ただ歩いてゆく旅

ayumiaruki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 07月 14日

山火事と、ヘザーのご馳走


【カナダを歩いた距離】            606km
【これまで歩いた総距離数】 6,258km


On the Trek across Canada on foot Stage2

Vancouver 👣👣Kelowna

【Distance in Canada】 606㎞
【Total distance 】 6,258㎞


【We are in 】
 "Hedley in and hostel" Hedley 
Okanagan Similkameen G.BC.Canada 

【We are going to Osoyoos 】

【Day 55〜58】
 Heather's house Princeton



Day 55〜58
状況が変わって書けなかった、カウチサーフィンのヘザーの家での出来事。
一緒に見に行った山火事の方角は、まさに私達が歩く予定のトレイルがある場所。
翌日も火事で仕事がキャンセルになったヘザーが様子を見に連れて行ってくれた。

a0115762_07004521.jpg




今まで、シダやコケの森を歩いていたのに、プリンストンの町に近づいてから、乾燥した景色に一変。
ここ数日続いた30度を超える気温で、バンクーバーの各地で新たな山火事が発生していることを教えてくれた。 
ここは昨日燃えていなかった場所、範囲が近づいているのが怖い。

a0115762_07020118.jpg






ヘザーの仕事は多数ある。バックカントリーでの仕事もしていたから、その辺のことも詳しい。カナダの山火事のことを何も知らない私達に色々教えてくれた。
趣味は料理で、冷蔵庫に食材が残っている事が1番のストレスだと言うヘザーだけど、片付けは大嫌い。
そこへ張り切って食材を買い込んで来た私達。私の趣味は片付けと掃除ですが、、、。

a0115762_10022706.jpg





と言う事で、ヘザーはギリシャ料理から始まって、イタリア、フランス、アジアテイスト、スウィーツと様々な料理を信じられないくらい作ってくれた。
大盛りの庶民的なサラダは私です。
ヘザーが、こんなに料理上手とは知らずに初日、豆腐ステーキその他を食べてもらったことが恥ずかしい、、、。

a0115762_07082130.jpg




ヘザーの料理ほんの一部を紹介。
チキンは本気で、今まで食べたチキンでナンバーワン。最初、冷凍庫に沢山の食材があるから、きっとレストランで働いているんだろうと確信したくらい。丸ごとチキンは農場から直接買っているから大量にあるそうだ。

a0115762_07085281.jpg




ギリシャ料理は食材も作り方も興味深い。私は調理見習い人のように、芋の皮むきや、下ごしらえでヘザーをアシスト。

a0115762_07092630.jpg





スウィーツもソースから手作り。クルミはこの近くで収穫したもの。食材にもとてもこだわり、料理は趣味のレベルを遥かに超えていた。朝も夜もこのベランダで食べたなぁ。

a0115762_09583394.jpg





ここへたどり着くまでの8日間、汚れた服を着て、ドライフードで腹を空かせていた私達。毎日テーブルについて、私達が今どんなに幸せかを語るたびにヘザーは笑っていた。
キッシュとサラダ。2種類のオーブン、ミキサー、ジューサーは日に何度も使っていた。どれもかなり使い込まれたものだ。

a0115762_09591459.jpg





デザートに使うフルーツもほとんどが、近くで収穫して、自分で保存食にしたもの。私達がトレイルで摘んできた『サスカチューン』というベリーでも美味しいシェイクを作ってくれた。このサスカチューンが何よりも好きと言うので、ヘザーが仕事に行っている間、ふみさんがまた摘みに行った。
ピーチとイチゴのクレープ。

a0115762_10001946.jpg





食器洗いと家の掃除と、サスカチューンで喜んでくれるならお安い御用。でもずっと料理しているヘザーに、せっかくの休日だからゆっくりして、と言ったら、料理こそが私のストレス解消、こんなに手伝ってくれて料理が出来るなんて本当に嬉しいとのことで、私達もとても嬉しかった。
ブランチ、冷凍庫にある食材で、いつも違った味に変える。

