<   2014年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2014年 06月 29日

梨山に着いたどー!

「やったー!もうボロボロだあ~!
あちこち痛いー!ホッとしたー!
そして大大満足だーーー!」
梨山に到着した時の感想。

4日間かけて標高2565mまで登った。翌日は30㎞歩いてひたすら下り第一目標の集落、梨山に着いた。
到着した日は二人とも疲れきっていたけど、標高2000mの梨山は涼しくて、からっと爽やかだ。
あ~こんな爽やかな風は何ヵ月ぶりだろう。
少なくても、台湾に来てからは一度もない。
一日休養して昨日とは別人のように元気になった。
まだ足や腿は痛いけど疲労感はない。

明日からまた下りと登りが続く。
キツいけど楽しい。

標高2150m地点のテン場。観光で来ていたご夫婦に6リットルの水を頂いた。
この山越えでも、たくさんの人に親切にしてもらっている。
a0115762_20114655.jpg


スマホにて更新。
二人とも元気です。コメント返信もう少し待ってくださいね。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

にほんブログ村ブログランキングに参加してます。ここをクリックするとポイントになるんです!押してね~。


一緒に歩いている歩き人ふみのブログ⇒「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

タスマニア島に住むフォトグラファーの兄のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」




by ayumiaruki | 2014-06-29 19:10 | Comments(12)
2014年 06月 23日

最後のセブンイレブン

a0115762_16182767.jpg


タロコ入口の町、新城に昼過ぎに到着。近道をして町の中心地を避けて来たら、この辺りの店はもう閉まっていた。
最後の7-11で昼食。






a0115762_16564234.jpg

虫から逃れる為にも、7-11にテーブルがあって食事が出来るのは助かる。それでもかじる、にっくき小黒蚊。生け捕りは不可能なんで、叩き潰した4ひき。?蚊はひき?









a0115762_1625288.jpg

明日は、この谷間を進む。




スマホにて更新。
コメント返信もう少し待ってくださいね。

by ayumiaruki | 2014-06-23 15:18 | Comments(13)
2014年 06月 22日

いよいよ山越えだ


【台湾距離数】380㎞
【これまで歩いた総距離数】 5,640km

【現在地】台湾 花連県 花連市

【旅の行程】 台湾 花連県 花連市の宿→(5㎞)→呼吸民宿 










ついに台湾縦断の山場、太魯閣(タロコ)の山越えだ。
日本に居るときから、予定していたことだけど、実際ここに来て、この暑さの中リアカーを押して、目の前に壁のようにそびえる
山々を目にすると、ホントに行けるのか?と怖気づくのと、緊張感と、これから自分が新しい何かに挑戦する前の静かな
興奮もある。


まず、台湾のことについてまた少し書きたい。
場所は去年の日本縦断の旅で歩いた最西端の与那国島からさらに南に南西に位置する。

a0115762_15381296.png











台湾の中央には3,000m級の山が100以上ある。
富士山が3,776m、これから越える山道の最高地点は2,600mくらいだろう。
私がそんな高いところをリアカー押して歩くのはもちろん初めてだし、フミさんが日本縦断の旅でカートを押して通過した
最高地点が、群馬県と長野県の間の渋峠で2,172m。日本の国道では最高所だ。

いま居る、花蓮からはこの山並みがほとんど見えない。山の壁が立ちはだかり、その山頂はいつも雲に隠れているのが
また不気味だ。

a0115762_15461840.jpg












標高差を色で表した地図。
私たちはここまで、ほとんど東側の海岸か谷を歩いてきた。このタロコ越えで西側の桃園という町に出る予定。
そこまで行けば、ゴールの台北まではあと少し。
台湾の旅、最後のひと踏ん張りで、最後の山場で、私にとっては8年間歩き続けた旅で、一番苦しい3週間になるのは間違いない。

a0115762_15463570.png














花蓮から桃園へのルート。台湾の山道は、崖崩れで何週間も通行止めになるということも珍しくないようなので
あくまで予定だけど、3週間以内で桃園まで出たいと考えてる。
この期間に大きな町はなく、食料や水の補給のことを考えると、あまりゆっくりは出来ないだろう。

大まかなポイントまでの予定

花蓮からタロコの入口の町
(新城)  1日、20㎞、標高0m
(合歓山) 5日間、83㎞、標高2,600m
(梨山)  2日間、30㎞、標高2,000m(一度下がりまた2,000mまで上る)
(南山)  2日間、45㎞、標高1,200m
(大同)  2日間、30㎞、標高400m
(巴陵)  2日間、39㎞、標高1,200mまで上がり、またm600まで下る。
(復興)  2日間、32、4㎞、標高400m。
(桃園)  2日間、29、5㎞、このあたりで平地になる。



a0115762_18381245.jpg













最初の5日間が勝負だ。5日間ひたすら上り続ける。
この地図は最初の4日間のルート。自転車やバイク乗りなら、このにぐにゃぐにゃした道を見ただけて想像出来るだろう。
こんなとこ上り続けるなんて、とんでもないわハッハッハーって、もう笑うしかないんだけど、この山越えで問題なのは店がない
ということ、だから優先順位は、安全確保、水と食料の補給、休息と睡眠、シャワーと洗濯なんて順位の最下位になるなあ・・・。

ちょっと待って!
スタート地点、ウーランピーから、花蓮まで380㎞を1ヶ月もかかってるのに
花蓮から山越えで桃園まで、309㎞を3週間で???無理なんじゃないの?とこのブログをまとめながら怖気づく。
上記の予定だと歩く日程で17日間、休みは4日間しかない・・・。



a0115762_23135555.jpg














でも私たちは、花蓮の呼吸民宿でゆっくり休んで、たくさん食べてすっかり元気になった。本当に感謝している。
出発する日の朝は、張保川さん家族がそろって見送りをしてくれた。ハグして、なんだか目がウルウルとしてしまう。
長かったし、ほんとに気を遣わずゆっくりさせてもらってどれだけ助かったことか、言葉にすると尚更ウルウルするのでグッとこらえる。
ご主人が、大きな台湾風おにぎりを作ってくれて、さらにバナナやお菓子の差し入れも頂いた。

a0115762_23131888.jpg












家を出てから、米、ビスケット、ガス缶、ティッシュ、生理用品などの買い出し。
フミさんの同級生小川さんの会社の人が、日本の無添加石けんや、レトルトカレー、菓子、粉末味噌汁などなどのお土産を
買ってきてくれていたから、買い出しも少しですんだ。

a0115762_23133874.jpg















どうも元気がなくてとボヤいたら、コピーライターの同級生、しんちゃんからこんな応援ポスターが届いた。
ほんとこの旅はみんなに支えられて、続けられていると思う。
あとは歩くだけだ、さあやるぞーー!!

