<   2010年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2010年 09月 27日

京都へ

【これまで歩いた総距離数】1,929km
【現在地】京都府 京田辺市木津川沿い(11km)~八幡市 桂川中洲(17km)~京都市 京都っ子(24km)
 









朝食を食べ、荷造りをして、パッキング
とりやまさんの家の前で3人揃って記念撮影。
最後にお礼と別れの挨拶をして・・・。
一緒に過ごした時間が長くなればなるほど、この時間はいつも落ち着かない。
また会いましょうと握手して歩いてゆく。
「いってきま~す」


そして・・・・。
あ~~~~三脚忘れた~~~!!
懲りない二人だ。
a0115762_15295957.jpg











紀伊半島から琵琶湖の西側を抜けるには、どうしても大阪と京都の間を
通らなければならず、この辺りは都市で交通量も多いからどうしようか
地図を睨みながら考えた。
木津川沿いに細く点線で書いてある自転車動を見つけてこれだ!
遠回りだけどひたすら自転車道を歩くルートに決定。
信号もないし意外とどんどん進むのだ。
a0115762_15373962.jpg












ピッタリとしたおそろいのユニホームでキメたサイクリストも多いけど
運動不足解消風のおじさん、買い物帰り風のおばさんなんかも沢山いて
ほのぼのした休日
a0115762_1538215.jpg












a0115762_15413910.jpg












7月に和歌山の白浜近くを歩いているときに自転車で会いに来てくれたGyonさんは
次回会うときはタキシードで来てくれると約束したのだが、本当にタキシードで突然現われた!

涼しい顔をしているGyonさんだが、私達がテント張りそうな場所にめぼしをつけてからは
キョロキョロと辺りを見回し慎重に自転車を漕いできた。
ついにテントを発見してからこっそり木陰で着替えての登場だ。
さすが関西人は違うなあ。
a0115762_15305381.jpg












Gyonさんは自転車を押して1日一緒に歩いてくれた
さすがにタキシードは脱いじゃったけど。
秋の空で気持ちよかった
a0115762_15313765.jpg











時々時代劇にも登場する流橋(ながればし)
もともと流れてもいいような作りになっている
a0115762_15322414.jpg












フミさんのミクシーに登録してくれている、清火(さやか)さんも会いに来てくれて
自転車道で出会う。
Gyonさんがお昼をご馳走してくれて、ランチバイキングを食べた
手作りのおかずにデザート、ちらし寿司やパスタもあってこれがまた美味しくって
私もフミさんもずーっと食べ続ける。
a0115762_15345214.jpg











a0115762_15354716.jpg









隣の温泉がその日半額で一人200円
清火さんと別れて3人は温泉へ
さっぱりして気持ちよく歩いていてふと気づいた
ソーラー充電器がない!
温泉でフミさんのカートの上にとりあえず置いた記憶があるんだけど
それを聞いたGyonさんはすぐに自転車で温泉へ走ってくれた。

戻ってきたGyonさん、ソーラー充電器、地図、タオルを抱えて
「進まない訳だ・・・」
はっはっは。







a0115762_15422571.jpg











この日はGyonさんに教えてもらった宇治川の中洲にテントを張って
翌日も自転車道を歩く

昨日は京都市内に到着して情けないことに二人とも筋肉痛だ。
フミさんは筋肉痛じゃなくて腿が張ってるだけだと言い張っている。








にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。クリックお願い!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2010-09-27 15:43 | Comments(16)
2010年 09月 24日

生まれ変わったカート


【これまで歩いた総距離数】1,877km
【現在地】奈良県 北生駒 








秋の宴での数日間、中西さんはじめ、つわもの達の話には驚かされたけど
私達のやらかしたことにも我ながら驚く。

<移動編>
秋の宴の日にちを勘違いしていることに駅で気づき、私たちだけ1日早く到着してしまう
(まきちゃん連絡すると早く着いても大丈夫と言ってくれ一安心)