a0115762_10005658.jpg




そんなプロ級の料理の腕を持つヘザーの週末の仕事はなんと、これだ。2年前に資格を取って、週末は午後から夜中まで操作している。ヘザーいわく、コンピュータゲームしてるようなものよ。
料理がプロ級で、めちゃめちゃタフな女性なのだ。

a0115762_10054530.jpg





私達が摘んできた『サスカチューン』がどうしても気になったヘザー。手伝ってくれると嬉しいと、今度は本格的にサスカチューン摘みのボックスを3つ作っている。本気なのね?彼女は何事も適当なことはしない。

a0115762_10160969.jpg





他にもちょっと用事があると、一緒に出かけた先は、私達がまさに8日間かけて歩いた場所。「あーー!あそこでへばって休憩した!」「あの川で体洗った!」あんなに苦労したところへ、コンバーチブルで音楽を聴きながら、いとも簡単に逆戻りするなんて変な感じ。

a0115762_10071264.jpg





納屋に置いてある、ヘザー所有のキャンピングカーで用事を済ませて。

a0115762_10081414.jpg






ヘザーの友達から、新鮮な野菜をもらって。

a0115762_10085306.jpg






帰り道、突然目を輝かせたヘザー。あの花は美味しいジュースが作れるのよ。

a0115762_10094739.jpg





そしてボックスの登場。3人してひたすら『サスカチューン』摘み。住宅街の近くなのに、鈴なりになっている。

a0115762_10103498.jpg





大きな鍋に入りきらない量のサスカチューン。家に帰ってから3人で沢山の花や、友達からもらった野菜をあらったり、冷凍したり、ジュースを作ったり、下ごしらえ。ヘザーは早速チーズケーキを作ってくれている。
流れ作業もスムーズになってきて、もはや1つのチームになった。作業は夜中までかかって、変な笑いが止まらない3人。

a0115762_10113556.jpg





サスカチューン、ピーチ、オニオンという考えもつかない組み合わせのサルサソースは、絶妙な味付けで最高級。

a0115762_10121658.jpg





それをカリカリのタラのフライに添えて。唸るしかない、お上品でパーフェクトな一品だった。

a0115762_10131719.jpg





他にも花をジャムにしたり。ちなみにこの花、ファイヤーウィードは、山火事の跡に咲く花だ。なんとも、、、。

a0115762_10140408.jpg





今回山火事で家を失った人や、避難している人もたくさんいる。避難所に水を寄付しに行ったり。

a0115762_10172283.jpg


 


救急隊員をしているヘザーの友達が、朝から翌朝まで大変な日々が続いてるので、留守中の家に食べ物やデザートを届けに行ったりもした。
彼は、大きなログハウスで一人暮らしを満喫しているらしく、趣味のハンティングで仕留めた獲物の剥製も沢山あった。これはクーガー。
沢山の人から、熊は大丈夫だけどクーガーには気をつけろと何度も言われたのが、こいつだ。デカイな。

a0115762_10180350.jpg





最終日は、私達が買っていた食材で保存食まで作ってくれることになった。
奮発して買っていたけど、出番のなかったステーキ。ステーキの出番が無いくらいの贅沢な食事だったからなぁ。

a0115762_10185693.jpg





果物をスライスして、専用の乾燥機のザルにのせて一晩待つ。

a0115762_10224384.jpg





バナナ、りんご、トマト、かぼちゃ、サツマイモ、しょうが。

a0115762_10240987.jpg





ヘザーが、ワイン、市販の照り焼きソース、スパイスで味付けをしてくれた牛肉は、立派なビーフジャーキーに変身した。

a0115762_10231910.jpg




予期せぬ山火事と、ヘザーのご馳走という、2つの忘れられない出来事のあったふの町を出発。
一度はヘザーも避難の準備をしていたけど、今のところ大丈夫そうだ。私達はルートを大幅に変えて、しばらく3号線を進む。まだ煙ってはいるけど、今は山の中を歩くよりずっと安全。これ以上、美しいカナダの自然が失われないよう願っている。







にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 世界一周
世界最長の『トランスカナダトレイル』を基本に、夫婦でカナダを横断しています。


一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら






# by ayumiaruki | 2017-07-14 15:22 | 旅日記 | Comments(0)
2017年 07月 11日

ホープ〜プリンストン (後半 )避難するべき?


