ただ歩いてゆく旅

ayumiaruki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2012年 08月 29日

てんねんさんの旅 合流初日

【これまで歩いた総距離数】 3,198km
【現在地】 大分県 由布市 湯平温泉
【旅の行程】
湯平温泉⇐(16km)⇐湯布院














雨の日の朝に私たちのテン場まで自作カートを押して来てくれた、てんねんさん
今日から6日間一緒に歩き、食べて、寝るのだ。

まずはカートをテント近くまで運び、一緒に朝ごはんを食べる。
てんねんさんは、この6日間の旅のため、仕事をなんとか終わらせ、カートを作り、
必要な旅道具を買い揃え、旅には欠かせない100円ショップにも何度も足を運んで
昨夜は緊張のあまり夜は寝ずに、朝5時発のJRで来たのだ。
a0115762_172345.jpg














朝食は昨日の残りごはんと納豆。
買ったばかりのコッヘルセットで初めて食べる。
a0115762_182567.jpg













張り切って来てくれたからには早速歩きたいとは思うのだけど、天気はあいにくの雨。
思い通りに予定がたてられないのが旅だ、仕方がない。

この日のために買ったテントを早速出したら、う~んレジャー用テントかあ・・・。
フライなんて当然なく、両横はメッシュになっている。
天気予報では6日間晴れのようだが、そんなのは何のあてにもならないことは
私も十分経験した。
ちょっと寝かせてもらったが、入った感じは開放感があって気持ちいい。
この後、強い雨が降らないことを祈るしかない。
a0115762_19161.jpg













てんねんさん、実はキャンプはもちろんテントで寝るのも初めてだ。
けれど、小さい頃から父の姿を見て育った職人。
まずはじっくり観察、それから臨機応変に近くにある枝やポンチョ、パッキングに使う紐を利用して
手際よく雨対策をしてゆく。
a0115762_1103475.jpg













このテントの構造ではどうしても雨が入り込むとみてテントのはしを折込み、布テープで目張りもする。
それも最初からそうなってるようにしか見えないくらい綺麗な仕上がり、職人魂だ。
a0115762_1165611.jpg














「あけびの里」のバーベキュースペースでテントを張らせてもらったのだが
水、トイレが自由に使えて、露天風呂まであることなどめったにない贅沢。
だが、てんねんさんはまだこの素晴らしさが分からないだろう。

でも3日後にはイヤというほど理解してしまうことになるのだ。
ふっふっふ・・・・。かわいそうなてんねんさん。
a0115762_1215143.jpg















今回の旅で、必要なものは?というメールがあって、私たちはまあ、ありきたりの
服が4枚、食器セット、マグ、みたいな返事だったんだけど、用意周到で常に段取りを怠らない
てんねんさんは、ちゃんとカートの修理道具、粘着テープ、結束バンド、ハサミなどを用意していた。
どれも、ほかのものでは代用できない大切なものだ。

初日にJRの駅から合流地点まで歩いた感触で、このカートではもたないと判断し、雨で停滞
となった自由行動時間には、ホームセンターに行ってパンクしない台車を購入。
すぐにカートを作り直していた。


初期のカート
市販の手押しのカートと、子供用キックボードの前輪を利用した3輪カート
この状態でも十分すごいのだが、今回の旅の行程ではもたなかっただろう。
そうする予定ではなかったんだけど結果的に、かなりハードな行程になってしまったのだから。
a0115762_1175227.jpg












台車購入後
台車の4輪とキックボードの前輪を利用した5輪カートになった。
背中部分には、てんねんさんが歩きの旅をイメージして、途中で頻繁に使うであろうと
予測したグッズが揃っている。
カメラ、飲み物、修理道具、タオル、洗顔フォーム、ボディー用ウェットティッシュ、蚊よけのベープ
行動食、キッチンペーパーなどなど。

それも旅をすすめるうちに、どんどん少なくなってゆく。
最終的に、この3つだけあれば大丈夫という結論になった。
私たちのカートもほぼそうなっている。
さてそれは何でしょう?
a0115762_119599.jpg










これは大丈夫そうと思った私たちだったけど実はてんねんさん、旅にはあまりにも向いていない
生活習慣の持ち主だった。

その話を聞けば聞くほど、よくこんな旅に参加する決心がついたと驚く。
これからの6日間、てんねんさんには辛く、過酷な試練が待ち受けているのだ。










にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。クリックお願いします!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2012-08-29 15:32 | Comments(2)
2012年 08月 23日

歩き人が3人になる?

