ただ歩いてゆく旅

ayumiaruki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 22日

模範的な患者さん

【これまで歩いた総距離数】1,132km
【現在地】徳島県 阿南 フミさんの実家10日目










私は小学生の時から脊髄側湾症で、中学2年になって手術するまでよく大学病院に通ったし
術後は2ヶ月くらい入院して、その後20歳まで通った。
社会人になってからは、ヘルニアとギックリ腰で整骨院と針にもよく行ったし、アレルギー性鼻炎で耳鼻科
子宮内膜症で婦人科、風邪は季節の変わり目ごとによく引いて病院に行った。
母親も私が子供の頃から耳と腰が悪くてよく一緒に病院に行ったし、兄は病気の見本かっていうくらい
ありとあらゆる病気を経験している。

でも病気と病院にあまり慣れていないフミさんは、診察の時も名前を呼ばれると「ハイッ」と手を上げて
返事するし、入院中も模範的な患者さんだ。









術後の経過も順調で「安静度2」になった
a0115762_2122646.jpg







模範的な患者ですから・・・。
a0115762_2125415.jpg







1日数回しなければならない点眼、安静度2までの人は看護士さんがベットまで点眼しに来てくれる。
「点眼します」の放送が掛かったらテーブルを片付け、ベットに寝て布団を綺麗に掛け直し、
気を付けの姿勢で真っ直ぐ天井を見て待つフミさん。
a0115762_2133239.jpg









目のガーゼが外せるようになって、眼帯になった
a0115762_2143161.jpg








「眺めのいい部屋」とは言えないけど、数日間ベットから離れられないとき窓の存在は大きいのかな
a0115762_2150100.jpg












にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村いつもクリックありがとう。



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2009-09-22 21:04 | フミさんのこと | Comments(6)
2009年 09月 21日

フミさんが手術

【これまで歩いた総距離数】1,132km
【現在地】徳島県 阿南 フミさんの実家9日目








9月12日のブログ「三重県で旅中断」にも書いたけど、涸沢小屋から下山した帰りに寄った名古屋で
フミさんの網膜はく離が進んでいることがわかってすぐに手術が必要と言われてしまった。
術後もしばらく安静にしなければならないので、フミさんの実家
徳島県阿南に行くことになった。

いつまでか分からないけど旅は一旦中断、荷物を預かってくれたいた民家に何日も置くわけには
いかないから、美里のまっちゃんの家まで歩いて戻って、そこで預かってもらえることになった。

徳島に着いた翌日診察に行ったら、そのまま入院ってことになって、手術日までは
トイレ以外はベットで横にならなければならない「安静度1」とのこと
網膜はく離がこれ以上進まない(剥れない)為には安静にしていなければいけなくて、電気かみそりも振動が
あるから、ダメ。
涸沢小屋から思いっきり、急いで下ってきた時の事を思い出して、背筋が寒くなった。

手術日も決まって、フミさんのご両親と一緒に具体的な手術説明を聞きにいったら、フミさんの場合
色々な問題があって難しい手術になるとのこと。
想像していた以上に、グロテスクな説明でちょっと不安になった。
手術中もごっつい痛いっていう人と、痛くない人もいるみたいで、怖いなあ。









手術当日はお母さんと二人で病院へ
緊張気味のフミさん、前の人の手術が長引いているらしくって、予定時間が来てもなかなか
呼ばれなく落ち着かない

a0115762_082161.jpg








インフルエンザが流行しているから面会者はマスクをして、手を消毒してからじゃないと入室出来ない。

a0115762_09666.jpg









私達は普段、滅多に薬を飲まない。風邪の時も寝て食べて元気になったら歩く。
でもこれは仕事をしていないから出来ることなんだと思う。
誰だって寝て休みたいけどそういう訳にはいかないからなあ。
今回は目薬こそ多いけど、薬が内服する薬はほとんどないのが良かった。

a0115762_095248.jpg







2時間待って、いよいよフミさんの番だ

a0115762_0102416.jpg







笑顔がこわばってるような・・・。

a0115762_0111175.jpg











手術は2時間の予定だったけど、1時間半くらいで戻ってきた。
ストレッチャーで帰ってきたフミさんを、お母さんはずっと遠くから見守ってた。

a0115762_014519.jpg







痛みもなくって、手術もうまくいったそう。よかった

a0115762_0143815.jpg








安心したのと昼から何も食べてないのとで、お腹空いた~を連発。夕食は美味しく食べれたみたい
やっぱり食べるのが一番

a0115762_015195.jpg












にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村クリックありがとう!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2009-09-21 15:30 | フミさんのこと | Comments(8)
2009年 09月 18日

