ただ歩いてゆく旅

ayumiaruki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 20日

夜の足洗い女

【これまで歩いた総距離数】 2,978km

【現在地】 福岡県 北九州市 八幡西区








夜の公園にはカエルも現れれば、足洗い女だって現れる。

怖い怖い。
a0115762_1454214.jpg









お風呂に入れないときは、せめて公園で腕と足だけでも洗うと翌日も気分がいい。

足もベースの焼き色が付くまで気が抜けない。
腕のみたいに真っ赤になって皮べろ~んならないようにしないとな。
a0115762_1819145.jpg







にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。クリックお願いします!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2012-06-20 18:22 | Comments(10)
2012年 06月 14日

夜の訪問者(動画)

【これまで歩いた総距離数】 2,978km

【現在地】 福岡県 北九州市 八幡西区








九州に入って2日目の夜は予報どおりの雨。

しかしこの日のテン場は、雨を予測して、連泊できそうな場所を探してあった
山の上にある浄水場跡の公園だ。

急な坂道を登って苦労した甲斐あって、そこには屋根に椅子にテーブル、電気まで点いている
山小屋があった。

フミさんはすっかりご機嫌で、食料とワインを買ってきて、すぐに一本飲み干してしまい
ぐーすか眠ってしまった。

訪問者の姿は見ていない















にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。クリックお願いします!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2012-06-14 07:39 | Comments(6)
2012年 06月 11日

九州上陸

【これまで歩いた総距離数】 2,978km

【現在地】 福岡県 北九州市 八幡西区

【旅の行程】
福岡県 北九州市 八幡西区←(27㎞)←福岡県 北九州市 門司区
←(18㎞)←山口県 下関市 長府 運動公園













ついに九州上陸だーー!
梅雨も一緒に上陸だーーー!

でもまあ歩いて上陸できるというのがいいね
下関の途中で徒歩、自転車、原付バイクは、人道トンネルの方向へ進む。
a0115762_18151285.jpg












ついに見えてきた関門海峡。
右は本州、左のフミさんが指さす先は九州。こんなに近いんだ。
a0115762_18311790.jpg













この建物がトンネルの入り口
a0115762_18402132.jpg












奥へ進むと、大きなエレベーターが2台
大きい方は、40人以上乗れる
a0115762_18424148.jpg












このカートがエレベータに乗り込むのはもちろん初めて
a0115762_1844285.jpg










エレベーターを降りて、このトンネルを歩いてゆく
トンネル内のこの色合いは、海の底をイメージしてるのかな。
このトンネルを通って隣の県へ、ちょっと買い物って感じの人はさすがにあまりいないようで
観光客やウォーキングスタイルの人とよくすれ違った。
この日、自転車、バイクとは会わなかったな。
a0115762_18482848.jpg










徒歩でトンネル内での県境越えは日本でもここだけ。

長さは780メートルで10分もあるけば九州だ。
昭和12年に計画し、戦争もあって一時中断したけれど21年後の昭和33年に完成した。
私達が歩いたトンネルの上には車が走れるトンネルがあって、歩いていても
上を走る車の騒音が聞こえる。

関門橋が出来たのは、13年後の昭和48年。

関門海峡はその他にも、新幹線用トンネル、在来線用(JR)トンネルがある。
a0115762_18502915.jpg









トンネルを抜けるとそこは・・・きゅーしゅーー!

はあー本州の旅が終わったんだなあ、長かったような短かったような。
残るは沖縄、台湾、四国かあ。
a0115762_18553792.jpg










九州上陸後、すぐ向かいのベンチで昼食をとることにしたら
散歩をしていた男性に声をかけられた。
昔はバイクで旅をしていたヒッピーで、横浜で板前もしていただそうで話が盛り上がり
そうだ、写真も入ってたはずだなあと
a0115762_191795.jpg









古い写真を見せてもらう
a0115762_1914330.jpg










なかなか味のある写真で、かなりの男前だ。
家に泊ってゆけばとも言ってくれて、もっと聞きたい話もあったんだけど
この日はまだ歩き足りなかったので、先へ進むことに。
このあたりが今までとは違うところだな。

九州に入ってまだ数日なんだけど、おばあちゃんが
「いいねえ~楽しんでるねえ~」なんて声掛けてくれたり
テン場でも散歩の人が、どんどん声掛けてくれて、距離が近い感じがするなあ。
九州いいんじゃない?
a0115762_1922050.jpg












にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。クリックお願いします!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2012-06-11 10:00 | Comments(6)
2012年 06月 10日

世界中を自転車で走ったパパ

【これまで歩いた総距離数】 2,933km

【現在地】 福岡県 北九州市

【旅の行程】
山口県 下関市 長府 運動公園←(16㎞)←小野田市 アキ君実家









アキ君夫妻に初めて出会ったのは4年前、私が会社を辞めてフミさんと旅に出る
準備をしていたころ。

アキ君が自転車、奥さんの百合子さんが原付バイクでキャンプをしながら北海道一周という新婚旅行だ。
写真は私が住んでいた札幌の家の前で
a0115762_16154855.jpg








アキ君は筋金入りの旅人でチャリダーだ。
26歳のとき、沢木耕太郎の「深夜急行便」の世界に憧れ、同じルートで
香港、インド、中東からヨーロッパの最西端ロカ岬でバックパックでの旅をし
その後も自転車でオーストラリア一周をしている。

8年前にフミさんが徒歩でオーストラリアを縦断している時に
じんべいを着て自転車でオーストラリアを一周している日本人2人組がいるという
噂を聞いていたが、買い出しに寄った店で、そのじんべいを発見したのだ。

右がじんべいを着たアキ君、左はアキ君が旅の途中で一緒に走ってくれる人を
募集したところ、名乗りを上げた、たいてん君。
フミさん撮影
a0115762_820117.jpg









その日アキ君達はパンだけ買ってすぐに進む予定だったが、アキ君達も
「リアカーを押して歩いている人」の噂を聞いていたらしく
お互い「実在するんだ!」と確認。
アキ君達もその晩はキャンプすることにし、翌日も自転車を押して一緒に歩いてくれた。
写真左からアキ君、たいてん君、フミさん。
フミさん撮影
a0115762_8193594.jpg










オーストラリア一周とタスマニアも走った後、メキシコから中米縦断と順調に進んでいたが
南アメリカ縦断のときに強盗に襲われた。
石で頭を殴られそのまま気絶、パスポートも含め、自転車、荷物、全てを失い
残っていたのは命だけ。

そんな状況の中、失って一番辛かったのは日記と写真だという。
日記はその後もしばらく探し続けたが、最後まで見つからなかった。

日本に帰国後、以前働いていた職場でまた働き、同じ職場の百合子さんと結婚

札幌に来ていた時、これから旅をする私は、そんな自由な旅をしていたのに未練はないの
と聞いたのだが、きっぱり「ない、それよりも二人の人生を大切にしたい」と言っていた。







そして今は、3人の人生になった。
a0115762_16585650.jpg









私達も一緒に行った動物園で
a0115762_171338.jpg







結構だれてるカンガルー
a0115762_173777.jpg










子供が生まれてから「子供ってかわいいよ~」とよく言っていたアキ君だったけど
今回初めて会った「よっちゃん」可愛いんだなあ。
a0115762_1743544.jpg










よっちゃんは、フミさんのことを「ふーたん、ふーたん」といってすっかり気に入ってくれた。
a0115762_178785.jpg








気が付くと、フミさんのひざの上で本を読んでもらってたり、手をつないでたり
で可愛いのなんの。
もちろん可愛いだけじゃなく、大変な部分も多い。
どんな時もイライラしないで、笑顔で優しい口調で接している百合子さんには
深い深い母性を感じたなあ。
a0115762_17103083.jpg









アキ君夫妻に札幌で会ったとき、大人のカップルだなあと思った。
二人のケンカしてる姿が想像出来なかったから、どんなことで喧嘩するのって聞いたら
ケンカしたことないなあと、信じられない答え(多分今現在も、だと思う)
そしてアキ君は、百合子さんの怒った顔を今まで一度も見たことがないという
さらに信じられない答え。

今回一緒に生活していたときのことを思い返すと、不満とか批判らしきことも
これっぽっちも聞いたことがなかったなあ。

毎日ぶーたれてる私としては、とても真似できないことだ。
a0115762_17245972.jpg










私達の滞在中「よっちゃん2歳の誕生日」というビックイベントがあって
よっちゃんの大好きがいっぱいの誕生日パーティー
大好きなパパとママに、きっとその次に好きなアンパンマンの絵本や塗り絵、靴下。
a0115762_17402765.jpg