【これまで歩いた総距離数】 3,198km
【現在地】 大分県 由布市 湯平温泉
【旅の行程】
湯平温泉⇐(16km)⇐湯布院









元気になって、志高湖を出発。
ここから由布院への道がまた涼しくて気持ちがいい。
風は程よく冷たくてもう秋?と思うくらい。
a0115762_20575469.jpg










湯布院を見下ろしながら歩く
a0115762_2122413.jpg










a0115762_2134763.jpg










快適なルートを快適な気候で歩くときは
まあこんな気分だ
a0115762_20594836.jpg










しかーしそんな気分も長くは続かない
気分よく山道を歩いてると、突然の雨
通り雨だろうと思ったら、段々と激しくなってきた。
こうなったら止むまで待つしかない。

お腹も空いたし、昨日の晩に茹でておいたイモに塩をかけて食べた。
これは最近二人とも、ちょっと気に入っている。
a0115762_2165240.jpg










雨も落ち着いたし湯布院まで下って、豊後高田の河野さんに紹介してもらった
「原っぱカフェ」に立ち寄った。
普段お店には入らないので久しぶりの外食に気分も盛り上がる。
コーヒーやケーキをサービスして頂き、ランチもグレードアップしてくれて、おかずが沢山
凄く美味しい!

a0115762_21114754.jpg





オーナーがテントを張れる場所を案内してくれるというのでついて行くと
なんと実家は、食事や宿泊、露天風呂などをしていて、そこのバーベキューコーナーに
テントを張っていいとのこと。
露天風呂も何度も入って、こんな快適なテント場はまずない。









と、そこに・・・・。

「こんにちは~」

雨の中、テン場に来てくれたのは、てんねんさんじゃあないですか
何やら後ろに気になる物体。
a0115762_1041345.jpg









ジャジャーン!
てんねんさん手作り三輪カート
ピンクの三輪車のハンドルも利用したところがチャームポイント。

ふみさんが風邪でダウンしたときにトラックを借りてまで迎えに来てくれた、てんねんさん
なーんと私たちはこれから数日間、3人の歩き旅をするのです。
さてさて、キャンプ初めてのてんねんさんとの旅、いったいどうなるんでしょう?
a0115762_1010520.jpg














にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。クリックお願いします!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2012-08-23 10:28 | Comments(2)
2012年 08月 21日

志高湖で生き返る

【これまで歩いた総距離数】 3,143km
【現在地】 大分県由布市湯布院町
【旅の行程】
湯布院⇐(14㎞)⇐志高湖キャンプ場⇐(14㎞)⇐大分県 別府市











別府温泉では海岸沿いの公園にテントを張った
昼間は結構暑い
ここへ来る途中に声をかけてくれた、韓国から旅行で来ているハンさんに
また偶然出会い、ハンさんのカタコトの日本語で盛り上がる。
ハンさんが、スイカをまるまる一個買って持ってきてくれたので
一緒に食べた。
a0115762_17104953.jpg









翌朝、ハンさんのスカイの残りを食べて出発、志高湖へ向かう
今日のルートは志高湖までずっと上り坂だ。
またしても無風で暑い中、想像以上にキツイ登りだった。
途中にある温泉の駐車場で昼ごはんの準備をしていたら、車で来ていた
お客さんに、食べなかったからどうぞと、差し入れを頂いた。
なんとまたスイカだ。
暑くて喉も乾いていたから、何個食べても美味しい。
a0115762_1716322.jpg









温泉でスッキリするものの、また歩くと温泉に入る前より汗でびしょびしょだ。
それでも歩き、のぼり続けると高度が高くなってきたからか少しずつ風が出てきて涼しくなってきた。
こういう変化を肌で感じられるのが歩き旅の嬉しいところでもある。
やっとこキャンプ場に着き、奥まった大きな木の陰にテントを張る。
a0115762_17213833.jpg










志高湖キャンプ場は広々としていて、日陰だとかなり涼しい。
料金も車なしだと1人310円と安い。うん気に入った。
a0115762_22104529.jpg










湖の周りをぐるりと散策できて、早朝はとても気持ちがいい。
実はここに来る予定はまったくなかったのだが、おっさんバイカーさんから
フミさんのブログに
「湯布院への坂道はかなり急だから、途中の志高湖にあるキャンプ場によってみては?」
というコメントがあり、寄ることになったのだ。
地元の人にしか分からないアドバイスは適格だ。
a0115762_22144231.jpg