涸沢フェスティバル その3

【これまで歩いた総距離数】1,132km
【現在地】徳島県 阿南 フミさんの実家









山に着いて第一声、フミさんが「スカートはいてる人がいる」って言うから、それはないでしょうって良く見たら
いるいる沢山いる。近くで見たらスパッツの上にはくアウトドア用のスカートみたいだった。
そっかー最近はそういうのが流行ってるんだ。
涸フェスは若くて、しかもお洒落な人達が多かったなあ。

キャンプも私達みたいに所帯じみてなくて、なんだか雑誌の1ページに出てくるような光景だった。
ウェアー・ザック・帽子・テント・コンロ・水ボトルまでみんなピッカピカ。
キャンプサイトの辺りをうろちょろしたらいいなーいいなーあれ便利そうだなあ
あれカッコいいなあって、ついつい目移りしてしまう。
仕方ない、みんなはテントで生活してる訳じゃないもんな。
 
いや楽しいキャンプは最新グッズがなくても出来るとは思いながら、穴の開いてないザック欲しいなあ、
カビてなくて犬のおしっこがかかってないテントってやっぱりいいなー、さんま缶の煮汁がこびりついてない
コンロでお湯沸かしたいなあと思ってしまう。










涸フェス最終日も快晴。山は天気で随分雰囲気が変わるし、私も気分が晴々
涸沢ヒュッテ方面から見た、涸沢小屋
それにしてもテント綺麗だなあ・・・山に来て物欲に苛まれるとは

a0115762_8242257.jpg








こちらは涸沢ヒュッテ

a0115762_825816.jpg










登山家、田部井淳子さんも参加していた
こちらは田部井さんツアー参加のお客さんに集合かけている方

a0115762_828999.jpg










閉会式で田部井さんからの挨拶。来週はタイの最高峰に登って、来月も・・・パワフル。
涸フェス中たまに見かけたけど、いつも元気いっぱいの方だったな。
中高年の女性グループが登ってきたとき、田部井さんを発見してもうキャーって大騒ぎになってたけど
一人一人とちゃんと握手して記念撮影もして話もしてた。

a0115762_812296.jpg









閉会式後のジャンケン大会
フミさんが「俺行けないから、あゆみちゃん行ってき」って何度も念を押すし、早く早くってせかす。
協賛メーカーから最新の豪華商品がもらえる真剣な大人のジャンケン大会なのだ。
一番盛り上がってたのは、ゴアテックス社の全身ゴアテックコーディネートセットで
帽子、手袋、レインウェアー、靴カバーなどなど合計15万円相当の商品が2名に当たる。
フミさんがせかすのも無理ない。
でもタイミングの悪い私は、閉会式・関係者の挨拶などなど終わってさあジャンケンって時に
お腹がギュルルルル・・・・
俺行けないって言ってたはずなのに来てたフミさんは、「あゆみちゃーん頼むよー」
後ろ髪引かれながらも、ヒュッテのトイレに急行。
帰ってきったら「ウォーウワー」って歓声が上がって、ジャンケンするたび盛り上がってた

a0115762_8221655.jpg









朝ヨガ、開会式なんかもしてたステージは、昼寝岩って呼ばれてる岩の上
遠くから見るとよく分かるけど、こんなにデッカイ。

a0115762_823153.jpg









涸沢フェスティバルに来るまでは、いったいどんなものなのか想像出来なかったけど、山小屋なんて
泊ったのは初めてだし、小屋のスタッフの生活も垣間見れて、色々な人とも話せて貴重な体験が出来た。
映画祭・山の写真教室・和太鼓の演奏などなど催し物も沢山あって、あっという間だった。
一人旅で来てた若い女性も来年も来たいなあって話してたし、涸フェス大成功だったと思う。