a0115762_22285888.jpg



ということで、多分ブログの更新が途絶えます。電波の繋がるところがあったら速報だけでもお届けしますよー。




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

にほんブログ村ブログランキングに参加してます。ここをクリックするとポイントになるんです!押してね~。


一緒に歩いている歩き人ふみのブログ⇒「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

タスマニア島に住むフォトグラファーの兄のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」




by ayumiaruki | 2014-06-22 19:32 | Comments(10)
2014年 06月 20日

呼吸民宿で深呼吸


【台湾距離数】380㎞
【これまで歩いた総距離数】 5,640km

【現在地】台湾 花連県 花連市

【旅の行程】 台湾 花連県 花連市の宿→(5㎞)→呼吸民宿 












私は札幌生まれのほぼ、札幌育ち。

田舎の生活は良いよね~とか言いながら、洗練された都会の生活にほっとするところがある。

台湾の食べ物どこで食べても美味しいんだけど、せっかくの都会だからここでしか味わえない店の雰囲気と

味を楽しもう。

ここは、餃子専門店なんだけど、麺も海苔がかかっていたり、深みのある味付けでひと工夫されている。

そして、例えばテーブルがベトベトしてないとか、椅子が座りやすくてガタガタしないとか、クーラーが入ってるとか

そいういうのが久しぶりだなあって思えてしまう。

a0115762_21543415.jpg
















台湾のメニューで、スープのない麺は多い。
そして、こういう料理に入っているパクチーがたまらなく料理に合っている。すっかりパクチー中毒になってしまった。

a0115762_21135246.jpg

















同じ餃子でも色々な食べ方がある。これも餃子

a0115762_21143765.jpg

















こっちはスープの餃子。ネギとセロリとニンニクの黄金コンビがたまらない。

a0115762_21145649.jpg
















餃子はもちろん手作り。
店頭で作りながら売っている。日本だったら許されないとこなんだろうけど効率的だ。

a0115762_21141242.jpg

















こんな感じの店、清潔感がある。

a0115762_19185652.jpg

















サブメニューも充実。山菜や海藻、豆腐とか冷たい惣菜が多くてこれらは薄味なのが多い。

a0115762_21552192.jpg

















次は台湾風ファストフードとでもいうのかな。パンやサンドイッチの店。

朝5時くらいに店が開いて、昼の1時くらいには閉まる。

a0115762_21572870.jpg
















台湾のサンドイッチがこんなに美味しいとはビックリ。

ハンバーガーも色々入っていてボリューム万点。奥に見えるサンドが私のお気に入り。

サクサクとした食感のパンに、ベーコン、トマト、ソース、数種類の野菜。

どれもその店で作るから、ファストフードって感じじゃなくって、お母さんの手作りサンドと言うのかな

これをミルクティーと一緒に食べるのが病みつきだ。

a0115762_22053362.jpg
















台湾と言えば小龍包と思っていたけど、なかなか食べるチャンスがなかった。ここまで来たら美味しい店で

食べようと、花蓮の有名店を調べて食べに行ってみた。

激混みで、持ち帰りの人の行列に圧倒される。

a0115762_22062174.jpg















店の中も、外のテーブルも、すし詰め状態。

ふらっと店に入った人は怒られてるし、店の人も忙しくて殺気立ってるし、どうしよう。20分くらい様子を見て

この店のシステムを理解する。こういう店は、カバンとか膝のうえに乗せたまま食べるとろこが多い。

サッと食べてサッと出てゆく。ビールも置いていない。

a0115762_22072896.jpg

















なんとか店に入って、もじもじしてたら、隣のテーブルの家族が注文方法を教えてくれる。

小龍包と蒸し餃子こんなに上手いの食べたことないわ~~一口食べてノックアウト。

ニンニクがかなり効いてて、肉汁がどわあ~と染み出てくる。
1つのセイロに10個入っていて、蒸し餃子と小龍包合わせて日本円で280円安い!
いくら台湾でも安すぎる。安すぎの上手過ぎだ!
お店は、この値段を維持するために頑張っていると表彰されていた。

a0115762_22075496.jpg















小龍包。こんな写真とか撮ってたらひんしゅくなんだけど、椅子に座ってから店を出るまで10分くらい

じゃなかったかなあ。

徳島の家に来てくれて「少ないけどこれで小龍包でも食べて、共食いして来て下さい」とお餞別をくれた西尾さ~ん

美味しかったですよ~。

髪が伸びて、共食いじゃなくなったけど。

a0115762_22084396.jpg















そんなこんなで、過ごしていた花蓮市。

ある日、フェイスブックにこんなコメントが届いた。

「私達は花蓮市で民宿をしています。私達は貴方たちを歓迎します。無料で泊まれます。いつでも来て下さい」

宣静さんのお友達で、呼吸民宿をしている張保川さんだった。

数日後に民宿に訪ねた。ちょど友達の頼さん家族が泊まっているときで、私達も一緒に夕食を頂く。

a0115762_22091010.jpg















夕食後は、頼さん家族の案内で近くのお寺を見に行った。

a0115762_22101134.jpg















お寺と言っても、敷地は広く何階にも分かれていて、その階ごとに踊っていたり、祈っていたり、神と交信していたり

する。黄色い服装の人はお寺で生活している人。

まるで、ブルースリーの映画「死亡遊戯」みたいだった。

a0115762_22103930.jpg















たくさんの神が居る。

a0115762_22110394.jpg

















息子さんの佑君が、ほとんど英語で案内してくれたんだけど、とても18才とは思えない社交的な少年だ。

私達の山越えを案じて、お守りをプレゼントしてくれ一緒にお参りしてくれた。

a0115762_22113876.jpg















最後にジュース屋さんで、ジュースをご馳走してもらった。

台湾を代表する、西瓜ジュースとパパイヤミルク。

頼さん家族はすっごく仲良しで、めちゃめちゃ明るい。今年は家族で日本の富士山に挑戦する予定のようだ。

またどこかで会えるといいなあ。

a0115762_22121215.jpg















部屋に戻ってソファーで寛ぐ。

あ~なんか自分の部屋みたいだなあ。

a0115762_22130190.jpg















こちらが、張保川夫妻。

民宿は人気があってお客さんもたくさん居るし、2日くらいでまたホテルに戻ることにした。張保川夫妻に話すと
「山越えに出発するまで居ても構わないし、もしここを出たいなら、あなたたちを歓迎する友達の民宿を紹介するから、そこへ移動しても構わない。でも私たちは、本当にいつまで居ても大丈夫だし、出て行って欲しいときは
ちゃんと話します。ゆっくりして」と言ってくれた。

呼吸民宿

a0115762_22142789.jpg















まだ5日くらい花蓮に居る予定だったから、どうしようか考えて結局お世話になることになった。

「コレクションは新しい」から始まった親切が、宣静さんの親切、そして張保川夫妻にもこうしてお世話になっている。

私達は世界の為でも子供達の為でもなく、自分の好きで勝手にしていることなのに、こんな風に親切にしてもらって

本当に良いんだろうか。

そして自分に置き換えたときに、フェイスブックで見ただけでさっき会ったばかりの人に、ここまで出来るだろうか。

この旅をしていて、多く人に出会ったけれど、こんなスケールの大きい人から受ける影響は大きい。

a0115762_22145810.jpg















民宿には朝食が付いている。

あまりにもお世話になっている罪悪感もあってか、朝食はいいですよ。と中途半端な遠慮をしたのだけど

(ホント中途半端な遠慮だよなあ、今さらだよなあ)

何を言ってるの、ちゃんと食べなさい。

で、毎日こんな素晴らしい朝食をご馳走になっている。

果物は毎日数種類入っている。そして種類が変わる。果物市場が近くにあるのもあって、これだけでもゴージャス。

a0115762_22151961.jpg















せめて何かはしたかったんで、朝食の時間に合わせて短いスライドショーをしてみた。 

a0115762_22154264.jpg















毎日、近くのマクドナルドでブログの更新、山越えのルート、食料補給地点、距離の確認をしたりしている。

昼の11時来て、交代でパソコンを使って、夜の7時くらいに店を出る生活だ。

たまには観光をして気分転換しよう。張保川夫妻お勧めのフルーツマーケット。

野菜もたくさんある。

a0115762_22160451.jpg















フルーツはもちろん。

a0115762_22163157.jpg















こんな野菜まで!これは冬瓜。

買った人は、包丁じゃなくって斧で切らないとダメだな。

a0115762_22172124.jpg















花蓮市に来てから1週間、フミさんの高校の同級生、小川さんが台湾の出張の合間を縫って会いに来てくれた。

高校の同級生と台湾で会えるというのは、なかなか素敵だなあ。

a0115762_18163677.jpg















そして今日、張保川さんの娘さんの学校でスライドショーをさせてもらった。

a0115762_18170377.jpg















少人数だけど、アートや音楽に力を入れている名門小学校だ。

張保川さんから頂いた話しで、こうしてまた何かが出来る機会をくれたことにとても感謝している。

今回はこんなにたくさんの子供達が。

日本後を話せる先生が通訳してくれた。たった1年勉強しただけなのに、日常会話には問題ないレベルで話せる。

今は韓国語を勉強中なのだそう。

a0115762_18172807.jpg















スライドショーの後、お疲れ様と言って、張保川夫妻が日本食をご馳走してくた。

メニューに書き込む夫妻。

a0115762_18175038.jpg















台湾風のお寿司と味噌汁、焼きさんま、茶碗蒸し、刺身、などなど久しぶりの日本の味だった。

こちらがお世話になっているのになあ。

a0115762_18181539.jpg















呼吸民宿は花蓮市のすぐ近くの町にあって、5階建ての綺麗な建物だ。

緑があって、猫の似合う民宿。

a0115762_22175218.jpg















私は花蓮に着いて気が抜けたのか、なんだか疲れてた。肉体的な疲れは数日休めば復活するけど、どうもヤル気が

出ないというか、ホームシックでもないし。

台湾に着いてから、猛ダッシュで毎日お祭り騒ぎだったのが、食べ物や気候や環境にも慣れてきて、ちょとここで

息抜きが必要だったのかも知れない。

フミさんも疲れが溜まっていたから、花蓮でこうして数日間、心から休めたことが凄くありがたい。

a0115762_22181314.jpg







にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

にほんブログ村ブログランキングに参加してます。ここをクリックすると、ランキングのポイントになるんです!
今日は面白かったなあと思ったら、ポチっと押してね。
スマホからだと、ポイントにはならないので、パソコンで押してくださいね~。