すっかり気に入ってしまい、延長して4泊もした。
涼しいと、行動力も湧きあがる。
洗濯して、カートの修理もして、手紙なんか書いたり、良い時間をすごせた。
ここ数日の疲れもすっかりとれて、コーヒーを飲みながらくつろぐ。
a0115762_22222768.jpg










初めて見る虫
背中の色がキレイで、いつも体のどこかにくっついていた。
a0115762_2226569.jpg










朝晩はちょっと寒いくらいで、ここ数日見るのもうんざりだった寝袋が久しぶりに登場。
a0115762_22293243.jpg










私がこの旅を始めた思い出の出発地、長野県のゆかりさんが、大分市に住む
友達のみきこさんを紹介してくれ、沢山の差し入れを持ってキャンプ場に会いに来てくれた。
ゆかりさんが私達にと送ってくれた、梅干しや梅酢、なども。
a0115762_22342738.jpg










キャンプ場に泊るのは、奈良県以来だ。
こそこそせずに正々堂々とテントを張れて、炊事場を使えるのが嬉しい。
なのについ、トイレで食器を洗おうとしてしまった。
習慣というのは恐ろしいものだ。

ゆっくり出来るのはいいけど、徒歩だと温泉や買い出しが出来ないのが難点。
みきこさんが、車で温泉、買い出しに連れて行ってくれたから4泊ゆっくりできたのだ。
元気になったし、また歩くぞー。
a0115762_22391413.jpg














にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。クリックお願いします!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2012-08-21 17:26 | Comments(3)
2012年 08月 18日

滝の汗

【これまで歩いた総距離数】 3,143km
【現在地】 大分県別府市
【旅の行程】
大分県 別府市⇐(11㎞)⇐日出町⇐(14㎞)⇐大分県 杵築市










暑い、暑い、暑すぎてもうなにもかもどうでもよくなってくる。

暑くて、曇ってて、湿度が高く、風もない日にダラダラした上り坂を歩く

こんなの汗かくに決まってる

歩き人フミでさえ、この日は日本縦断中で最も汗をかいた日になった。
a0115762_0294010.jpg









さらに私は前から恐れていた8月の生理日とぴったりかさなり
しかも!!!よりによって二日目。

8月の九州、蒸し暑い日の坂道、生理二日目

もう、こうなったらどうにでもなれってなもんだ。

水は飲んでも飲んでも足りなくて、汗がひじからぽたりぽたりと歩道に滴り落ちる。
顔から流れる汗は目にしみるて、顔はのぼせるが歩かないことには
終わらない。

フミさん撮影
a0115762_0262643.jpg












対処法は歩き続けるのみ。

フミさん撮影
a0115762_142256.jpg











雨で暑い日も最悪だ

テントの中に居たけど耐え切れず、少しでも涼しい場所を求めて
テント前室ギリギリまで出るフミさん。
背中は雨で濡れ、腰から上は汗で濡れ、結局全身濡れる。

テントの中に居た私は汗をかかないよう身動き一つせずにいたが
それでもエアマットの上に汗が溜まる。
もう無理耐えられないと思ったその時、スーーっと涼しい風が吹き付けて
ゴロゴロゴローーーっと雷が鳴り響いた。

心底助かったと思った。
自然にはかなわない。

a0115762_0265173.jpg













やはり朝早くに歩くのが一番だ
でもこういう天気の朝は、暑くなるんだよなあ
早く秋にならないかなあ。
a0115762_0281570.jpg












にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。クリックお願いします!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2012-08-18 15:09 | Comments(11)
2012年 08月 17日

河野家を出発

【これまで歩いた総距離数】 3,129km
【現在地】 大分県日出町
【旅の行程】
大分県 杵築市⇐(10㎞)⇐豊後高田市








河野家にお世話になってはや、数日
ソーラー充電器も改良をかさね、最終段階にはいりつつある。

私達も何かできればと、河野家でささやかなスライドショーをさせて頂く。
以前から気になっていた古い写真を入れ替えて、構成も変えたので
二日間そちらにかかりっきりになってしまった。
a0115762_22563076.jpg