<買い物編>
まきちゃんの自転車を借りて二人で買出しに行き、鍵も持っていないのに自転車ロックを掛けてしまった。
慌ててまきちゃんに電話すると、鍵は持っていないからいつも掛けないというではないか。
しょんぼりして買い物荷物と自転車後輪を代わる代わる抱えて家に向かう。
でも大丈夫、家に帰れば自転車旅の達人が勢ぞろいしてる、こんなトラブルは
お茶の子さいさいだろうと楽観的な我ら。
けど、達人はえーっ?!ママチャリ?と声をそろえる。だよなあママチャリでアンデス越えしないよなあ。
あれこれと試した結果アキくんが針金でロックを外してくれた。

<料理編>
鶏肉料理の際に、まきちゃんの圧力鍋の取っ手をもいでしまう。


<〆編>
やれやれと、とりやまさんの家に到着後、まきちゃんからのメール
DVDプレイヤーと、ボディータオルを忘れてるよ~
やれやれ、大切な水ボトルも忘れてきたようだ。
まきちゃん、宴のみなさんこんな二人でごめんね~。











とりやまさんの家に帰ってくると、とりやまさんがちょっと相談したいことがあってと工場へ向かう。
私達が琵琶湖で飲み食いしている間、更にカートを改良してくれていたのだ。
荷物を積む都合上相談してから手を加えたほうが良いだろうと考え、その部分だけ
残しておいてくれた。
a0115762_2412392.jpg











私のカートはもともとゴルフバック用のカートで、重い荷物を積んで何千キロも押して歩くようには
作られていないから、ところどころにガタがきていた。
先日のテレビ「エチカの鏡」では放送されなかったけど、泊めてもらったおじさんの家に
夜遅く到着してしまったのは、あの日移動中にカートが溝に落ちて真っ二つに折れてしまったからなのだ。

とりやまさんは私達のカートを一度すべて分解し、構造を調べ、歪んでいる部分
負担のかかる部分、弱い箇所を修理強化してくれた。
折れたポールの両横にスチールを溶接し、ポールを補強しつつ、ザックが落ちないようにもなった。
a0115762_4193047.jpg












スチールが錆びないように黒くスプレーまでしてくれる。
a0115762_2452473.jpg











負担のかかる前輪部分の横もスチールで強化
カートのハンドルも低すぎて押しにくかったのを分解して、高くしてくれた。
これは構造上無理だと諦めていたのに、ええーーっ!こんな方法で?
まさに「とりやまマジック」だ。
a0115762_4204987.jpg










日に何度も足を止めてザックをずれを直したり、前輪の曲がりのせいで
いつも左へ曲がって進みイライラしたり、しゃがみこんでパッキングしていたのが
なくなる嬉しさ、快適さは、日常生活で言えば汚れた服を手洗いしていた家に
洗濯機が来たくらいのものだろうか。
生まれ変わったカートで歩けるのは新車を買ってもらったくらいの喜びだろうか。
本当は私達が琵琶湖に行っている間に改良して驚かせたかったと
話してくれたとりやまさん。
その気持ちが伝わって胸が熱くなってしまった。
a0115762_4221265.jpg










フミさんのカートも負担のかかるポールに斜めに溶接したスチールで補強してくれた
a0115762_4261390.jpg











翌日はとりやまさんの相棒、黒ラブのビリー達と散歩へ出かける
a0115762_428643.jpg










ビリー以外のわんこは、水場で大はしゃぎ
a0115762_4305227.jpg











ビリーは、マイペースでなんとも良い味をだしてる犬
吠えたりしないし、ビールを飲むし、大根一本食べたりする
a0115762_4325890.jpg








a0115762_4343369.jpg










a0115762_4361123.jpg









a0115762_4373448.jpg










今夜はとりやまさんと、Woo Koo BAR?のobi2さんの家に
お邪魔させてもらった。
obi2さんは料理上手でお酒も大好き。
揚げ物、炒め物、酢の物、卵料理から煮物から次々と美味しい料理を
作ってくれながらも、飲んで、話して、子供の世話もしながら、とりやまさんとの
掛け合いも息ぴったりで楽しい夜だった。
さあ明日からまた歩くぞー。







にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。クリックお願い!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2010-09-24 04:05 | Comments(14)
2010年 09月 23日

旅人 秋の宴

【これまで歩いた総距離数】1,877km
【現在地】奈良県 北生駒 









とりやまさんの工場に荷物を預かってもらってまたしても電車移動。
歩く気あるのかって感じなんだけど、ふみさんの親友チャリダーアキくん主催の
旅人の宴会があって、その為に滋賀県に向かったのだ。

集まったのはバックパッカー、自転車南米横断トラベルコンサルタントもしているご夫婦、世界中旅して一時帰国中の人、
北南米を自転車横断した人トラベルライター、馬でモンゴルを旅した人、そして名古屋の友人たっちゃん
などなど総勢15人ほどで旅のつわものばかり。
そんな中に自分も居ることがまだちょっと不思議だ。









宴会の会場まきちゃん家の前で翌日残ったメンバー
手前中央で帽子を被っているのは、今年「植村直己冒険賞」を受賞した中西大輔さん
11年間の過酷な自転車旅の話は、つわものの旅人も子供のように目を輝かせて聞き入っていた。
何故旅を?一番きつかったのは?恋に落ちたりした?皆自分達が何度も聞かれたことのある質問をしてしまう。
中西さんは自分から多くは語らず、こちらがつつくとびっくりぎょうてんするような面白い話がどんどん出てくる。
なんとなくひょうひょうとした雰囲気で、マッチョな感じは全く?ないけれど、あ~この人だったら
アマゾンでも、北極でも、砂漠でも、一人旅して行けるんだろうなと思わせるゆるぎないものを感じた。
残った旅人は全員一致で中西さんは絶対女にもてるだろうなあ~と、勝手に想像を膨らませて飲みふけった。
フミさん撮影
a0115762_358481.jpg












翌日は、まきちゃんの馬「しろ~君」の小屋がある楽農舎という農園で、馬に乗せてもらったり、スープを作って食べたり
とゆっくりした時間を過ごした。
馬は久しぶりのフミさんと、まきちゃん。
a0115762_40135.jpg













まきちゃんは女一人バイクで世界一周した人で、アフリカ、中東、南米など
100ヶ国以上の国を訪れ冬のモンゴルは馬で旅した人だ。
旅中はほとんど野宿と言うので、今までで一番お風呂に入らなかったのは?と聞くと
ノルウェーの森でキャンプしたときは一ヶ月ぐらい入らなかったかなあと、あっさり。
かっこいい!!豪快で行動力のある人だ。
今は滋賀県の田舎で馬との生活を楽しみながら、訪ねてくる旅人をもてなしている。
a0115762_412698.jpg












夕方は農園のオーナーに教えてもらいながら
名古屋のたっちゃんとアキくんが鶏を絞めてさばき、その日の夕食となった。
なかなかワイルドでしっかりした味。
今回は私のカメラを持って行かなかったので、フミさんのデジカメで撮影したけれど
ブログにアップしていて、やっぱり重くても自分のカメラを持って行かなきゃなあと
反省している。
農園での集合写真
a0115762_424155.jpg











にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。クリックお願い!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2010-09-23 04:04 | Comments(20)
2010年 09月 18日

壊れたカートの救世主現る

【これまで歩いた総距離数】1,877km
【現在地】奈良県 北生駒 









BARの前で目覚めて、マクドナルドでパソコン作業
奈良市を出発したのは夕方近くになった。
自由気ままな旅だけど、パソコンは今の旅に欠かせないツールだし
写真データの整理やブログの更新(私はたま~になんだけど)もそれぞれあって
こういう時間も必要なのだ。
でもこのパソコン使用時間の事ではよく喧嘩にもなる。

私は高校時代弓道部に入っていて、部活の遠征で修学旅行には
参加できなかったから、奈良では奈良の大仏さんだけは見たかった。
5時30分ギリギリに入って慌しく見たけれど、あの大きさには圧倒された
大きいのに威圧感はなくて、なかなか良かった。
観光地でも行きたいところには行くのである。

