も抜けたけど今さらズボンなんて履く気にならない。
オエーこの上からズボンなんて考えただけで気持ち悪。



そのまま歩いてたら、今度は歩くたびに靴がグッチョングッチョンいい始めた。
そうだよなあ体に当たった雨は結局全部靴にたどり着くんだもんなあ。
すれ違う高校生もじろーって見るし、ガソリンスタンドでトイレを借りたときも、
この靴の音で店の人が苦笑してた。
鏡を見たら私まるでドブネズミだもんなあーなさけない。



それでも今日は歩きの距離記録達成だからと、文句は言わずひたすら歩く。

ふみさんにそろそろ30キロ近いかなあって聞いたら
距離メーターが止まってるって?
なんでーなんで今日に限って止まってるのー私の記録・・・。
すっかりテンション下がる。














梅雨があるからこそ、こんなに美しい緑の田んぼになる
だから文句ばっかりも言ってられないんだけどね

a0115762_15191944.jpg















またしばらく歩いて、もうすっかり暗くなって来たからかふみさんもちょっとあせり気味。
そのせいか、歩くペースはどんどん早くなって、二人の距離はどんどん離れる。
追いつかなきゃと必死で歩いて、やっと追いついたと思ったら、更にペースが早くなって、
やけくその走り歩きで靴はグッチョン・グッチョン・グッチョン・・・・。

なんどかこれを繰り返してもう限界!ふみさん早いーーーー!って叫んだら
結構着いてくるから案外いけるんだなと思って歩いてたそうだ。
全然いけません!


またしばらく歩いて、迷いそうな市街地あたりまでやってきたから再度場所確認
もうすっかり暗いし、雨で寒い。
お願い今日だけは迷わないでーって思ったら
「あれ?この場所地図に載ってない」という声が
嘘だーそんなの嘘だーー。もう聞こえなかったことにした。
歩くのももうあと1時間が限界だーー。

でもだまってここに居るわけにもいかないから、取りあえずまた進んだ。

休憩もしないで二人とも黙々と歩いてやっと目標の建物らしきものが見えてきた!

やったーとハグし合いたいけど、そんなことしたら濡れて冷たいTシャツがまた
体にくっ付いて冷たいから、二人ハグのふりで検討をたたえ合う。


待ち合わせ場所の温泉に浸かった時は幸せだったなあ。

地図で調べたら32キロは歩いたみたいだし、満足満足。
やっぱりたまには歩かないとね。
でもこの日を振り返ると、道で会った人誰とも会話してないし、写真撮るどころか
カメラも出してないし、市街地っていうものあるけど、声も掛けられなかったっていうのは
話しかけないでオーラを出してたからかも?
でもお互い大変だった日は、大変度に比例して後で話も盛り上がる。

今日みたいな日は、方向音痴の私だったら朝までたってもたどり着けなかっただろうし、
最悪コンディションでも機嫌が悪くならないどころか、鼻歌歌ってるフミさんはやっぱり
大したもんだなあ。


もっと最悪なのはこの状態でテント張って濡れたシュラフで寝ることなんだそうだ。
だから今日の最後に温泉でその後屋根の下、布団で眠れる幸せを思うと
家を使わせてくれた、jazzzyさん家族に感謝してもしきれない。












一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2009-06-29 12:05 | 旅日記 | Comments(7)
2009年 06月 24日

梅雨に負けない

【これまで歩いた総距離数】813km
【現在地】愛知県 伊良湖岬  







暑い暑い。6月なのに歩いてるとなんでこんなに暑いんだーって文句を言うけど、
好きで歩いてるんだからしょうがない。

暑いと格好なんてどうでもよくなってきて、あんなに否定していた麦わら帽子まで
買ってしまった。
麦わら帽子自体は別に問題ないんだけど、アウトドア系の服装で通したかった私としては
いかにも旅してますーって感じの麦わら帽子は避けたかったんだけどなあ。

麦わら帽子は顔と首がしっかり影になっていんだど、汗を吸収しないからか、汗が頭の中を
たらーっと首まで垂れてくるあの感触が気になる。


それと最近は蚊に参ってる。

札幌に居たときは夏でも滅多に蚊なんて刺されなかったからか、10円玉くらいの大きさに腫れるし
なにより許せないのは、歩きの途中で、やっとの休憩なのにワーット蚊が群がってきて、
慌てて蚊取り線香を出してる間に8箇所とかいっぺんに刺されること。