河野さん宅ではゴーストライターの方や、経営コンサルタント会社の代表取締役で
なおかつ、ラジオのパーソナリティーの方など興味深い人達と出合う機会に恵まれたが
スライドショーの時にも、高校生の時にテレビで見たパリダカールラリーに憧れ続け
5年後にはアフリカへ行く人、養蜂場を受け継いだ若いご夫婦など楽しい話が聞けた。
はちみつを差し入れに頂いた。楽しみっ
a0115762_2324641.jpg









そして出発
近くでマーケットをしていて、奥さんも絵本の朗読コーナーを担当しているので
河野さん、はる君とそこまで一緒に歩くことに

a0115762_23143825.jpg









はる君
a0115762_23244327.jpg









マーケットでは即席ディジュリドゥー演奏をすることに。
なんとなく、ゆるゆるのほのぼのマーケットでのんび~りしてしまう。
けど出店されてる一品一品は質のいいものだったりする。
試食した韃靼そばプリンが美味だった。
a0115762_2327298.jpg








しゃがんでいるのは、前日夜に奥さんと一緒にヨガをしに行った時の先生。

奥さんは、私達が来る前からお客さんが泊っていたのに、さらに私達も加わって
食事の支度や家事でとても大変だったと思う。
実はこの日の朝も、フミさんが河野家の犬2匹を逃がしてしまい、出店準備で忙しい奥さんが
車で探し回ることになってしまった。

出発の日に、地元のそうめん、蕎麦や、クッキー、せんべい、乾燥スープにゆずこしょうなど、
旅で重宝する食料セットをプレゼントしてくれ、私達の旅での食生活を聞いて、密かに
準備してくれていたんだなあと、とても嬉しかった。
a0115762_2335373.jpg









河野家の自然素材で手作りの食生活だと、マクドナルドで昼食は考えられないのだが、あの時は
なぜか、ふとマクドに行こうということになったそうだ。
偶然といえば偶然なのだが、そうは思えないような気もする。
この旅で出会って、今でも深く関わっている人たちとは、なぜかふと気が変わって
出かけてみたらとか、いつもは見ないテレビを点けてみたら、とかあまりにも多いのだ。

お世話になった河野家と最後の記念撮影
河野さん、奥さんありがとう。
a0115762_2348714.jpg










にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。クリックお願いします!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2012-08-17 21:27 | Comments(2)
2012年 08月 16日

さらにカートがパワーアップ

【これまで歩いた総距離数】 3,119km
【現在地】 豊後高田市(ぶんごたかだし)
【旅の行程】
豊後高田市⇐(32㎞)⇐中津市









河野夫妻は、原発問題でこの地域に移住してきた人たちの居住や、仕事の支援活動も
していて、私達が訪れた日にも、同じ活動をしている人達が数日泊り、朝から夜遅くまで
議論を交わしたり、情報交換したりしていた。
「支援活動」と、言葉で書いてしまうと簡単だけど、実際目にした数日間だけでも
大変なことだなと思ったが、お二人は「自分たちは場所を提供しているだけ」
といって笑う。
a0115762_18524236.jpg











私達は改装して間もない2階を使わせてもらった。
築100年以上の家は、梁がしっかりしている。
a0115762_20294058.jpg










a0115762_2244574.jpg











河野さんは、ソーラーの取り付けだけではなく、カートの改良もしてくれた。
最近右に曲がるようになっていた私のカートを一部分解し、ホームセンターに部品を
買いに行って調整。
ブレーキレバーの位置の変更。河野さんの家にあったカゴをカートに取り付ける、などなど。
a0115762_20344239.jpg










驚くのは、その集中力と根気強さ。
「いやあこういうの好きだから」と言って、一度始めると炎天下でも、寝不足でも
納得いくまでし続ける。
a0115762_20391938.jpg










黙々と作業する河野さん。
a0115762_2040052.jpg









a0115762_22471425.jpg











パワーアップしたカート。
このカートは旅を始めてから二代目のもので、初代カートには
静岡でヒロ君が自転車のブレーキを取り付けてくれ
奈良ではとりやんが、荷物補強のスチールを付けてくれた。

ブレーキもスチールも、二代目のこのカートで引き継いで使っていて
スチールの方は、とりやんにお願いして奈良まで送り、新しいカートのサイズに合わせて
修理し、また私達のところへ送ってくれた物だ。
とても思い入れがある。

そして今回、新たに2ヶ所カゴが取り付けられた。
自分たちでは思いつきもしない方法で、出会った人達に改良してもらっている
ありがたいカートだ。
a0115762_2145861.jpg