次の機会があったらまた是非参加したいなあ。
谷たけしに感謝だ。











にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村クリックありがとう!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2009-09-18 09:45 | 旅日記 | Comments(6)
2009年 09月 17日

涸沢フェスティバル その2

【これまで歩いた総距離数】1,132km
【現在地】徳島県 阿南 フミさんの実家











涸フェス初日の午後は雨が降ったけど、夕方には止んで色々なプログラムをしていた
準備もあるし、プログラムは気になるし、写真もとらにゃあいけないし、ちょっとはスタッフの手伝いも
したいし、手伝いと言っても邪魔になってるとしか思えないんだけど。

ゆっくり楽しめたのは夜のキャンドルナイト。スタッフ、お客さん皆がテラスに出てた後、涸沢小屋と
向かいにある涸沢ヒュッテ同時にすべての電気を消して、ロウソクの明りだけ。その後一斉に
ロウソクも消して、月明かりだけの時間を楽しんだ。これが山の自然な姿なんだろうな

a0115762_2394253.jpg










夜は食堂でスタッフミーティング、前に小屋で働いていた人も助っ人に来てくれてる

a0115762_23102556.jpg










翌朝、お客さんの朝食は6時からだから、スタッフは4時起き。
さらに早い時間に起きて準備するスタッフも数名いる。山の朝は早い!
小屋の隅に山に張り付くように建てられてる一番上は男性スタッフの寝床ちょっと中も見てみたかったな。
お客さんの部屋はすごく綺麗。

a0115762_2311283.jpg









小屋のテラスで持ちつき大会。山は気圧が低いから餅米を蒸かすのも一苦労

a0115762_23123533.jpg









つきたてのおもちをサービス。これがまた美味しくて行列になってた

a0115762_1033241.jpg








そして「山の折り紙教室」意外とはまってしまう方もいて、こちらの男性は私より先に
鹿を覚えてしまった・・・。

a0115762_10424899.jpg







翌日は場所を変えて

a0115762_1050818.jpg









a0115762_10492693.jpg







最初はなかなか人がこなくてどうしよか思ったけど、お餅で集まったお客さんが流れて来てくれて
アシスタントも四苦八苦しながら鹿を折った。



つづく・・・







にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村iいつもクリックありがとう!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2009-09-17 01:00 | 旅日記 | Comments(6)
2009年 09月 16日

涸沢フェスティバル その1

【これまで歩いた総距離数】1,132km
【現在地】徳島県 阿南 フミさんの実家







ここ数週間の出来事続き・・・



長野県の友達の家で少しづつ、涸沢(からさわ)フェスティバルの準備もしてた
準備って言っても、山に持っていけるものがそんなにないから、パネルに張る大きめの地図を買って
歩いたルートの線を引いたり、今まで一度も折り紙を折ったことのない私の折り紙特訓をしてもらったり
でもこの折り紙っていうのが私には苦痛で苦痛で、折り紙とか、編み物とか、図画工作みたいに
黙って手先を使うようなことは昔っからめっぽう苦手だったからなあ。

しかーし今回は「山の折り紙教室」の第一アシスタントに任命されたし、せめて一つくらいは折れないと
ちょっとまずい。
で一番簡単な「鹿」を覚えることになったけど、教えてもらうたびに熱が出た!まじめに本当に
教えてもらった3回とも熱が出た。
普段使わない頭を使った知恵熱なのか、長野に来て急に寒かったせいで風邪をひいたのか
とにかく駅まで送ってもらった車でも、電車でも寒くて気持ち悪くて山は無理かもなあと半分諦めてた。









今回、涸フェスに誘ってくれた涸沢小屋の小屋番、谷たけしの家で一泊させてもらう事になっていたから
私は到着してすぐ寝させてもらった。起きたときにはかなり回復してて一安心。
翌朝谷たけしファミリーと一緒に山の近くまで車で向かう。忙しい谷たけしとは別行動で
奥さんのエリコさんは子供を背負っての登山だったけど、私達より早く登ってた。さすが・・・。
a0115762_17451823.jpg