アキ君のお姉さん夫婦からは、かっこいいナイキのシューズとケーキ
ちゃっかり参加している私達からは風船
風船で喜んでくれるなんて、2歳ってかわいい
えっ喜んでるのは私達か。
a0115762_17431869.jpg










巻き寿司もアンパンマン
a0115762_17454074.jpg










a0115762_1901929.jpg









2歳の誕生日、その晩家の中は、初々しさと幸せと愛情でいっぱいになった。
この世に生まれてまだ、たったの2年。
アキ君夫婦を見ていて、子供達は両親からこんなにたくさんの愛情をそそがれて
成長してゆくんだなあ。
a0115762_191380.jpg









山口ではアキ君のお姉さん夫妻と一緒に緒に出かけたり、ご両親の家にも
泊めてもらったりと、家族ぐるみでとてもお世話になった。










にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。クリックお願いします!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2012-06-10 18:00 | 旅の道具 | Comments(0)
2012年 06月 08日

中国地方 ルート図

【これまで歩いた総距離数】 2,917km

【現在地】 山口県 下関市

【旅の行程】
山口県 小野田市 アキ君実家←(19㎞)←宇部市 チャリダーアキ君宅







今シーズンは4月23日に歩き始めて、今までになくガンガン進んでいる。

二人の、のんびりペースをよーく知っている友人たちからは
「今シーズンは違う」と何度も言われるし
私の母親は「ひょっとして走ってるの?」と言うくらい。

実際一日に歩く距離も伸びたんだけど、中国地方は寄り道をしないで
西へ西へと,まともな、いや真面目なルートを選んでいるのが大きい。
a0115762_1582855.jpg











フミさん命名 しまっとび海道ルート図
△マークはテントを張った場所
a0115762_15131993.jpg











にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。クリックお願いします!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2012-06-08 14:26 | Comments(1)
2012年 06月 02日

一人でこっそりと美味しいものを食べようとしてはいけない

【これまで歩いた総距離数】 2,898km

【現在地】 山口県 宇部市 チャリダーアキ君宅

【旅の行程】
山口県 宇部市 チャリダーアキ君宅←(30㎞)←防府市 佐波川 線路近く←(29㎞)
←新南陽市 永源山公園←(23㎞)←山口県 周南市 2号線沿い公園←(34㎞)
←大竹市 小瀬川の公園←(13㎞)←広島県 廿日市市 大野浦駅









前回のブログで札幌へ帰っていたことを書いたけれど、現在までの経過を
自分への教訓のためにも書いておこう。




広島県の廿日市市まで歩いたところで、そろそろ札幌へ向かわなければならない日にちが
近づいてきた。
旅の途中で移動するときの問題は大量の荷物とカート。
この荷物ごと飛行機で移動するのは無理だ。

今回は山口県に住む、チャリダーアキ君が高速道路を飛ばして3時間、私達の歩いた地点
廿日市市まで迎えに来てくれた。

札幌から帰ったら、またこの地点から歩くことになる。

軽自動車に荷物やカートを詰め込み、またすぐに高速で一緒にアキ君夫妻の家へ。
二人には、もうすぐ2歳になる子供がいて、共働きだ。
育児や家事で忙しい中、私達の到着再開を祝ってとっておきのワインとチーズを用意してくれた。
a0115762_15402187.jpg







とっておきのワインとは
私達4人共通の友人たっちゃんが、わざわざフランスくんだりからザックに詰め込み
お土産に持ってきたきたという、とっておきのワインだ。
あれから2年、特別なときのためにと大切に保管していたワイン。

1グラムでも荷物を少なくしたいバックパックの旅で、重くて割れやすいワインを土産に買ってくる
変人あ、ちがった食の達人たっちゃんの話で盛り上がる。
a0115762_1541283.jpg







チーズもたっちゃんのおすすめ、日本で買うことの出来る一番美味いチーズというだけあって
クリーミーでフレッシュだ。
そのたっちゃんは今、インドの近くのどこかの国に居るはず。
a0115762_1542280.jpg