一緒に歩いている歩き人ふみのブログ⇒「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

タスマニア島に住むフォトグラファーの兄のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」




by ayumiaruki | 2014-06-20 22:03 | Comments(12)
2014年 06月 19日

コレクションは新しい


【台湾距離数】375㎞
【これまで歩いた総距離数】 5,602km

【現在地】台湾 花連県 花連市

【旅の行程】 台湾 花連県 林営國小→(8㎞)→寿豊郷 宣静さんの民宿→(25㎞)→花連県 花連市の宿 








台湾では、歩いてて面白い日本語を見かける。多分翻訳ソフトで訳したそのままなんだと思うんだけど

フミさんはそれを笑いのネタにしつつ結構気に入ってて、よく写真に撮ってる。

今日のネタはこれ「集鮮」その訳は、「コレクションは新しい」

私     「またそうやってバカにしてる」

フミさん  「バカにしてないよ、好きな人がいるんだって、フクさんとかさ」

そんな会話をしながら通り過ぎ、途中のネットが使えるファミリーマートに立ち寄った。

目的の町はまだ先だったけど、どうも体がだるい。今日はここに腰を落ち着けてネットをしよう。

そうこうしてたら人がたくさん入って来て、さすがに悪いから店を出た。昼ご飯を食べてると雨も降ってきて

ファミリーマートは混雑したままだ。夕方までまだまだある、どうしようか。

a0115762_14142518.jpg















そう言えばさっき写真撮った店、もう開いてるかも?

ほとんど仕方なく入ったんだけど、店のお兄ちゃんは忙しく動きながらも気さくな雰囲気だ。

a0115762_14144606.jpg















お店にオーダーが入ると、飲み物を作る度にちょこっとコップに入れて、私達に味見をさせてくれる。

それを飲み干すと、また新しいのを入れてくれるから、最初に頼んだ飲みものにほとんど手を付けていない。

a0115762_14150901.jpg















ここにもやっぱり黒小虫が居て、足を叩いたりしてると予防の薬と、刺された後に塗る薬を出してくれて

こうやって塗るんだよ、と教えてくれるのだ。

テレビを日本の番組にしてくれたり、英語も日本語も話せないから全部ジェスチャーだけなんだけど

この頃にはお互いの性格を把握してたと思う。

私達のリアカーは離れた場所にあったから、旅してることも知らないし話しかける分けじゃないんだけど

そろそろトイレに行こうかなあ~と思った頃に、トイレはこっちだよ、とか何かそんな感じの気さくで
気の利く人なのだ。

a0115762_14153266.jpg















しばらくすると、今度はスイカを出してくれた。ちゃんとタネを取ってくれてるところが彼らしい。

いやあ~そんな気を使わないで、でも美味しいよ~とこれまたジェスチャーで。

a0115762_14161150.jpg















私達がずっとパソコンしているものだから、今度は充電のコードを引っ張って来てくれて、それからWi-Fi

番号これだと書いてくれて、ほんと親切でフレンドリー。

フミさんもお返しに折り紙を折ったりして、フェイスブックのアドレスも交換。すっかり友達になった。

a0115762_14163653.jpg















飲み物を買いに来た一人の女性が、リアカーを見て私達に話しかけてくれた。

台湾を歩いていることを話すと「今夜はどこで泊まるの?私の家は民宿をしているから今晩は家に泊まったら?」

すかさず店のお兄ちゃんが「それがいい!それだそれだ」とジェスチャーしている。

学校に子供を迎えに行った帰りにまた、ここに来てくれることになった。

なんということでしょう。
今朝「コレクションは新しい」の写真を撮ってた時に、こんな展開が想像出来たでしょうか。

a0115762_14170595.jpg















女性の名前は宣静さん、店のお兄ちゃんとは子供の学校が一緒のようで、え?子供!

そうそう、お兄ちゃんには可愛い娘さんがいて、一緒に店で働いていた女性は奥さんだったのだ。

宣静さんの家に行くのに、店のお兄ちゃんと娘さんも一緒に家の前まで来てくれることになった。

a0115762_14173068.jpg















またしても予期せぬ展開。皆でぞろぞろと移動なんだか楽しいなあ。

a0115762_14183620.jpg















家に到着。お兄ちゃんじゃなかった、お父さんありがとーー。

そして、これが家?ちょっと待ってホントに?

a0115762_14191336.jpg















案内してくれた部屋。

なんか・・・・いいんだろうか。

a0115762_14193526.jpg















大きな窓から外の緑が美しい。

宣静さん家族は大都会の台北に暮らしていたけど、田舎の暮らしをしたくてここに移住して民宿をしているそうだ。

a0115762_14200634.jpg















庭が広いから見てきたら?と言われて出てみたら、なーーーーーーんと!!!遠くに見えるのが家。

a0115762_14202659.jpg















まだまだ広い。これは反対側の庭で敷地内には色々な動物がいる。

この日は曇りでよく見えないけど、正面には高い山並みが見える。周りには一件の家もない。

a0115762_14204938.jpg















で、池もある。これ公園じゃありません、家の庭です。

a0115762_20492937.jpg















カモの一種かなあ?

a0115762_14213676.jpg















子供達もこの広い庭で、子供らしく思いっきり遊んでる。

他のお母さんは怒るかも知れないけど、服を汚すのは洗えばいいことだから、大いに遊びなさいと言っているそうだ。

でもテレビはあまり見せないようにしている。

a0115762_14221860.jpg















信じられないこのひと時。
宣静さんの民宿のフェイスブックはこちら
「倆呆休閒渡假別墅」別荘のように落ち着くよ。

a0115762_14225022.jpg















家に戻って夕食。吹き抜けで天井が高いのなんの。

a0115762_14231681.jpg















旦那さんが帰ってから一緒に夕食。宣静さんは「簡単な夕食だけど」と言っていたけどこの豪華さ。

そしてやっぱり美味しい。

突然のお客さんなのに、出会ったときと変わらずゆったりした雰囲気でこんなご馳走を用意してしまう宣静さん。

楽しい時、美味しいとき、家族みんなの食事の写真を撮り忘れる私。

食後は子供達のリクエストに応えて折り紙を折るフミさん、折り紙って海外に来ると、結構好評で喜ばれる。

私はせめて茶碗洗い。

宣静さん家族は都会から田舎の生活に変わって、とても満足していると話していた。

洗濯もさせてもらって、広いベットに横になる。

まさかこんな1日になるとは「コレクションは新しい」忘れられない言葉になったな。

a0115762_14233600.jpg















翌日は霧雨だけど花連市まであと25㎞。一気に歩こう。

a0115762_14240417.jpg















花連市に入った。雨の日は傘をさしたり片付けたりで思っていたより遠く感じる。そしてここからが長かった。

都市ではテントを張るわけにいかないから宿に泊まるんだけど、ネットでチェックした宿は、実際の値段と違った。

こういうことはよくあるから、自分の足で探すのが間違いないんだけど、安い地域を探し歩いて、どの宿で聞いても

予算を大幅にオーバーしている。

雨も段々強く降り始めて空腹で、二人ともかなり疲れていた。
黒小虫対策で長ズボン。

a0115762_14242149.jpg















最後の最後に入った民宿は、予算オーバーだけど値引きしてくれて、とても清潔。

ドミトリーだけどここにしよう。

目的の場所に着いてやっとほっと出来た~。明日は歩かないし、なんか力が抜けたなあ。

a0115762_14244360.jpg















それにしても今日も疲れた。

体には、また湿疹が出ていた。でも明日は歩かないし、数日ほっとけば治るはずだから問題ナシ!