少し歩くとすぐに暗くなって、雨も降り始めた。
まだ市街地を抜けていないからテントを張れそうな場所もなくって
あちこちと歩き、結局ビジネスホテルに泊る。
あ~これで今月の「至福の日」は使ってしまったなあ。














フミさんの使っているカートのスポークが外れたり、なくなったりしていて以前
いつくかの自転車店に聞いてみたけど、特注品だから無理だと断られていた。
Woo Koo BAR?の obi2 さんが直せるかもと言ってくれている人を紹介してくれて
そちらの家に向かうことになった。
a0115762_13591734.jpg











M’s Auto Serviceの店主とりやまさん
夜に到着してしまったのに早速カートの修理にかかってくれた
a0115762_1402053.jpg












手際よく修理を進めるとりやまさん
折れたスポークは溶接し、無くしたスポークは使えそうな他の部品を
工夫して取り付けてくれる
a0115762_141669.jpg












a0115762_1414082.jpg












私はかなり不器用で頭も固いから、車でも自転車でも家電製品でも
修理をする職人さんは尊敬してしまう。
私の母親も昔から何でも直す達人だけど、私にはそのセンスがない。
a0115762_1422473.jpg











見事に直った!
a0115762_143760.jpg









この後はここでバーベキューをしてくれた
久しぶりのお肉は美味しかったなあ。
とりやまさんありがとう。









にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。クリックお願い!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2010-09-18 14:04 | Comments(19)
2010年 09月 16日

旅 再開

【これまで歩いた総距離数】1,851km
【現在地】奈良県 奈良市 











天理市で荷物を預かってくれていた家を出発して半月ぶりに歩きはじめた
夕方4時半の出発。
なんだか調子が出ない・・・。
体調はバッチリなんだけど、心地良い東京での2週間が名残惜しいのか
ああ、もう毎日のシャワーやトイレ後のウォシュレットや清潔なシーツともお別れか。

暗くなってから公園にテントを張ろうとして近所の人に声を掛けたら
「テレビ見ましたよ~」と言ってくれて、そのに居た数人の子供達が
「川で風呂入ってた人や~」と追っかけてくる。
夜は近所のおじさんがテレビ出てたんだって?と畑での晩酌に誘ってくれた。

そんなこんなしてるうちにすっかり旅の気分がもどってきてた。
おそろしく単純だなあ。












天理からは偶然見つけた「山の辺の道」を歩く
奈良盆地よりすこし高台だからか風がそよいで、景色もよくて、
気持ちの良い道だった。
「やまのべのみち」という名前がぴったり。
a0115762_15394460.jpg










左の方は車から「テレビ見たよ~」と声を掛けてくれた松本さん。
せっかく天理市に来たのだから、是非天理教の神殿を案内したいと言ってくれ
天理教の教えというより自分なりの考えを分かりやすく説明しながら案内してくれた。
私達を勧誘したりすることは全くなくて、楽しいひと時だった。
a0115762_15402191.jpg












一度宿舎に戻り、私達の為にとおにぎりや、お茶を持ってきてくれて
たこ焼きをご馳走してくれた。
テレビ番組に感動してくれたようで、昨日同じ宿舎の旅好きの若者(写真中央)に
私達の話を熱く語ったばかりとのことだった。
最初は随分けったいな建物の多い町だなあと思って歩いていたけど
松本さんと出会えたことで天理市の印象が変わったな。
a0115762_1541613.jpg













この日は奈良市内でBARをしているご夫婦と会うことになっていて
夜に市内を歩いた。
今までだったら街中は不審者の目で見られることが多くって
こそこそと逃げるように歩いていたけれどこの日は

キャーテレビで見たー本物だー!とか
がんばってね~といきなりハグしてくれたり
あれ~観光地歩いてる~!
など気軽に声を掛けられてちょっと安心。

道中でも、今これしかないけど、と申し訳なさそうに食パンをくれたり
今困ってることないの?道分かる?と車のナビを見せてくれたり
ここ数日で40~50人の人が声を掛けてくれた。
本当にありがたいやら、照れくさいやら。