フミさんのカートにはソーラー、そしておそろいのカゴも
a0115762_2136377.jpg







パワーアップしたカートで歩くぞー。






にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。クリックお願いします!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2012-08-16 13:59 | Comments(6)
2012年 08月 14日

充電問題

【これまで歩いた総距離数】 3,119km
【現在地】 豊後高田市(ぶんごたかだし)
【旅の行程】
豊後高田市⇐(32㎞)⇐中津市








中津市からは目指す目的地が決まっていた。
3か月前、広島県を歩いている時に声を掛けてくれた、豊後高田市の河野さん一家の家だ。

そのとき、いつものように100円コーヒーで粘りながらマクドナルドで充電していた。
私たちはマクドナルドが好きなわけじゃない。
特にフミさんはアンチマクドと言ってもいいくらいだが、いつも「背に腹は代えられぬ」
と言って店に入り、密かに「マクド様と呼んでいる」。

徒歩の旅で、比較的に充電出来るのは新しい独立型店舗のマクドくらいで、パソコンを
使えるテーブルがちゃんとあって、各コーナーにコンセントがある。

充電しやすいマクドとはいっても、目立つカートを駐輪場に留めただけで店員さんの
目を引くのに、大きなザックやカメラ、パソコンを抱え、汗だくのTシャツ短パン姿で店内に入ると
店内のお客さんもなんとなく見て見ぬふりになる。
そんな二人が100円コーヒーで長々と粘るのは気が引けるものだ。
午前中から居座り、お昼も過ぎて家族連れで込み合ってきた頃、店の奥から出てきた
店長さんらしき人物に声を掛けられた。

「まことに申し訳ありませんが、店内が混雑してきたので、テーブルを空けて
頂けないでしょうか」

他の店員さんも見ているし、回りのお客さんも、子供もじっと見ている。
私たちは「す、すみませんっ」と荷物を抱え、逃げるようにしてマクドを出た。
早くここから立ち去りたい。二人とも無言でパッキングする。

そんな時、駐車場で声をかけてくれたのが、たまたま旅行で広島県に来ていた
河野さん一家だった。
この時のことはよーく覚えてる。すっかりしょげてたのが(小心者なので)たった一声かけて
くれただけで、気持ちがパッと切り替えられたのだ。
ちょっと立ち話をして名刺交換して別れた。

後日、河野さんから
「もしかして、マクドナルドに居たのはパソコンの充電のためですか?もしそうなら
PCの充電用に小型太陽光パネルをプレゼントしたいと思います。よろしければ連絡ください」

というありがたい連絡を頂き、それから3か月たってやっと近くまでやってきたのだ。










河野さん夫妻
到着した日、河野さん宅では原発移住者の対談をネット中継していて
夕方からは懇親会もあり、河野さんがピザを焼いて腕をふるっていた。
ピザの前にあるのが、ピザ焼き器
a0115762_18151528.jpg











小型太陽光パネルの機能や仕組みについて説明してくれる河野さん
ソーラーでバッテリーに蓄電し、そこからパソコンやスマホに充電できる。
これは河野さんの本職ではなく、まだ趣味の段階とのことだが知識が豊富だ。

今回は我々の旅に合わせて、試験的にカスタマイズするので
カートのバランス、機材の取り付け場所、歩きながらも充電するのか、雨の日も歩くのかなど
事前の念入りな打ち合わせが重要になってくる。
a0115762_18251969.jpg












太陽光パネル、バッテリー、インバーター、チャージコントローラー
他はホームセンターで買ったボックスや100円ショップのまな板など。
a0115762_18365391.jpg











そして製作
フミさんが河野さんの製作工程を動画で編集したので、こちらでどうぞ。
















にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。クリックお願いします!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2012-08-14 18:11 | Comments(4)
2012年 08月 10日

クモが嫌い

【これまで歩いた総距離数】 3,087km
【現在地】 豊後高田市(ぶんごたかだし)
【旅の行程】
中津市⇐(16㎞)⇐豊前市⇐(22㎞)⇐行橋市⇐(26㎞)⇐田川市⇐(15㎞)⇐直方市






何が嫌いって、クモが嫌い。

奴は、意表をついて現れるし、毎日歩く歩道にも蜘蛛の巣を張って待ち構えてる

小さいのは、風に乗って飛んでくる。

公衆トイレの隅には、黒くて足の速いのがうろついてる。

古民家には、家グモという、見た目もグロテスクで、デカイ奴が住んでいて
ゴキブリや蚊を食べるからと、重宝されたりしてる。

けしからんっ。




こいつは、テントを張ってすぐなのに、へばりついてた。
フミさんが棒に引っ掛けて、遠くへ、遠くへ連れて行ってくれたんだけど
a0115762_0572883.jpg








朝にはまた別の奴が現れて、蜘蛛の巣を張ってる
しかも私の寝てる側の網に!