【カナダを歩いた距離】            606km
【これまで歩いた総距離数】 6,258km


On the Trek across Canada on foot Stage2

Vancouver 👣👣Kelowna

【Distance in Canada】 606㎞
【Total distance 】 6,258㎞




【We are in 】
Heather's house Princeton.BC.Canada



【Day 53〜55】

Otter Lake Provincial Park Campground →(16㎞)→Coalmont 下流→(15㎞)→Heather's house Princeton


Day 53
Otter Lake のキャンプ場で、熊の心配無しにゆっくり寝れると思ったのに、小動物が袋をガサガサとあさる音がする。夜中に起きてテントの外を何度か確認。アライグマにプラティパスを破られてからは全てロープに吊るしているけど、今持っている道具はどれもなくてはならないものばかり大切なのだ。(調子に乗って昼からステーキとワインで、その大事な道具を忘れて来たばかりだけどね)

今までの旅は少なくても3日に一度は歩かない日をもうけていた。8日間もぶっ続けで山道を歩けるなんて考えてもみなかったけど、その国の状況に合わせて歩き方を変えればいい。

ただ、今までの経験では、ペースや歩くスタイルを少し変えただけで、ケガやどこかを痛めたりするきっかけにもなる。
ザックを背負う身体が作られるまで、まだ時間がかかるはず。どんなに疲れていても、ストレッチしてから寝るようにしてる。


21.13.19.21.24.27.16.15(ホープからプリンストンまで8日間歩いた距離)

a0115762_16564568.jpg






Day 54(13㎞)
ストレッチの効果なのか、もうダメかも〜と言って眠っても、朝わりと元気。
キャンプ場を出発して湖沿いを歩く。


a0115762_16484045.jpg






今日は楽しみにしていることがある。Tulameenと言う村にガソリンスタンドがあって、マップでは食料品も売っているようなのだ。
どんな感じか分からないけど、バナナとリンゴはあるんじゃないかなぁ。カップ麺とお湯なんかもあるといいなぁ。パンもあったら食べたいなぁと、数日前から楽しみにしていたガソリンスタンド、小さっ!!


a0115762_16511029.jpg







店はあるの?果物は?店のおばちゃんに聞いてみたら果物はなかった。でも店の奥で簡単な昼食を食べれるみたい。ここは注文するしかないでしょ。


a0115762_13124627.jpg






なーーーんと、全然簡単じゃない、ボリューム満点。さらにおばちゃんは、スイカをサービスしてくれてた。
6日間、インスタントフードとナッツだった私達には感激の昼食だ。コーヒーのおかわりも並々入れてくれて、元気復活。トマトとジュースを買って、おばちゃんと店のお姉さんにお礼を言って、また歩く。


a0115762_13143022.jpg







真っ直ぐなダート道復活。このエリアはARV がよく通る。私達をみたら埃が舞まないよう、ゆっくり走ってくれる。


a0115762_13195961.jpg





一が停まって、この先のトレイルのことや、熊対策のホーンの事を教えてくれた。


a0115762_13325195.jpg







小さな集落で、飲み水をもらう。プリンストンまであと19㎞。


a0115762_13414808.jpg







それにしても暑くてたまらない。気候が乾燥した空気に変わってから、飲み水になるような湧き水が見つからなくなった。
良い感じのテン場があったから、無理して歩かず早いけどここでキャンプをはって、明日早くに出発しよう。