写真はこの日たまたま奈良に観光で来ていて「テレビで見たーここで会えるなんて!」
と声を掛けてくれた方。
a0115762_15415141.jpg














BARでは奥さんが炊き込みご飯と豚汁を用意してくれていて早速頂いた。
おいしかったなあ。
ご夫婦も常連さん同士も仲良さそうで、素敵なお店だった
a0115762_15423246.jpg










初めて会った感じがしなくって、しゃべりまくってしまった私達
a0115762_15441145.jpg










奈良市の中心地にある Woo Koo BAR?
a0115762_154553.jpg











ご主人は毎年小学生の息子さん二人と「男旅」と言って
10日間くらい旅に出るそうで、奥さんも娘さんが大きくなったら
二人で旅をしたいと楽しそうに話してくれた。
子供達が高校を卒業したら、あとは夫婦二人で
好きなことをすると。それ大賛成!
a0115762_15432870.jpg














街ではテントを張れそうな場所もないので、BARの前で寝ることになった
これは私も初体験で遠足みたいにワクワク気分。
ここは2階のおどり場で屋根もあるし人もこないからテントを張らずに
ブルーシートとエアマット寝袋で十分。
翌朝8時半までぐっすり眠った。
a0115762_1545515.jpg













にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。クリックお願い!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2010-09-16 15:46 | Comments(12)
2010年 09月 12日

撮影では

【これまで歩いた総距離数】1828km
【現在地】奈良県 天理市 









取材依頼の電話をもらって2週間後、歩いている途中でスタッフの人達と合流した
大型のバンから、カメラやマイクを持った人がぞろぞろと降りてくる。
挨拶もそこそこにシャツの下にマイクを付けて、早速歩き始めた。

そうかこれからの会話は全部聞かれるわけだ・・・。
買い物、食事、テント設営しているときもつねにカメラが向けられていて
総勢6名のスタッフが見ているといのは緊張するもんだ。

いつも通りの私達の旅を取材したいということで、どこで何をするのか
何も決めないまま撮影が始まった。











撮影場所は吉野近辺で3日間猛暑日だった
そんななかカメラマンはほぼ1日中重いカメラをしょって撮影している。
私達が行動しているときは勿論、休憩中、朝起きたところ、近くから遠くから
辺りの景色やそこで遊んでいる子供達など。
その辺は写真と同じなのかな。
(フミ撮影)
a0115762_17495974.jpg








いつものようにしてくださいとは言ってくれるけど
やっぱりちょくちょく立ち止まって写真は撮りづらい
スタッフが先回りしている数時間の間にこちらも撮影
(フミ撮影)
a0115762_17514377.jpg









a0115762_2231698.jpg








小型カメラを持っているのがディレクターの麻生さん
撮影の進行状況を考慮しつつ、スタッフに指示を出し進行していた。
いつも集中して考え込んでいる姿が印象的で出来上がりの映像や
編集のこと頭の中で組み立てているのかなあと、私も勝手に
想像していた。
a0115762_2244640.jpg






今回一番驚いたのは、スタッフの人達の超ハードな仕事と
取材対象の私達に対しての気の使い方。
自分達中心に進む撮影は、最初は緊張、慣れると
女王様気取りの勘違いモードになってしまうかも。
a0115762_225774.jpg






歩いている途中でどうしても気になって足を止めた
a0115762_2252554.jpg






撮影状況は興味津々でスタッフみな真剣ないい表情をしている
写真を撮りたかったけど、相手は仕事
あれだけ大変な状況を目のあたりにして、なかなかカメラは向けられない
a0115762_2254483.jpg











1日泊めてもらったおじさんとはここで偶然出会った
いつもは別の場所で犬の散歩をするけど、この日はたまたまこの場所に
来たそうだ。
(フミ撮影)
a0115762_17543684.jpg








こんな日に限って、私のカートが分解してしまうというハプニングがあって
おじさんの家に着いたのは夜遅くになってしまった
おかずを作って待っててくれたおじさん
a0115762_2261542.jpg