今回札幌へは私一人だけ帰り、フミさんは留守番だ。
今話題の(もう話題じゃない?)ピーチでまずは福岡から関空へ
a0115762_14462048.jpg








スマホにて撮影
一瞬、話題の黒木メイサ?と思うくらい(それももう話題じゃないか)美しい客室乗務員の女性。
a0115762_15335467.jpg








機内はとてもきれいなんだけど、搭乗口や機内に乗り込むまでが、非常口みたいな
所を通ったり、空港内の端のさらに端まで歩いたりと、小さな子供と一緒だと大変かな。
けど往復ともほぼ満席で人気はあるようだ。
a0115762_14473110.jpg








つねに行動を共にするフミさんと、別行動はめずらしい。
関空では5時間の待ち時間があったんだけど、この5時間結構たのしみにしていた。

何度も利用している関空での食事は、ベンチでおにぎりとペットボトルに詰めた水が
二人の定番だけど、今回は一人。
いつものビンボー生活とはしばしおさらばしよう。
そうだ!空港で新刊の本でも買って、素敵なカフェでゆっくり読むか。

会社を辞めてからは、古本か図書館を利用するのがほとんどで、新しい本を買うことなど滅多にない。
2時間迷いに迷って、とっておきの一冊の新しい本の感触にウキウキ。

次はカフェだ。
空港内の飲食店を全部見て回る。
静かでコーヒーも美味しそうで、ランチのボリュームもほどほどな店。
値段?今日は値段なんて関係ないもんね~♪

ルンルン気分でカフェも決まったあたりから、私の計画が少しずつ狂い始める。


なんだかお腹がごろごろ、ちょっとダルいし、お腹空いてるはずなんだけど食欲がない。
あれ?熱?またか?
いつものビンボー生活ベンチでほんの少しだけ横になる。
フミさん元気にしてるかなあ・・・ビンボーベンチに座るとふと思い出す(失礼だな!)

2時間後・・・まずい!なんでベンチで寝てるんだ?爆睡じゃないか。
あれ残り30分?チェックインしてない!え?ピーチのチェックインどこ?別の建物?
何かお腹に入れないと!あー食欲ない。

結局コンビニで水とおにぎり購入。
ビンボーベンチでお腹に詰め込みギリギリセーフで搭乗。


札幌では母がフミさんも来ると思って大量のご馳走を作って待っていてくれ
デザートや果物やおやつも買いこんでくれていたのに、ほとんど口に出来ず
水のような下痢が続く。

そして友人の結婚式当日朝も微熱があり30分ごとにトイレへゆく始末。
このために札幌へ来たんだ、なんとかして行かねば。

急遽、車で結婚式場に向かうが、方向音痴の私が久しぶりの運転と、トイレ問題で
手に汗握る緊張が続く。

そしてやっと式場についたがまだ気は緩めない。
並んで待っている式場スタッフに駐車場の場所を確認してゆっくり移動
やったートイレも問題なくほっと一安心で車を停めようとバックすると・・・

「ギギギギーーー」
「・・・・・・」
「ギ・ギ・ギーって・・・」

大慌てで式場スタッフ数人が集まり、ヘコんで傷ついた2台の車に呆然としている。
永遠にも感じる沈黙の1分間。

「だ・大丈夫です。スタッフの車なので、そのままでお待ちください」

青い顔でやってきたスタッフ
式場の支配人ではないかーーーーー!

「やってしまったーー晴れの日に傷を・・・車にも傷を・・・」








この私が17年間も同じ会社で仕事が出来たのは、この新婦さんのおかげ。
私が入社した5年後に入社して以来ずっと経理で一緒に働いてきた。
5歳年下の後輩なんだけど、実質は私のお母さん?のような。
a0115762_16194527.jpg









小さな経理の事務所で、何年間も朝から晩までで仕事して、帰りも居酒屋行ってまた何時間も
話し込んで、家族よりも、お互いのパートナーと過ごした時間よりも
長い時間を過ごしてきたから式のときには感無量。
a0115762_16295964.jpg










下痢はその後一週間続き、病院で抗生物質の点滴を受けて、薬も飲んで治った。
どうやら腸に菌が入ったようだ。

そしてまた山口県に戻り、アキくんに車で送ってもらって、最終地点廿日市市から歩きを再開
5日間歩いて、現在地点のアキ君夫妻宅に到着。

あーなんて迷惑な人間なんだ。私。







にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。クリックお願いします!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」




    

by ayumiaruki | 2012-06-02 22:06 | Comments(4)