花連では、一週間後にフミさんの友達と落ち合うことになっているのと、次に控えている、山越えの準備とで

しばらく過ごすことになっている。

体も休めて、また都会にしかない美味しいもの食べて、元気になって山越えに挑もう。

a0115762_14251543.jpg










にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

にほんブログ村ブログランキングに参加してます。ここをクリックするとポイントになるんです!押してね~。

一緒に歩いている歩き人ふみのブログ⇒「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

タスマニア島に住むフォトグラファーの兄のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」




by ayumiaruki | 2014-06-19 11:15 | Comments(5)
2014年 06月 18日

舞ちゃんを見送る


【台湾距離数】342㎞
【これまで歩いた総距離数】 5,602km

【現在地】台湾 花連県 花連市

【旅の行程】 台湾 花連県 光復郷 富田の楊さんの家→(8㎞)→萬栄國中→(14㎞)→林営國小 









お世話になった楊さん家を出発。

一番左は娘さんで、あと2人の子供達はアメリカや大阪に住んでいるそうだ。

お母さんは朝早くに出かけてしまって、お別れを言えなかったのが残念。

システム手帳問題がなかったら挨拶出来たかなあ?

朝に、私が日本の旅から使っているシステム手帳がないことに気づいて、探したりなんだりしていて出発が

遅くなってしまった。

あの手帳には日記もそうだし、出会った人とのことや、読んだ本の感想、思いついたこと何でも書き込んで

あったから、なかなか諦めきれなかった。

a0115762_14031561.jpg















家を出て町まで歩く。ここに着いた初日に小雨の中、ネットの為に7ー11へ歩いた道だ。

台東で舞ちゃんと一緒に歩いてから今日で2週間、舞ちゃんは汽車で台北へ向かい、その翌翌日には東京へ帰る
最後にもうひとふんばりでリアカーを押す舞ちゃん。

a0115762_14033671.jpg















駅に向かう途中、7-11でも手帳のことを聞いてみるがない。

それから駅でも、客待ちしているタクシーに聞いてみる。
偶然にも私達が乗ったタクシーが見つかったけどやっぱりナイ。これでやっと諦めがついた。

駅で台北行きの汽車の時間を確認すると、丁度あと3分で出発するのがあるようだ。

a0115762_14035572.jpg















急いでチケットを買って、ハグして「じゃあ」「じゃあ、ほら急いで」

慌ただしいお別れをして、汽車の待つホームへ走る舞ちゃん。

a0115762_14042696.jpg
















「ばいば~い」汽車の中で、手をふる舞ちゃんが見える。
汽車が見えなくなると、なんだか力が抜けてしまった二人。

a0115762_14045153.jpg















三人が二人になって、またいつもの旅が始まった。

もう昼の時間だったから近くの店でご飯を食べた。店から出てパッキングしてると店の人が、しきりに何か言っている。リアカーを見て写真撮ってと言ってるのかな?いや違う、マネー、マネー?
あっお金払ってない!これにはビックリ、お店の人もビックリで大笑いしてた。
ちょっと気の抜けすぎな二人だ。

a0115762_14051712.jpg















天気は今すぐにでも降り出しそうな空。色々あった2週間だったなあ。

この暑い気候と容赦なく刺してくる虫。舞ちゃんよく2週間歩き通せたと思う。
一緒だった2週間の間に、台湾の人との出会いがたくさんあったのも良かった。

長い旅の中の2週間だから、雨続きで何処かに閉じ込められるとか、台風とかもありえる。

それと、交通事故や怪我をしないで日本に帰れたのも良かった。これは結構心配してた。

でも虫刺されが酷いようで、日本に帰ってから皮膚科に通って飲み薬と塗り薬で経過を見ているところのようだ。

そして今回思ったこと。体力の面ではこのまま本気で歩いたら、かなり歩ける人になると思う。

今も充分歩けてるけど、舞ちゃんがそういう必要不可欠な要素を「持ってますから」なのは間違いない。

a0115762_14054109.jpg















午後からの歩きだったんで、今日は8㎞だけ。

日曜日で学校は休み、当直だった人が確認してくれて、何処でもテント張っていいですよと言ってくれた。

テントを張って、まず長袖長ズボンに着替える。

花連に近づいて来るに連れて、確実に憎っき黒小虫が増えている。

暑いけど、刺されて3日も4日もイライラするよりまだマシか。

着替えてから近くの7-11まで歩いて、パソコン作業。
毎日やってる割には、毎日更新しないんですね?というツッコミはまあおいといて。

帰りはやっぱり大雨に振られてしまった。

a0115762_14061813.jpg















昨日、当直だった先生。

日本語を習っていて、九州でも勉強の為に1ヶ月住んでいたそうなんだけど、日本人と変わりなく流暢に話す。

a0115762_14063880.jpg















ここから次の目標地点、花連市まで50㎞くらい。

花連はちょっとした街だから、そこへの道は多分つまらない。ちょっと遠回りでも細い田舎道を選んで歩く。

a0115762_14072526.jpg















やっぱり気持ちの良い道を歩くのが一番だ。

3時間くらい黙々と歩いてても飽きない。

a0115762_14075692.jpg















あれ、いつの間にか日本人二人が夫婦に変わってる。

a0115762_14103314.jpg















今日の目的地に到着。今日は暑かったなあ~久々の暑さと湿度でなんだか疲れたなあ~。

いつものように7ー11でパソコン作業してたら、観光客がどわ~っと入ってきて、リアカーを指差し

「ヘンハオ」(いいよ~)と言って一緒に写真撮ろう誘っている。

一緒に撮ったら、帰りにビール2本を差し入れしてくれた。

a0115762_14110492.jpg















冷たいうちに、外でビールを頂くフミさん。

7-11で買ったビールじゃないから、店では飲めない。

a0115762_14114119.jpg















帰ってきたフミさんは、黒小虫にやられていた。

刺された跡は、ちっちゃくて痒そうじゃないんだけど、これが蚊なんか目じゃないくらい痒い。
それと目に見えないくらい小さいから、いつ刺されたかまったく分からない。気づいたらどわーっと刺されてる。

日本の旅の最初の頃、よく休憩してて蚊に、10ヶ所刺されたとか、15ヶ所だとか書いてたけど今はそれを思い出し

「可愛らしいもんだわ~」と鼻で笑ってしまう。

a0115762_14120434.jpg















店を出るときに、7-11の人が「加油!」(チャヨー!)と言って、スイカを差し入れしてくれた。

うま~い、あま~い早速食べる。そして刺される・・・・。
学習しない二人だ。

a0115762_14122897.jpg















この集落も小さくて、トイレや水のある場所がなかった。

また学校の敷地に張らせてもらおうと学校へ行くと、道具部屋を貸してくれた。いつもありがとう。

a0115762_14125383.jpg















6時に食事のしに町へ行くと、食事の出来る店は全部閉まってた。早い!

また7-11へ行ってパンを買う。それと買ってあったこれ。ライチで夕食だ。

今はライチの季節で、これで55元(190円くらい)枝が付いたままで売ってる。

a0115762_14131925.jpg















皮はツルリと剥けて食べやすい。そして甘い!ライチ大好きな私はもう止まらない。

冷凍してないライチ食べるの初めてじゃないかな?

果物が安くて甘いのも、台湾の嬉しいところだ。花蓮まであと少しだがんばろー。

a0115762_14134693.jpg









にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

にほんブログ村ブログランキングに参加してます。ここをクリックするとポイントになるんです!押してね~。

一緒に歩いている歩き人ふみのブログ⇒「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

タスマニア島に住むフォトグラファーの兄のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」




by ayumiaruki | 2014-06-18 18:48 | Comments(6)
2014年 06月 17日

台湾の結婚式に参加

【台湾距離数】320㎞
【これまで歩いた総距離数】 5,580km

【現在地】台湾 花蓮県 花蓮市

【旅の行程】 台湾 花蓮県 光復郷 富田の金楊さんの家 2日目









翌朝

あ~ぐっすり眠ったなあ~。

どれくらいぐっすり眠ったかは、舞ちゃんの寝姿で想像してもらおう。

a0115762_14254731.jpg









3階のベランダからの景色。

楊さんの家は学校のグラウンドの横で、周りには一件の家もない。静かで気持ちのいい場所だ。

a0115762_14260485.jpg










結婚のお祝いに、フミさんはペアの動物を何種類か折ることにした。昨日の夕方から作り始めて朝も

続きを折っている。

私は手紙を書いた。絵の方が喜んでくれたかな?