登って数分でもうこんな景色。左に見えるのが屏風岩と呼ばれてる岩
a0115762_1037969.jpg







私は一時期家族して山登りをしたけど、こういう本格的なのは始めてで結構不安だった。
ガレ場の奥に見える涸沢小屋を見たときはホッとしたなあ。

a0115762_10394414.jpg






小屋に着いたら早速スタッフの人に混ざって昼食。
右手が誰よりも熱い男、小屋番の「谷たけし」 フミさんが数年前この小屋で働いていたとき一緒だったそう。小屋番になってから色々と困難な改革に取り組んだ熱い男だと聞いていたけど、実際会って納得。
涸フェス中スタッフとのやり取り、お客さんの対応メーカーさんの対応などなど、スーパー忙しそうだった。

a0115762_18124280.jpg





小屋のスタッフは皆若い!あれ?そう見えないか・・・。
いつでも手早く食べれて、何処でもぐっすり寝れて、洗顔歯磨きはめちゃくちゃ早い!
プライベートも無いし、ハードな仕事だと思うけど皆、凄くタフだ
なんか生き生き働いてたなあ。

a0115762_18153811.jpg






涸沢小屋と涸沢ヒュッテの間にあるテント場、これは到着した時で翌日はテントでびっしり
手前はメーカー各社のテント。ノースフェースのドームはやっぱり目立つ

a0115762_18175073.jpg





フミさんの折り紙教室は明日からだ

つづく・・・。



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してみました。クリックお願いね!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2009-09-16 10:13 | 旅日記 | Comments(8)
2009年 09月 13日

旅は長野県から始まった

【これまで歩いた総距離数】1,132km
【現在地】徳島県 阿南 フミさんの実家






ここ数週間の出来事を遡って書いてみよう。



三重県の津市近くまで歩いた時点で、北アルプスの涸沢で開催するイベント、涸沢フェスティバルに
「山の折り紙教室」で参加することになった。
山小屋に行くのは始めてだから楽しみなんだけど、またしても大量の荷物を預かってもらう場所を
探さなくてはならなく、なおかつ駅の近くまで移動しなければならない問題がある。

あれこれ策を練ったけどこれといったアイディアがなくて、丁度テン場に警察の人が様子を見に来たから
何気なく預かってくれるところはないか聞いてみたけど、田舎は閉鎖的なところがあるから無理だろうと
言われてしまった。
警察で預かってくれたら安全だなあと言う考えが、ふと浮かんだけど流石にそれは聞かなかった。
あ~なんかこういう感覚はまずいぞ。

結局、今居る場所は駅が近いから、下手に移動しないでここから長野に行き
フェスティバル開催日にはまだ早いけど、せっかく長野に行くなら友人にも会いたいということで
すぐ出発することになった。
長野に移動する日の朝テント撤収パッキングして、さあ荷物どうするって話になっていつもの調子だ。