それもおっきな縞蚊で、いっぺんに刺されると痒すぎてか、鳥肌がたってゾクっとしてしまう。
靴を脱いでるから足の親指とか、くるぶしとか、狙ったように刺すし、蚊取り線香の上を
悠々と飛んでるとこ見ると、なめとんのかー!!って言いたくなる。

そしてそんな場所を選らんで休憩しようと言ったのが私というのも悔しい。

ふみさんは、あまり刺されないし、刺されてもちっちゃーくプチっと赤い程度なのも
腹が立つーー。

私がいつも蚊に刺された箇所を数えて報告するから、そんなに数えるの好きなら
メモしたら?と言うのでやってみたけど段々自分がアホらしくなってしまった。
でもせっかくだから書いてみよう。これで少しは報われる。


6/20  朝テント  3箇所  
       休憩   15箇所
       テント   9箇所


6/21  朝テント  7箇所
       休憩    13箇所
       夜テント  8箇所



梅雨も今のところなんとかなってる。

雨で2日間とかテントにこもるのは、腰の悪い私にはつらいけど
近くに道の駅なんかがあると、椅子とテーブルで用意しておいた
おにぎりとか芋とか食べたり。
椅子とテーブルのない生活をして始めてわかったこの二つの
便利さありがたさ。これはまさしく文明の利器だ。
あとは日記や手紙を書いたり、トイレでゆっくり顔洗ったり歯を磨いたり。

朝9時から夕方5時まで結構あっという間に過ぎる。

でも梅雨どきは、頭が痒くなるのが早い気がするな。

















伊良湖崎のテン場は景色も良いしなかなか良い。テントも1日だったら問題なさそう。

テン場も、ここなら3日間はいけそうとか、ここは暗くなってから張って、早朝撤収だな
とか色々ある。
歩き旅の超需要ポイントはその辺の見極め。

とか一丁前に言ってみた。

a0115762_10361419.jpg


 











こんな景色に変わると、おもむろに酒を出してきて、旅にひたるふみさん。
「あゆみちゃん今日は食事の準備も止めて、優雅なときをすごそうよ」
とか言ってた。

a0115762_10413067.jpg















テントの中まで浸水していたから、ちょっと晴れたらすぐに乾かす。
梅雨は濡れて乾かす。また濡れてまた乾かす。
その繰り返しだな

a0115762_10434778.jpg





テントが浸水してエアマットも濡れてまったけど、乾けば問題なし
風で揺れるエアマットをみてるだけで嬉しい。
風よ吹け~もっと吹け~。

a0115762_10461466.jpg





テントのフライを乾かすふみさん。
早く乾け~。

a0115762_10464836.jpg











知多半島へ向かうフェリーの中。
フェリーは子供の頃から大好き。
なんだかわくわくしてくるし海を見ていても全然飽きない。

a0115762_10514148.jpg







さあ今日はどこまで歩けるかな。
何箇所刺されるかな。









一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2009-06-24 09:09 | 旅日記 | Comments(4)
2009年 06月 06日

雨の日には

【これまで歩いた総距離数】647km
【現在地】牧之原市 須々木海岸






旅をしてて、素敵な出会いとか、偶然とかもあるけど、いつもそんないい事ばかりでもないんだな。

虫嫌いで、潔癖症ぎみで、服に染みがついたり、手がベトベトしてたり、自分の住処が
整理整頓されていないと落ち着かない私には乗り越えなければならない試練が
山ほどある。

去年の旅でも経験してたはずなんだけど快適な札幌の生活ですっかり忘れちゃったみたい。










静波海岸のトイレは入った瞬間に嫌な予感。

三保の松原で巨大クモに遭遇して以来のトラウマで、公衆トイレに入ったら素早く
四隅を確認するようになってしまった。

案の定、小蠅が壁一面真っ黒に張り付いてる。
その写真も撮ったけど、あまりにもリアル過ぎてとてもブログで公開出来ない。
a0115762_141129.jpg









須々木海岸でテント設営中に突然の雨。
大急ぎで荷物を下ろしてたら、突然ふくらはぎが痛いーーー!!
見ると灰色の物体がへばりついてるではないか。
足バタバタしながらそこらじゅう走り回って物体を振り落として一呼吸。
ようやく冷静になって落ちた物体を探したら、蛾だった。

フミさんが近づいてよく見ると、右の羽がまだふにゃふにゃしてる。

「きっと孵化したてでまだ飛べないから、あゆみちゃんの足を木と勘違いして
一生懸命に登ってたんだよ」

そうなんだよなあ。
フミさんていつもそういう風に受け止めるんだよなあ。
私だったら 蛾=敵 なんだけど一生懸命と言われるとちょっと気がとがめて
まだ飛べないなら安心して写真撮影。