舞ちゃんは海外に旅するときに持ち歩いている日本らしい絵柄の巾着をプレゼント。

海外に旅するときは、お世話になった人にあげる為100円ショップでいくつか買うそうだ。

結婚式は昼から。

フミさんはそれまでの時間を使って、お寺を探しに出かけた。

a0115762_14261778.jpg











舞ちゃんは会場の手伝いをしたいと一足先に出かけた。

偉いぞ舞ちゃん。

昼に会場に行ってみると、遠くからでも凄い音量の音楽が聞こえてくる。

ここで受付をするのかな?

a0115762_14270662.jpg















想像していたのは、田舎のこじんまりした集まり。ところが会場には大勢の人でごった返してる。

すぐに、昨日のお母さんと舞ちゃんが手招きしてくれて、行くと席を取っておいてくれてた。

a0115762_14274115.jpg















式はもう済んでいて、今日は新婦の故郷での披露宴なんだそう。

こちらが新郎新婦。

a0115762_14281142.jpg















泊めてもらっているお母さんの家は、料理の仕出し屋をしているということが会場に来てやっと分かった。

家に居た人達はオレンジ色の服に着替えて、昨日玄関先で蒸していた料理を運んでいる。

段々と状況が飲み込めてきてやっと、私達ここに居て大丈夫?という疑問が頭をよぎる。

a0115762_14292495.jpg















席に付くと、同じテーブルの人に「私達日本人です」と簡単な自己紹介をした。それからはとにかく
「食べなさい」「飲みなさい」。で食べた、食べた、食べた。

a0115762_14295281.jpg















料理は日本の披露宴の4倍の量。いつまで出るんだ~っていうくらい次々と出て来て、これがまた美味しいんだなあ。
同じ席のおじさん達が、料理の説明をしてくれる。
お酒は、一人で飲まないのが台湾の習慣。一口でも飲む時は、誰かと目を合わせて、乾杯の仕草をしてから飲む。
一人で飲むと「お前には友達が居ないのか?」と言われる。
最初はちょっと面倒なルールだなあと思ったけど、最近やっと私達もこのルールに慣れてきた。

ちなみに「乾杯」(カンペイ)と言ったら、全て飲み干す。「随意」(スエイー)と言うと飲み干さなくても良い。

a0115762_14344443.jpg















スープや大皿料理は、自分の食べたい量を取り分ける。

a0115762_14355992.jpg















これらはほんの一部で、デザートやゼリー、フルーツも出てきた。

a0115762_14371206.jpg















そしてこれが、昨日お父さん達が、皮を剥いていたキビ。

蒸してスープにするんだけど、祝い事には欠かせない料理なんだそう。

残った料理は買い物袋みたいなビニールに入れて、持って帰る。スープもそのまま袋に入れて持ち帰る。

ビールビンやゴミはテーブルの下にどんどん捨てていた。

a0115762_14374586.jpg















披露宴と言っても格式張った感じじゃなくって、町内のカラオケ大会と言った方が近いかな。

アミ族の歌を歌う人。

この歌、Geektopiaで一緒に踊った歌だ。

a0115762_14381358.jpg















司会をしていたお姉さま。

時間が経つにつれて若い人達の流行りの歌になったり、セクシーダンスになったり、盛り上がっていた。

台湾を歩いてると、食べ物屋さんとカラオケ屋さんを一緒にした店をよく見かけるし、歌声もよく聞こえてくる。

カラオケ好きなんだなあ。

a0115762_14383269.jpg















記念撮影。

一番右が泊めてくれたお母さん。私の隣が新婦のお母さん、一番左から2人はお母さんの姉妹。

来ていた人の服も、おしゃれ着だったり、Tシャツだったり、色々なんだけど、私達の格好大丈夫だったのかなあ

a0115762_14390730.jpg















人はボチボチ帰り始めて、それでも歌ってる人や、飲んでる人それぞれ。

お母さん達はここでやっと食事。まだまだこれから片付けや食器洗いが残ってるハズだから、私達はせめて

片付けを手伝いたいと話していた。

a0115762_14393810.jpg















お母さんの妹さんが、この後は私の家にいらっしゃいと誘ってくれたんだけど「手伝いたいから」と話した。

それは、お母さんも、お父さんも、妹さんも望まないことで「これ私達の仕事よ、あなた達は妹の家に遊びに

行きなさい」と言われた。

忙しいときに泊めてもらったし、手伝いたかったけど、3人で話して相手の望むことをしようと決めた。

お世話になった家での、こういうときの判断は、フミさんとも分かれることもある。

妹さんと一緒に家に向かう。お母さんも「それ1番いいよ」と見送ってくれた。

a0115762_14400737.jpg















妹さんの家で、のんびり過ごす。

みんな結構お酒も飲んでて、お腹もいっぱいで、昼下がりのまった~りとした時間だ。

a0115762_14405401.jpg















妹さんの娘さんも結婚して間もないそうだ。なかなかの美人。

a0115762_14411734.jpg















何の話からそうなったのか、妹さんが民族衣装あるわよ、いらっしゃいと家に連れて行く。

私達に着せてくれるというのだ。

妹さんは多分、この中で一番飲んでるんだけど押入れの奥から衣装や小物を出してくれて着付けをしてくれる。

まずは舞ちゃん、なかなか似合ってる。

a0115762_14415813.jpg















フミさんは結婚式のときのスーツより、ずっとこっちが似合ってる。

お母さんはフミさんの髪までとかしてくれた。

この小さな集落には協会がたくさんある。妹さんの家もキリスト教なのね。

a0115762_14423650.jpg















次、私。デコがあ~~。

a0115762_14430911.jpg















舞ちゃん、もう日本人じゃなくなってるわ~似合いすぎ!

民族衣装を着た記念撮影は、ちょっと遠くを見るんだよとお父さんが教えてくれた。

a0115762_14441536.jpg















そして3人で。

昨日普通に歩いていたのに、今日は結婚式に出て、民族衣装着て、こんな経験なかなか出来ないよなあ~。

毎日書いてるけど、泊めてくれたお父さん、お母さん、衣装を着せてくれた妹さん、旦那さん。

みんなに感謝、感謝だ。

a0115762_14443895.jpg





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

にほんブログ村ブログランキングに参加してます。ここをクリックするとポイントになるんです!押してね~。

一緒に歩いている歩き人ふみのブログ⇒「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

タスマニア島に住むフォトグラファーの兄のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」




by ayumiaruki | 2014-06-17 12:25 | Comments(12)
2014年 06月 15日

歩き旅にセットで付いてくる


【台湾距離数】320㎞
【これまで歩いた総距離数】 5,580km

【現在地】台湾 花蓮県 花蓮市

【旅の行程】 台湾 花蓮県 静浦國小→(19㎞)→豊濱の学校裏の舞台→(18㎞)→光復郷 富田の金楊さんの家 









静浦國小を出発。今日も海岸線に沿って歩く

東の海岸はこんな風に平地が少ない。

a0115762_14501377.jpg















歩道から見えた小さな港。青い舟ばかりだ気になる。

a0115762_14503899.jpg















おもちゃみたいな舟だな。船底は太いパイプのようなものが通っている。

どうしてどの舟も青いのか、太いパイプは何の為にあるのか、日本なら気軽に声を掛けて聞けるんだけど

私達の中国語なら30分はかかるだろうな。
それを考えるとつい、声をかけそびれてしまう。

a0115762_14505627.jpg















3人くっついて歩くこともあるし、なんとなく離れることもあるし。

a0115762_14523785.jpg















私達は普段、写真を撮るとき以外、午前中は休みなしで歩いてペースも時速5㎞とかなり早い。

それで舞ちゃんの休憩のことをすっかり忘れてしまうんだけど、これじゃあ普段こんな歩きを

していない舞ちゃんにはキツかろう。

舞ちゃんは疲れたとか、どこが痛いとかいう不満を滅多に言わない。大丈夫?と聞くと脚の筋が少し

と言うくらいだ。

a0115762_14531047.jpg















ここも自転車道があって歩きやすい。

※お断り
お食事中の方、及びこれから食事の方、ここから先は読まないことを、強くお勧めします。

一台の車が止まって「写真いいですか?今これしかないけど」と飴をくれた。「ありがとう」ん?