電車の出発時間は1時間後に迫ってきてて、テント場近くの家に10軒お願いしたら1件くらいは
預かってくれるかもというなんとも他人まかせで現実味の無い案で決定。

そして一軒目に訪ねた家で預かってくれることになった。
ちょっと他人の親切に甘えすぎだなあと思いつつ、一安心。







長野到着日は、大町に住む「しんちゃん」と妊婦さんの「ゆっきー」夫婦の家に泊めてもらった
翌日は4人で、近所の喫茶店「ポレポレ」でゆっくり時間を過ごす。

しかしなんだなあ男ってのは久々に再開してもこんな感じなんだなあ
二人とも大切な友人で再会を何より喜んではいるんだけどね

a0115762_175910.jpg





a0115762_183159.jpg





妊婦「ゆっきー」とポレポレの店長「はみちゃん」
男が本に没頭している間、女は会話を楽しむ。
ポレポレはこじんまりしたお店だけど、デザートも料理も美味い

a0115762_19494.jpg







翌日は青空屋台カレーの「ようちゃん」家へ
いつも色々な人が訪れるこの場所だけど今日はなにやら様子が違う

a0115762_1204266.jpg





どうやら、ようちゃんの家で収穫した小麦を手で挽いてうどんを作るらしい
真ん中がようちゃん。奥さんの美幸さんと子供達は外出中。

a0115762_1251842.jpg






a0115762_129844.jpg




手で引いて、網で粉をふるう。昼前から夜までかかってやっと全粒紛が出来上がった
それから捏ねて、踏んで、切って、茹でて、だし汁を作ってうどんの汁を作る。
究極のスローフードだなあ

a0115762_1294850.jpg




主役は小麦
やんややんや言ってビールを飲みながら、ようちゃん家ならではの楽しみ方だったなあ
もちろんうどんも美味しかった。
この後も縁側で焚き火をしながら宴会はつづいた
私は山登りを前になんと風邪気味どーしよーなんでいつもこうなんだ・・・。

a0115762_134820.jpg







a0115762_134401.jpg







a0115762_1365216.jpg







丁度一年前、会社を退職して歩き旅を始める前、まずフミさんと長野に来て
しんちゃん家、ようちゃん家でお世話になった。
当時はまだ人見知りで緊張しっぱなしだったんだよなあ
そうだ、すべてはここから始まったと言ってもいいぐらい。
丁度一年目にまた長野に来れてなんとなく感慨深い。







にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村更新していなくてもクリックありがとう!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2009-09-13 23:55 | 旅日記 | Comments(6)
2009年 09月 12日

三重県で旅中断

【これまで歩いた総距離数】1,132km
【現在地】三重県 美里町 ヒビコレ







前回のブログを更新してから、しばらくたってしまったなあ
今まであまり途切れないように夜中の公衆トイレで蚊に刺されながら更新したり
暑いテントの中、汗ダラダラで更新したりしてたから、こんなに期間が空いてしまってちょっとがっかりだ。

それにしても、ここ数週間はめまぐるしく色々あった。
まず涸沢小屋でのイベント「涸沢フェスティバル」に参加する為に長野県に行ったり
涸沢の山小屋まで登って、小屋のスタッフと過ごしたり
予定外だった名古屋でたっちゃんに再開したり。
急遽荷物を預かってくれることになった美里町の皆さんとまた会えたり。

そして今は一緒に歩いているフミさんの網膜はく離が進んでいることがわかって手術をする為に、徳島県の
フミさんの実家に泊めてもらってる。

名古屋に寄ったついでに、前から定期検査を勧められていた目の検査を受けたら、すぐに手術を
しなければならないという事が分かった。
手術後もしばらくは安静が必要のようなので旅は中断になってしまったけれど、早く発見出来たのは
本当によかった。

今さら急ぐ旅でもあるまいし、会社を退職してから取ったホームヘルパー2級の腕を発揮して
しばらくはフミさんの介護?に専念するとしよう。

これから少しづつ、涸沢小屋でのことから今現在までの出来事を更新するつもり。








ここ2週間、移動が続いてとにかく電車、バスに乗った乗った乗った。
乗り継ぎも一日何回したことか

昨日は、名古屋のたっちゃん家から電車2回乗り継いで、河川敷近くの
荷物を預かってくれている家までいって、そこから14キロカートを押して歩き美里町の
カメラマンまっちゃんの家へ
そこから、ライターTさんに車で駅まで送ってもらって、また電車3回乗り継いで明石まで行った。

明石ではフミさんの山岳部時代の先輩の眼科医の方に泊めてもらい今日、車で淡路島の病院で
診察して頂いた。
それから高速バスで、徳島に帰ってきたのだ。

美里のみなさんにはまた色々とお世話になった。
そしてやっぱり、こんな時は家族の存在がありがたい。
好き勝手なことをしている二人だけど病気や怪我で心配をかけたり
こうやって世話になってしまうばかりだな。

a0115762_23145968.jpg











にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してみました。クリックお願いします!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2009-09-12 22:42 | 旅日記 | Comments(10)