それとも、奴が遠くからこのテント目指して舞い戻って来たのか?
いや違う。
こいつは足を1本無くして、一本は欠けてるようだ。
それとも、ここへ戻ってくる長い旅の途中で無くしてしまったのか。
a0115762_0462275.jpg








札幌じゃあ見かけたこともないけど、本州ではポピュラーな
コガネグモかジョロウグモどっちだろ?
とにかく、毎日、毎日、毎日、必ず近くに居る。
a0115762_0464871.jpg









それに比べたら、カエルさんは可愛いもんだ。
このカエルは道路で車にひかれてしまったのか、血だらけで動けずにいた。
フミさんが軍手を履いてから、草むらに逃がしてあげる。
a0115762_0493110.jpg











にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。クリックお願いします!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2012-08-10 00:52 | Comments(0)
2012年 08月 06日

九州 人も虫も近い!

【これまで歩いた総距離数】 3,087km
【現在地】 豊後高田市(ぶんごたかだし)
【旅の行程】
中津市⇐(16㎞)⇐豊前市⇐(22㎞)⇐行橋市⇐(26㎞)⇐田川市⇐(15㎞)⇐直方市









お世話になった、てんねんさんの家を出発し歩きだした
私達の行動をよ~くわかっているてんねんさんは、私達のことだから出発しないかも?
も考慮して(だと思うんだけど)パッキングが全部終わったところで、仕事の合間に
お弁当や行動食、保存のきくラスクなどを買いに走ってくれ、差し入れしてくれた。
こまやかな心遣いに感謝でいっぱいだ。










6月7日に九州入りして、9日まで歩いたのが最後だから、結構な
ブランクがある。
あの頃は、蚊もいなくて涼しい歩き日和だったが、今は九州の8月
暑いは暑いが風が強くて、これならいけそうだ。
a0115762_8424378.jpg












てんねんさんの家から少し歩くと、広ーい田んぼの風景。
北海道育ちの私は、こんな風にひろ~い空間がたまらなく好きだ。
a0115762_8435990.jpg











てんねんさんが用意してくれた、お昼も行動食もあるから買い出しの心配もせずに
歩きたい道を楽しく歩けた。
景色が良くて、余裕があると自然に顔もほころぶ。
a0115762_8444052.jpg











a0115762_8525442.jpg











翌日は台風通過の予報もあったが、なんとか持ちこたえた。
この日も風が強く、向かい風でしょっちゅう帽子を飛ばされる。
トラックが通過するときは、帽子がブンッと一気に飛んで、その度に
首で止めてある帽子の紐が喉に食い込んで、ぐえええ~~と苦しい。
それでも暑いよりはずっといい。
怪しい雲行きの空。
a0115762_8534726.jpg










でも数分でからっと青い空に変わる。
広い大地に、広い空、風のせいか空気もカラッとして気持ちいい。
a0115762_854287.jpg












移動中にフミさんが何やらふんずけた。
a0115762_8554833.jpg










カエルの死骸はよく見るけれど、このサイズはなかなかない。
そうそう九州は人が親切で、気軽に声をかけてくれる。
南米かってくらい距離感が近いんだけど、虫の距離感も近い、サイズも大きい。
蚊はスパッツやシャツはもちろん厚手の靴下の上からでも平気で刺す。
てんねんさんの話では作業服の上からでも刺すらしい。
中でも、なんだか白っぽくてひょろ長いクセの悪い奴がいて、こいつがまた
痛いんだな。
私ももう、旅の初心者じゃないんだし、蚊の問題はクリアしたと思っていたら、ここにきて、ツワモノたちに悩まされてる。
何よりも嫌いなクモのサイズも確実にアップしてるし。
こないだは、夜テントの前でご飯たべてたら、私の太腿の上をゴキブリが走り
回ってて、夜の神社だってのに「うぎゃーー」っと叫んでしまった。