ちょっと待てよ、なんか臭うなあ・・・・取りあえず「いーあーさん」で、はいポーズ。

さよなら~と別れた後。

私       「なんか臭わない?」

3人      クンクンクン・・・・「臭い!凄く「う○こ」臭い!!ひょっとして誰か踏んだ?」

舞ちゃん    「私、踏んだかも?う○こ踏んだかも」

三人      「・・・・・これって、わりとしたてだね、うん・・・・」

私とフミ    「舞ちゃんゴメン、先歩くね~」

飴をくれた人、今頃車の中で歩いてる人ってやっぱり臭いのねとか言ってるかなあ。 

a0115762_14534116.jpg















そこでまたしても「一緒に写真いいですか~」の声。

車からは今どき風の若い女の子が、いい香りを漂わせてぞろぞろ降りてきた。

カメラマン「ハイみんな集まって~もっと寄って~」の声に、約1名かたくなに、離れた場所でハイポーズ。
ちょっとブルーな舞ちゃん。

でも舞ちゃん大丈夫。

歩く旅と「犬のう○こ踏み」はセットでもれなく付いてくるもんで、日本一周終わって沖縄で貝殻絵画してる
クールな小川君も、今や日本一周の旅人からは先輩と慕われているべーすけ君も絶対踏んでるハズだ。

コバッチだってこれから踏むハズだし、フミさんなんて踏んでも気づかない男だし。

私?それはちょっと公共の場ではイメージというものがあるので・・・・。

とりあえず、しばらくは舞ちゃんの前を歩くよ。

a0115762_14541044.jpg















今日の町は豊濱。結局雨にも当たらずに到着して、7-11(セブンイレブンを台湾ではこう書く)

で夕方までパソコン。

近くの学校で、このあたりでテントを張れる場所がないか聞くと、今日は夜に授業があるからと、近くの

場所を教えてくれた。スカートの女性が校長先生。

a0115762_14545501.jpg















先生の一人が案内してくれた。ここの学校はキャンプを受け入れない方針なんだゴメンネと

小さな声で言う。とんでもないこちらこそわざわざ案内してくれてありがとう。

裏にはトイレがあってそこで足と腕を洗い、体は濡らしたタオルで拭く。シャワーなしは久しぶりだな
それだけ毎日誰かの親切を受けてたということだ。

夕御飯を食べてから、また7-11まで行ってブログをしようと思ったけど、疲れた、眠い、イヤ頑張ろ

ダメだ眠い~しばらく葛藤して、結局寝てしまった。

a0115762_14553264.jpg















翌朝、フミさんと舞ちゃんの朝食。

静浦の学校で先生が、結婚祝いに食べるケーキですよと差し入れしてくれたのだ。


a0115762_14555668.jpg















今日も雨に降られないよう早朝から歩く。

海岸線からまた山越えして、少し内陸に入る。そこにフミさんがどうしても訪ねたいと言っていた町がある。

今日はその町を目指して歩くのだ。

a0115762_14562747.jpg















崖崩れした場所だ。

台湾では行きたい道が崖崩れで通行止めだったり、雨の後は絶対に通らない方がいいと言われて諦めた道があった。
日本の道路工事みたいに、そこまでするかっていう完成度じゃないし、雨の降り方も普通じゃない。
山越えのことを話すと、必ず台湾の人から岩が落ちてくるから注意しろと言われる。
確かに、ここ歩いてる時に崩れてきてたらアウトだな。

a0115762_14564900.jpg















なんて考えて歩いてたらこの標識「南無阿弥陀仏」マジかい。

花蓮の後の山越え、大丈夫なのかなあ?

a0115762_14571625.jpg















今日も坂道だよ~。

a0115762_14575031.jpg















舞ちゃんも目がヤル気だよ~。

少しづつだけど坂道も挑戦する舞ちゃん。

慣れてきたとは言っても、疲れも溜まってきてるだろうし、しんどいハズだ。

a0115762_14581856.jpg















峠を越えて辿り着いた町は光復郷。

フミさんが9年前に台湾を歩いたとき、とてもお世話になったお寺があって、今回は出来ればそのお寺を探し出して
訪ねたいという想いがあった。
それは見つけよう!でもお寺の名前も住所も分からない、手がかりなし。

じゃ手当たり次第訪ねよう。峠を降りて最初のお寺、まずはこのお寺に行ってみたら?

私と舞ちゃんは、ついでにトイレを借りる。

トイレを借りたいが上手く通じなかったのか、その場の流れでお参りをすることになって、お線香を買って
それからがとても長く、長く、長い手順があって、あのトイレ・・・と今さら言えず30分くらいお参りしてた。

終わって「シーソーチェン」言おうとしたら、次はお茶が待っていた。

せっかく淹れてくれたんだけど、ここはもう「ごめんなさい先にシーソチェン」と言って失礼させてもらった

a0115762_14585144.jpg















二人が戻って来ると、フミさんはすっかり地元の人と仲良くなってる。

最近私達を悩ませている、黒小虫に刺された舞ちゃんの足に薬を塗ってくれるおばちゃん。

a0115762_14592568.jpg
















日本語を話せる人が何人か居て聞くと、明日ここでする結婚式の準備をしているそうだ。

台湾の結婚式どんなだろうね~と話してたら「見に来たらいいよ、明日の昼だよ食べ物あるよ」とお誘いが

「ハイ明日来ます!」と二つ返事の私達。そうと決まれば近くにテント場を探そう「じゃあ明日」と行って去ろうとする
私達に「うちに泊まったらいいよ」と言うお母さん、イヤイヤ式の準備忙しいでしょう。

a0115762_14595378.jpg















そんなやり取りをしながら、大丈夫テント張るからと言ったけど、部屋があるから泊まりなさいと言ってくれた
さっきのお母さんのお姉さんの家に泊めてもらうことになった。
誰の結婚式なんだろう。しっかり把握出来ていないまま、案内してくれるお姉さんのスクーターに着いて行く。

a0115762_15002131.jpg















「家は、あの角だよ。私は野菜採ってから帰るね」あハイ。

いいのかなあ、家の人突然こんな日本人が来てビックリしないかなあ・・・まだまだ状況を把握していないまま
何かが起こるワクワク感、そしてまたしてもこの出会いの流れに任せて予想しない方向へ進んで行く。