泊めてもらった翌朝の記念撮影
a0115762_2263035.jpg





テレビの放送も終ってひと安心
それにしてもはあ緊張するなー。

コメントくれた皆さんありがとうございます。
お返事もう少し待ってくださいね。







にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。クリックお願い!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2010-09-12 22:02 | Comments(34)
2010年 09月 08日

明日香村

【これまで歩いた総距離数】1828km
【現在地】奈良県 天理市 










奈良県では、とも君ファミリーの家で3日間お世話になった。
2日目は尾鷲で一緒だったライダーの二瓶さんも一緒で楽しい夜だった。

奈良県に入ったら行きたかったところ。
フミさんは「明日香村」で、私は「奈良の大仏さん」

フミさんといえば地図フェチの焚き火フェチで有名?なんだけど
奈良県に来てもう一つあたらしいフェティシズムが発覚した。
「古代遺跡フェチ」普段、観光施設や資料館みたいな用意されたお決まりコースには
あまり近寄らない私達だけど、明日香村ではコテコテのお決まりコースを巡り歩いた。

明日香村は、始めて国家が計画的に都市をつくったところ
だから宮殿や史跡が沢山発掘されていて、いまだに何のために作ったのかはっきり
わかっていない石が沢山あって、一日あれば歩いてでも見ることができる。
フミさんは、炎天下何キロも歩いてそういう石や古墳を見ては「男のロマンだ・・・」
とつぶやくのである。

私は最初の2つの石じゃなくって遺跡と、次の古墳くらいまでへえーふうんと
見ていたけれど、古墳は特にどれもこれも同じように見えてしまう。
「これさっきも見なかったっけ?」なんて言うと
「あゆみちゃんに男のロマンは理解できないんだ」
と寂しそうなフミさんであった。







夕方5時になっても暑い明日香村
a0115762_21531787.jpg










村全体が歴史的風土保存の対象になっているのもあって歩きやすくて景観も整っている
a0115762_21533038.jpg










聖徳太子の生まれたお寺
フミさんは聖徳太子にはあまり興味を示していなかった
a0115762_21534874.jpg













普通の民家もお城のようだ
a0115762_21541984.jpg











2泊した明日香村を出て、天理市に向かう
a0115762_2214446.jpg













にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。クリックお願い!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2010-09-08 21:04 | Comments(34)
2010年 09月 06日

フジテレビ「エチカの鏡」に出演

【これまで歩いた総距離数】1,828km
【現在地】奈良県 天理市 



  

               9月12日(日)午後9時30~10時30分
               フジテレビ 「エチカの鏡」
        



去年の冬ぐらいから徳島で新聞に掲載されたり、ラジオに出たり、ケーブルテレビの
インタビューを受けたりし始めた。
尾鷲で朝日新聞ネット版の全国記事に掲載されてからは色々な方や団体からも
コンタクトを受けるようになった。嬉しいことだ。

でもフジテレビのプロデューサーの方から取材依頼電話をもらったときは二人とも考えた。
日曜の夜に全国放送している「エチカの鏡」という番組で、タモリさんが
司会をしているそうだ。
テレビの影響力というのは恐ろしいものがあると思うし、同じ事実でも作り手の
考え方ひとつで伝えられ方も違ってくるとも思うから、こんな風変わりなことをしている私達は
世間から好奇の目で見られることもあるだろう。
でもディレクターの方と何度も、何時間も電話をしてこの人だったら
大丈夫かなあと感じた。
そして一番の理由は私自身がこの旅をして本当に良かったと思っているから

でも皆がテレビを見たら、ええっーーー?!かも知れないなあ。
まずいなあ。








取材の最後にスタッフの皆さんと記念撮影 確か夜12時くらいにはなっていたと思う
3日間、朝から寝るまで6名のスタッフと行動を共にした。
緊張したり興奮したり興味深くて内容の濃い3日間だったから
一斉に彼らが去った後は誰も居なくなった河原で二人、抜け殻のようになってしまった。
a0115762_20532036.jpg








にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。クリックお願い!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2010-09-06 20:59 | Comments(30)