フミさんは涼しい顔をして追い払ってくれたけど、翌日の公園では急に
頭がチクチクすると言って、慌てて帽子を投げだしたら、ムカデが出てきた。
夜に、靴に被せてた帽子だから、これからいっそう靴中チェックも怠らないようにしないと。

おっといけない、虫の話になるとついつい我を忘れて書いてしまう。
これじゃあ兄のブログと一緒だぞ。
a0115762_8564784.jpg












出発して3日目のテン場は、都市公園100選に選ばれた場所
(の近くのトイレと道路の間)
a0115762_903791.jpg













フミさんは風邪から回復したけど、まだ本調子じゃないのか昼食後パタリと
眠ってしまった。
目の前には大きな池があって、風通しもよく涼しい。
近くの子供達が釣り竿もって自転車で駆け巡る。
a0115762_911184.jpg







この1時間後、このテン場は移動することになったが、公園管理のおじさんが
あっちなら水もあるし、静かだよと詳しく教えてくれた。
心配してか、軽トラックで何度も見に来てくれる。
翌朝も公園を歩く私達を見つけて声をかけてくれて、事務所でサイダーやコーヒーを
ご馳走になった。
やっぱり近い。







にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。クリックお願いします!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2012-08-06 07:50 | Comments(10)
2012年 08月 04日

九州のてんねんさん その2

【これまで歩いた総距離数】 3,008km
【現在地】 福岡県直方市(のおがたし)
【旅の行程】
福岡県直方市⇐(13km)⇐中間市









てんねんさんの家で療養させてもらい、フミさんも日に日に元気になってきた。
涼しい部屋で、お風呂に入れる所を探したり、買い出しの心配をせずに
ゆっくり休めるのはありがたいことだ。









私たちが泊まれるようにと、用意してくれた娘さんのピアノ部屋で
くつろぐフミさん。
a0115762_16112018.jpg











この日はフミさんの調子も良いので、歩いていない部分を埋めるため
てんねんさんの家から、前回歩いた最終地点まで12キロを歩くことにした。
私たちが寝ている間に、部屋のすぐ横にある事務所の応接室に朝食を
用意してくれてあった。
持ってゆくための麦茶を作ってあり、味噌汁を温められるようにガスコンロ
まで用意してくれてある。
おまけに、お弁当まで作ってくれてあった。
a0115762_16132731.jpg











いつものようにもたもたしている私たちは、早朝に出発するはずが
昼前になってしまった。
目的地に到着し、楽しみにしていたお弁当タイム!
な~んと!この彩り、かわいらしさ、塩分も適度に取れるようにと
配慮されたおかず。
しかも朝の忙しい短い時間で!
(フミさんスマホにて撮影)
a0115762_1614979.jpg











a0115762_16144584.jpg










九州の夏は、想像以上に暑い。
自宅となりで、鉄鋼の工作所を経営しているてんねんさんは、35度を超す
猛暑でも分厚い作業服で仕事する苛酷さを身を持って経験している。
だから、人が暑い中が食べたくなるおかず、どれだけあっても決して手を付けないおかずを知っているのだ。

お弁当は、いたまないように保冷剤をタオルで包んでさらにビニール袋に入れ
汗をかかないようにしたものと一緒に、保冷バックに入っていた。
a0115762_16154575.jpg











a0115762_16202518.jpg











最期の夜みんなで記念撮影。
眠ってしまったまーくんを起こさず、このままで撮ることに。
a0115762_1616205.jpg












夜は早く寝るけど、昼間は元気いっぱい。
こんなに小さくても、茶碗を洗ったり、掃除機をかけたり普段から
お手伝いしている。
姉弟3人とも、食器のしまい場所や、洗濯ものを干す場所、何を聞いても
ちゃんと知っている。
a0115762_16164758.jpg












今回フミさんの熱のことがあって、急遽迎えに来てもらい泊めてもらったが
てんねんさんは7月末は一番忙しい時期だったし、奥さんは看護師さんで
ちょうど夜勤続きの日だった、それなのに宴会の準備をして宴会の途中で
そのまま仕事に行くようなハードな日々になってしまったし、お嬢さんは
受験真っ最中。
そんな時期に快く迎え入れてくれた、てんねんさん一家には、想うところが
たくさんあった。















にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。クリックお願いします!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2012-08-04 15:55 | Comments(0)