左側が家のようだ。

a0115762_15004942.jpg
















着いて案内された3階の部屋。

うそだーーーー!こんな素敵な部屋?これは夢かもしれない。こんな大きなベットが丁度3つあるじゃないか。

a0115762_15012723.jpg















このフロアー全部好きに使ってね、ということだった。

もちろんトイレとシャワーもある。

やっぱりこれは夢に違いない、夢から覚めたら、きっといつものジメジメしたテントで目覚めるんだ。
またトイレの隅で、濡らした手ぬぐいで体拭くんだ。

a0115762_15015034.jpg















昼は食べに行くから気にしないで明日の準備してね、と言ってあったんだけど、お母さんは

「一緒に食べたらいいでしょ」と言って誘ってくれて、玄関前で一緒にご馳走になった。

どうやら明日の結婚式の料理をいくつか出すようだ。それは忙しいに違いない。

旦那さん2人は、明日出す祝いの料理で欠かせない、サトウキビの皮を剥いている。

a0115762_15022554.jpg















それで、この家庭料理がすご~~く美味しくて、3人ともご飯をお代わりした。
家庭の味。肉はしょうがで味付けしてて、ご飯が止まらないんだなあ。

こういう普通の卵焼きも久しぶりで美味しかった。

a0115762_15030528.jpg















1日ぶりのシャワーも浴びて、お腹もいっぱい。

ベットじゃなく、ソファーで寝るのが贅沢な感じで嬉しいと言ってすぐに眠ってしまった舞ちゃん。

やっぱり疲れてるんだろうなあ、何だかんだ言っても私達に気も使うだろうしなあ。

a0115762_15035712.jpg















私とフミさんも眠気に負けて30分昼寝。ああ~このままこのベッドで眠りたいむにゃむにゃ・・・。

いかん宿題が!ここではネットが使えない町まで歩くかあ。

後ろ髪引かれる思いで心地いい部屋を出る。30分歩いて町まで行って7ー11でブログ。
こういうときは、ちょっと悲しい。

夜までかかったんで、町で夕食も済ませる。でも帰る家があるというのは気持ち的に幸せだなあ。

帰りは大雨になってしまって、仕方なくタクシーを拾って帰った。

a0115762_15041955.jpg















遅くなった私達を、お父さん、お母さんが心配していたみたい。ゴメンネ。

大きなベッドで大の字で寝る。

あ~幸せだ~~~の「だ~」のところでもう爆睡していた。

a0115762_15044459.jpg








にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

にほんブログ村ブログランキングに参加してます。ここをクリックするとポイントになるんです!押してね~。

一緒に歩いている歩き人ふみのブログ⇒「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

タスマニア島に住むフォトグラファーの兄のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」




by ayumiaruki | 2014-06-15 15:19 | Comments(8)
2014年 06月 13日

静浦國民小学校で朝のスライドショー


【台湾距離数】283㎞
【これまで歩いた総距離数 5,260km

【現在地】台湾 花連市

【旅の行程】 台湾 竹湖國小→(22㎞)→静浦國小 













お世話になった竹湖國民小学校を出る。

朝早くの方が雨に降られないと聞いたので、4時半起床7時の出発だ。

a0115762_23333447.jpg















最初は緩やかな下りだったのが1時間で上り坂に変わる。

ぜいぜい言ってリアカー押してると、おばあちゃんカーに涼しい顔で追い越された。

a0115762_23335330.jpg















今日から数日、海岸沿いを歩く。

台東からは「花東縦谷」と言われる台湾中心の山と、海岸沿いの山の間にある谷間を歩いていた。

谷間と言っても広い平地の谷間だから町もあったけど、東の海岸は町もポツリポツリしかない本当の田舎道だ。
次の目的地、花連までまだあるなあ。

a0115762_23340894.jpg















そんなわけで坂道は続く後ろに海岸線がかすかに見える。

さあ、もうひと頑張り。

a0115762_23342519.jpg















汗~~。

a0115762_23344710.jpg















トイレに立ち寄った場所で、おじさんがイグアナを肩に乗せて散歩していた。

触らせて~と言ったら抱かせてくれた。

イグアナ君は、意外と肌がツルリとしてて愛くるしい。

a0115762_23351177.jpg















写真では見えにくいけど、後ろは「北回帰線」の記念塔。

フミさんは10年前にオーストラリアを縦断したときに「南回帰線」を通過している。

地球をぐるりと囲んでいる北回帰線と、南回帰線に挟まれた地帯が熱帯地域と言われ、その真ん中にあるのが赤道だ。
これはかなり大雑把な説明なので、詳しい説明はこちら(ウェキペディアより)で。



a0115762_23353410.jpg















目的の町に着いた。テントを張れそうな場所を探しながら進むけど思っていた以上に何もない。

次の町まで歩くか、小学校で聞いてみようか。

小さな町にある静浦國民小学。門の向こうには急な坂道が待っている。

さあどうする。

a0115762_23424708.jpg















坂を上って学校へ。

遠くから勢いをつけて走るフミさん。坂の上では舞ちゃんが、動画の撮影をして待っている。

a0115762_23431754.jpg















男前なところを見せてくれーーー!

最後の最後でスピードダウンしたけど、なんとか登りきったフミさん。

a0115762_23434842.jpg















学校の先生に、どこかにテントを張ってもいいですか?と聞くと、一人、また一人と先生が増えて

こっちはどうだろう?あっちならもっと涼しい、雨が降るからここはどうだろうと色々考えてくれて

最終的に、ここじゃなく園児の教室を貸してもらうことになった。

テントがあるから、外の何処にでもスペースがあればそれで大丈夫です。と話しても、蚊がいるよとか

蛇がいると心配して室内を貸してくれることが今までにも何度かあった。

これは本当にありがたいことだけど、いつもこうして先生方があれこれしてくれることに、やっぱり

申し訳ない気持ちもある。日本の感覚だと、公共の場をこうして旅している人が自分達の都合で使うことに
反感というか、疑問を持つ人も居ると思う。それはちょっと違うんじゃない?って。

でも、その辺の考え方、捉え方が日本と台湾とでは少し違うように感じる。
この考え方の微妙なところ、台湾の旅が終わるまでにちゃんと書きたい。

a0115762_23441402.jpg















荷物を片付けたら、店が閉まる前に昼ご飯を食べに行く。とても小さい町で、歩いて行ける範囲に

食べ物屋は1件しかない。

その店も、昼を過ぎるとすぐ閉まってしまう。小さな町は店の閉まる時間が早い。

英語の話せる地元のお客さんが通訳してくれて、フミさんが真剣な顔で交渉しているのは夜のお弁当のこと。
どうやらこの店でお弁当類は作っていないようだ。今日の夜は非常食のインスタントラーメンとクラッカーだな。

a0115762_23450977.jpg















昼も食べてやっと一息。シャワーを浴びたり昼寝したりして、それぞれ過ごしていた。

すると、どこからか太鼓のリズムが聞こえてくる。

こんなときに聞こえてくる音楽は、ボサノバでも、ビリー・ジョエルでも、ジャズでもなくて、やっぱり民族音楽が
一日歩いて疲れた体に心地いい。

a0115762_23454453.jpg















音の聞こえる方へ向かって見ると、最初に寝る場所にどうだろうと案内してくれた体育館だった。

先生が子供達の踊りを指導してる。

a0115762_23463544.jpg















近々、アミ族の踊りを披露する場があるから練習しているそうだ。

ステージに上がっているのは静浦國小の生徒全員。

踊りの次は演奏しながらの歌で、高学年の生徒全員がギターを弾きながら歌う。
お~まるでジプシーキングスじゃないか!

Geektopiaで聞いたときも、歌もギターも上手いなあと思ったけど、これがその原点なんだなあ。

a0115762_23471320.jpg















うん、様になってるよ。

a0115762_23473515.jpg















そして夕方、先生の一人が私達の食事を心配して、なんとチマキを温めて持って来てくれた。

彼の英語名はフランク。

扇風機を持って来てくれたり、シャワーを使えるようにしてくれたり、蛇が出たらこれを使いなさいと
捕獲器を貸してくれたり本当に色々親切にしてくた。

a0115762_23475850.jpg















夜、チマキを頂く。

フランクのお母さんの手作り、お店のよりさらに美味しい。

a0115762_23482376.jpg















南と北でチマキの種類が違うそうで、一人2種類、6個も温めて来てくれた。

こちらが南の肉粽。

a0115762_23484735.jpg















こっちが北の粽。

食感も味も違う。もっちりしてて具だくさんだから2つ食べたらお腹いっぱい。

さらに校長先生がスイカを切って持って来てくれて、すごいご馳走になった。

いやあ毎日、毎日台湾の人にお世話になってるなあ。

a0115762_23491028.jpg














翌朝、学校の2階の廊下からの景色。素晴らしい環境だよなあ。

実は昨日の夕方、校長先生から「もし良かったら、生徒に旅の話をしてもらえないだろうか」という話を聞いた。
校長先生は若い頃、日本の一橋大学に留学していて、10年くらい日本に暮らしていたそうだ。博士号も持っていて
日本語レベルは私以上・・・。
この小さな町に住む子供達に、もっと色々な世界を見せてあげたい、夢や希望の持てる話をして欲しいということだった。

来た、やって来た、この時がきたのだ。
ずっと台湾の人に、特に学校に何かしたいと思っていたのだ。
出発が遅れても、1日雨に濡れてもいいじゃないか。

校長先生の話では朝の30分くらいということだから、話はフミさんだけになるかあ、と私は余裕で夕方を過ごしてたんだけど
早朝出発して歩いている私達を気遣っての30分ということのようで、どうせ話すならちゃんと私達に今出来る限りをしよう
ということになった。