よーく観察して見ると、なかなか綺麗でよく出来てるなあ
「羊たちの沈黙」の犯人も惹かれるわけだ。
a0115762_1142157.jpg










私の苦手リストの一つに濡れたものをそのまま放置するっていうのがある。

濡れたハンカチをポケットにしまうのも抵抗があるのに
念願叶ってやっと洗濯出来た服も雨が降ると濡れたまま3日間
ザックに入れたままっていうのは悲しい・・・・。
せめて小物だけでもとテントで干してみたけど、テントは狭くなるし
洗濯物も乾いたような乾いてないような。
a0115762_222356.jpg









雨が降ろうが、歩かなかろうがお腹は空く。
朝ごはん用に残しておいたご飯には、なめくじーーー。
なめくじ部分だけ捨ててご飯は食べたけど、この日に限って柔らかご飯で
触感もなめくじーーー。
でもこういうのはわりと平気。

a0115762_2554030.jpg




a0115762_322224.jpg











水もトイレもない見通しのいい所にテントを張ったときに限って雨で二日間の停滞。
テント周りにサーファーの人達は沢山いるし、近くにコンビニもないから
昼は通りのレストランや釣具屋さんや、旅館でトイレを借りた。
やっぱり好きなときにトイレに行けないのは落ち着かないなあ。

やっと夜になって、まあ地図でも見るかってなめくじーーー。
さあ寝るかって枕になめくじーーー。

a0115762_23964.jpg




a0115762_2394314.jpg






3日目の昼頃やっと晴れて出発。
濡れてドロドロのシートを拭きながらもうこの場所ともおさらばだーって
思ったらサンダルが、うにゃっとした。
うにゃ?
あーーー雨でふやけた犬のうんち踏んだーーー!!
フミさんからさっき要注意されたばっかりだったのにーーー。











一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2009-06-06 00:47 | 旅日記 | Comments(4)
2009年 06月 02日

ブログに夢中

【これまで歩いた総距離数】619km
【現在地】焼津市南部の海岸



今日こそ早朝に出発しようと二人固く決心したはずなんだけど、出発したのは午後2時。
歩く気あるのか!
原因は色々あるけれど、私の歯磨き洗顔時間が半年の里帰りで元の30分に
戻ったのもまああるな。
でも一番はブログだ。
写真の転送、選択、内容を書くのも遅い上に最初から書き直しになったり。
なんか柄にもなくかっこつけて書いちゃったりしてるし。


でも写真も誰かが見てくれると思うと、もうちょっとこうしよう、こっちからも撮ってみようと
工夫するし、歩いていても、感じたことや、発見したことをこの写真と一緒に載せて
こんなこと書こうとか、私達には普通でも、これはきっと珍しいだろうと
前の旅では考えないようなことも考えるようになった。

自分達の旅を少し客観的に見れる。
これはそう悪いことではないかなあ。

あれこれ空想して歩くのも結構楽しいし。







50分歩いたら10分くらいは休憩するようにしている。
神経質な私は、休憩のたびに、靴と靴下を脱いで太陽が当たる場所に置き
少しでも乾かす。
そしたら足も爽快で、そよ風なんかが足にあたるとたまらなく気持ちいい。
フミさんは、そんな面倒なことはすぐにしなくなるよと鼻で笑っていたけど、
一度休憩に靴を脱いだら、もうすっかり靴脱ぎの虜になってしまった。
靴脱ぎをナメたらいけません。

a0115762_19444983.jpg






今朝、カートの上に袋がぽつんと置いてあったのに気付いた。
何だろうと、恐る恐る開けたら、なんと「まーくん」からの差し入れの  
ビール、安倍川もち、うなぎパイが入っていた!
休憩のたびに食べるおやつはとっても嬉しい。

「まーくん」いつ来てくれたんだろう?どうしてここが分かったんだろう?
小さなメモだけ置いて、そっと去っていくなんて、君はどれだけ奥ゆかしいんだーー。

「ヒロくん」や「まーくん」みたいに、こうやって会いに来てくれるのは本当に嬉しい。
今度は顔見せてね。ありがとう

a0115762_19505769.jpg


by ayumiaruki | 2009-06-02 20:01 | 旅日記 | Comments(7)
2009年 06月 01日

出発

【これまで歩いた総距離数】610km
【現在地】焼津市浜当目



お世話になった森田さんの家を出発。
森田さんは朝早くから漁だったのに、おにぎり握ってあげたかったからさと
行って早くに切り上げてきてくれた。

家の前で犬のきょんたも入れて3人並んで写真を撮る。
はあ、お別れだなあ。

それじゃあ気を付けて行くんだよと、しっかり目を見つめ、あったかくて大きくて頑丈な手で
握ってくれたときにはもう目がうるうるしてしまった。

今日は歩きながら、ちょっと寂しいなあとか、でも会えてよかったなあとか
またこれからテント生活の旅が始まるなあとか
そんなことを考えてた。




日本を歩いて、はや4年のフミさんも海の上を歩くのははじめて。
フミさんは数日停滞して出発した日はいつも早歩きになる。どうやら
無意識に早く進まないと、という気持ちで気がはやるようだが今さら
早歩きしてもねえ。

a0115762_1145519.jpg



大崩海岸付近。
左の崖が昔使っていた道路。トンネルが土砂で埋まったままになっていた。
a0115762_12361496.jpg





森田さんの握ってくれたお結びと、しょうごさんの差し入れカップスープでお昼ごはん
a0115762_12204867.jpg



今日のテン場はここ瀬戸川河口の公園に決定。
水場とトイレがあって、ベンチもあって職質されそうになさそうで
さらに景色も良いなかなかのテン場だ。
テント脇では朝からゲートボールで地元の人が盛り上がっていて
よく声をかけられた。
a0115762_1223407.jpg




敦子さんに差し入れしてもらった、九州ラーメンを食べていると、食堂の「アヤナイ」さんと
お友達の「まっぽん」が差し入れを持ってテントに来てくれた。
手作りの珍しいおかずとビールに大喜びのフミさんは、よければディジュリドウを
吹きましょうと提案。
お酒もいい具合にまわり絶好のロケーションで一同期待するが、ビールを飲みすぎた
ため音が全然出なく、フミさんちょっとしょんぼり。
「アヤナイ」さん「まっぽん」ありがとう

a0115762_199488.jpg




黒はんぺん、へそ(かつおの心臓)、手作りのさつま揚げ
a0115762_19223617.jpg


by ayumiaruki | 2009-06-01 11:20 | 旅日記 | Comments(0)
2009年 05月 26日

まだ慣れない歩き旅

【これまで歩いた総距離数】578km
【現在地】静岡市清水区 三保の松原


興津川近くの公園に張ったテントを撤収して、三保の松原へ向かう。

ふみさんが、ちゃちゃさんが紹介してくれた、ベイビーズブレスという美容室に
顔を出して行こうというけど、まだなれない歩きと、寝不足とで、足は重いし、
顔は硬直してるし、だるいし、どうも誰かと会う気力が出ない。
ちょっと失礼かなとおもいつつ、フミさんだけ顔を出して私は外で
椅子に座って待つ。
駄目だもう動けない・・・。
少しすると、お店の方に中に入って休んで行ってと声を掛けられ
美味しいコーヒーを頂いて、色々お話した。
さっきまで気力なしだった私は、いつの間にか元気になって
話にのめり込んでしまった。
やっぱり人と出会うっていいものだな。声を掛けてもらってよかったな。

そしてこの日は、お店の方の好意で駐車場にテントを張らせてもらった。
これからテン場(テントを張る場所)探しはきつかったからありがたかった。


美容師で書家でもある秀泉さん
a0115762_3154748.jpg

皆で好きな言葉を書いてみることに
a0115762_343054.jpg
a0115762_354238.jpg

a0115762_316354.jpg


夜に近くの公衆トイレへ顔を洗いに行った。、
公衆トイレで顔を洗うのも久しぶりだなあと去年の旅を思い出して
ふとイヤな予感がした。
ちょっと見上げると、なにやら奇妙な生き物が壁に張り付いている。
よーく見ると、巨大な、巨大な、巨大なクモだ!
直径12cmはある、まりもヨウカンみたいな体。
異様に長くてぶにょぶにょした足。
なんとも言えない黒茶のエグイ色。
あれはクモというよりエイリアンだ。

丁度真上に張り付いていたから、私が顔を洗っているときにその
エイリアンが頭にボテっと落ちてきて首に入りそうになる図を何度も
想像してしまって、さらに気分が悪くなった。

あー今日の初めて体験はこれだな。
こんな巨大クモ見たのは間違いなく生まれて初めてだ。

その後テントに帰ってから、腕にザックが触れただけでビクッー。
エアマット上をアリが歩いてもビクッー。

やっぱり元の私に戻ってる。

差し入れしてくれた味の干物を早速焼く 旨い!
a0115762_3174385.jpg


by ayumiaruki | 2009-05-26 01:18 | 旅日記 | Comments(3)