夜にスライドの準備だ。夢と希望か・・・それを頭に、子供用の内容に少し変えてみる。パソコンは1台しかないから
夜は私が使って、フミさんは早朝起きてパソコンを使う。
Geektopiaで一度しているから、準備も心構えもちょっと楽だ。うんあそこでやって良かった。
じゃなかったら、今回あっさり返事出来なかった。


a0115762_23493252.jpg












これも2階から。空気も澄んでいて気持ちがいい。

a0115762_23495209.jpg












校長室もなんだか親近感を感じる。
スライドショーは校長室の隣。

a0115762_23513477.jpg












校長先生が準備を手伝ってくれる。
今回は子供達に世界のとこを少し身近に感じて欲しいので、世界地図を用意してもらった。

a0115762_23515947.jpg













先生も何人か来てくれて、いよいよスタート。

a0115762_23522693.jpg












台湾の小さな町の子供達、どんな風に感じているんだろうなあ。
校長先生の話では、この学校に日本人が尋ねて来たのは始めてということだった。

a0115762_23525107.jpg












こちらが校長先生の季楊元さん。
日本語から中国語に訳してくれたんだけど、もうずっーーと満面の笑顔で、先生が一番嬉しそうだった。
静浦國小の先生たちの大らかさ、オープンな雰囲気は校長先生の考え方や人柄が、反映しているんだろうか。

a0115762_23531164.jpg












フミさんはクイズも入れたり、虫や動物の写真を増やして、子供達の反応がなかなか良かった。
私が一番伝えたかったこと。
「クレイジーと言われようが、反対されようが、やってみなけりゃ分からない。やった人しか分からない」
伝わったかなあ。

a0115762_23533950.jpg












静浦國小のみんなと記念撮影。
なんか清々しい気持ちでここを出発出来た。
こんな機会をくれた校長先生、学校のみんなにありがとう!

a0115762_23541265.jpg












にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

にほんブログ村ブログランキングに参加してます。ここをクリックするとポイントになるんです!押してね~。

一緒に歩いている歩き人ふみのブログ⇒「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

タスマニア島に住むフォトグラファーの兄のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」




by ayumiaruki | 2014-06-13 13:58 | Comments(6)
2014年 06月 10日

学校の食堂で


【台湾距離数】261㎞
【これまで歩いた総距離数】 5,260km

【現在地】台湾 花蓮県

【旅の行程】 台湾 花蓮県 玉里→(9㎞)→安通温泉→(18㎞)→台東県 長濱 竹湖國小 









Geektopiaに置いていった手紙。

今までも朝に挨拶出来なさそうな時なんかに短い手紙や、フミさんが折り紙を折ったりしていた。

今回は3人で歌った「鳩ポッポ」にちなんで、鳩三羽を舞ちゃんに描いてもらう。

a0115762_12074741.jpg















私が描いたらこれだからね。
ツッコミどころたくさんの鳩(鳩のつもり)

a0115762_12080562.jpg















舞ちゃんは早くから起きて準備していたんだけど、私とフミさんが眠りこけていたんで
昼過ぎの出発になってしまった。

a0115762_12084311.jpg















舞ちゃんも押す。

Geektopiaからは、だいぶん元気になったようだ。私も体調の悪い時で疲れも溜まっていたから

3泊させてもらったのが本当に助かった。

a0115762_12090997.jpg















今日の目的地は案通温泉。

無料で入れる公共温泉の横にテントを張らせてもらった。もう少し遠くの方がいいかと思ったけど

温泉に入っていたお爺さんが、草のあるところは蛇が出るからこっちにしなさいと教えてくれた。

台湾は毒蛇が多くて、学校や役場でもテントを張るときに必ず蛇に注意してと言われる。

注意しなきゃとは思ってたんだけど、この1週間後、夜に学校のトイレに行ったらドアの前に

1mの蛇が居て焦った。フミさんはトイレの奥でシャワー浴びてる時だったし。

夜登板の用務員のおじさんに「蛇が居たよ注意してね」って言ったら「ああ、アイツは噛まないから

大丈夫だよ」とのことだった。

毒のない蛇なら気にならないんだけど、その見分けが分からない私達は用心しないとな。

a0115762_12094063.jpg















さあ、水着に着替えて温泉だ。

おっと舞ちゃんが、フミさんの貧素な足に見入ってる?

a0115762_12100487.jpg















この写真で分かるかなあ?

花蓮県に入ってから私達が頭を悩ませているのは、暑さより何より黒くて小さい虫。

フミさんは太ももから足首まで数十箇所、一瞬の油断でそいつに刺されてた。

この憎っくき黒小虫のことは、また今度じっくり書こう。

a0115762_12102812.jpg















案通温泉には、宿や日帰り温泉も何件かあるけど、ここは公共の無料温泉で夕方になると地元の人が

たくさんやってくる。

湯をためて使ったり、シャワーのようにして体を洗ったり、洗濯したりそれぞれのようだ。

a0115762_12105883.jpg















台湾の温泉は日本より、かけ湯に厳しいと聞いたので、隣でしっかり体の汗を流してから温泉に入る。

先に入っていたお爺さんは80才、30年間毎朝この温泉に入っているから元気なんだそう。

a0115762_12115187.jpg


















「お爺さん、だからそんなにいい体してるんだねえ」って言ったらピースしてくれた。

a0115762_12122481.jpg















温泉街で食べ物屋さんがないから、お弁当を買ってきあった。

夜は久しぶりにヘッドランプで食べた。

a0115762_12125129.jpg















翌日は朝から上り坂の続く道だ。

結構な傾斜で長々と続く坂道は一気に体力を奪う。

a0115762_12132094.jpg















こんな道になると、私には無理だ。

ずっと押してたフミさんは、背中から流れた汗でズボンの半分まで濡れいた。

a0115762_12134613.jpg















実は私、ここまでは坂道になる度に舞ちゃんの重い荷物に少々呆れていたし、リアカーから素早く

カメラが出せないのも残念だった。

あんなに言ったのになあ・・・何で自炊道具なしでこんな荷物の量になるんだ?くっそ~めちゃ重いぞ~

でも途中から、この重い荷物はこの後控えてる山越えの訓練だと思うと坂道も気合が入った。

そこまで言うか?って思うかも知れないけど、まあそれくらい自力で荷物を運ぶ旅にとって

荷物の重さと量は重要な位置を占めるのだ。

a0115762_12141249.jpg















峠付近はトンネルだ。

ヘッドランプとマスクで完全装備。

a0115762_12144326.jpg















昼から今にも雨の降りだしそうな天気に変わった。最近は80%くらいの確率で午後から雨だ。

今日も途中にあった小学校でテントを張らせてもらうことになった。

屋根のある駐車場に張らせてもらう。

a0115762_12151473.jpg














この辺には、昼ごはんを食べれる店がないそうで、近くの商店にインスタントラーメン買いに行くか

バナナがあるとか話していたら、雨だし一緒に食べようと誘ってくれた。

付いていった先では、子供達が給食用の鍋を抱えている。

a0115762_12154308.jpg















ここは校舎から少し離れた場所で、先生達の食堂のようだ。

a0115762_12161147.jpg















なんとそこに私達を招待してくれたのだ。

なんかホントに、ここまでしてもらって申し訳ないなあ。

左から3番目、舞ちゃんから2番目の人が英語も話せて、私達に色々案内してくれたりした。

a0115762_12163662.jpg















料理も凄く美味しかった。

結婚式のときのような円卓で、果物やデザートまであった。

先生達も私達に興味深々で、短い時間だったけど楽しかった。

a0115762_12170980.jpg















テントに戻って一息。

パソコンしたり、舞ちゃんもたブレットにこの旅のことを書き留めたり。

a0115762_12174734.jpg















フミさんは・・・。

草むらでスコップ片手に?

a0115762_12181735.jpg















駐車場に入り込んでくる雨水を食い止める土木工事をしているそうだ。

材料はゴミ袋と枯葉、砂。

見事に雨水を食い止め、テントは濡れずに住んだ。

a0115762_12184689.jpg















昼ご飯を食べた時に、雨だからここで食べなさいと言ってくれて、夕食も当直の女性の先生2人と一緒に

食べさせてもらった。

多分私達の為に、ご飯を追加で炊いたりしてくれたと思う。

先生の家の洗濯機も貸してくれて水も職員室の水を汲ませてもらって、とても助かった。

何度も「非常 謝謝」と言ってテントに帰った。

毎日、毎日助けてもらってばかりの旅だ。

a0115762_12191513.jpg







にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

にほんブログ村ブログランキングに参加してます。ここをクリックするとポイントになるんです!押してね~。

一緒に歩いている歩き人ふみのブログ⇒「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

タスマニア島に住むフォトグラファーの兄のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」




by ayumiaruki | 2014-06-10 16:34 | Comments(14)