a0115762_14502858.jpg





洗濯したり。


a0115762_14085530.jpg







体を洗ったり。


a0115762_14115092.jpg







最後の食料を使って、お腹いっぱいに食べて。


a0115762_14474319.jpg






もちろん焚き火も。
今日の昼に栄養を取ったから、いつもの空腹感も無くゆったりできたテン場だった。


a0115762_14530884.jpg






Day 55
翌日もまた、真っ直ぐなダート。気温もさらに高くなってへばったけど、舗装路に変わってからやっと、やっとプリンストンの町が見えて来た。
あそこまで行けば店があるーーーー。あと数メートルだ〜〜と思った私にとっては忘れられない光景。


a0115762_14554374.jpg







この時点では、この町のどこかで野宿するか、キャンプ場まで行くかだったけど、カウチサーフィンをしているヘザーからの連絡で、彼女の家に行くことになった。


a0115762_06261187.jpg







彼女は留守で帰るのは夜中だけど、家に入って好きなようにしていて、との事で食料を買い込んでベランダからの景色を眺めていた。煙ってる?これっていつもなの?
隣の部屋の人が家に来て、山火事よと教えてくれた。


a0115762_06313368.jpg






夜中になるはずのヘザーが突然帰って来て、挨拶もそこそこに「大変な山火事で、全員仕事はキャンセル、さあ一緒に行くわよ」と状況が飲み込めないままに車に乗った。


a0115762_06360565.jpg






この日から3日たった今も、山火事はおさまるどころか広がって、私達が歩く予定だった方向は煙の中。ヘザーから出発を延ばすことを強く勧められた。
今日3人でベリーを摘みに行ったのに、帰ると状況は急変。避難地域は近くまで広がって、ヘザーも友人の所へ避難する準備を始めた。もちろん私達が進む方角と反対方向。
これからは、火事の状況によって動くけど、トレイルは選択肢に入れてない。


タイミングがずれていたら火事だと知らずに山を歩いていただろうし、ヘザーにもとても助けられた。


a0115762_06380797.jpg





私達が歩く予定だったトレイル。


a0115762_06415689.jpg







書きたいことはたくさんあるけど、途中から状況が変わったので、取り急ぎ今の状況をアップします。

今日カナダでは、また別の山火事が起き続けている。

私達が目指していたのはケロウナ。今日ヘザーに別の安全なルートを教えてもらったら、まさにそのルートで山火事が発生した。

で、これからどうするべきか、ヘザーのアドバイスを聞きながら考え中。




a0115762_11250597.png







にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 世界一周
世界最長の『トランスカナダトレイル』を基本に、夫婦でカナダを横断しています。


一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら






# by ayumiaruki | 2017-07-11 11:13 | 旅日記 | Comments(4)
2017年 07月 10日

ホープ〜プリンストン 前半の6日間(125㎞)


【カナダを歩いた距離】            575km
【これまで歩いた総距離数】 6,258km


On the Trek across Canada on foot Stage2

Vancouver 👣👣Kelowna

【Distance in Canada】575㎞
【Total distance 】 6,258㎞


【We are in 】
 Heather's house Princeton.BC.Canada 

【Day 47〜53】
  Hope Telte-Yat Campsite→(21㎞)→Coquihalla Highway河岸→(13㎞)→Coquihalla Highwayとの分岐手前→(19㎞)→
Coquihalla river Provincial park→(21㎞)→Coldwater River Provincial Park手前→(24㎞)→Spearing Creek 上流→(27㎞)→Otter Lake Provincial Park Camping 



予定より長い8日間かかって次の町、プリンストンに到着した。長かった〜。もー長すぎ!こんなに頑張って歩いたのは初めてだ。しかもザックまで背負って。人間食べれないとなったら、必死に歩くもんだ。
でも段々と自然に溶け込んで来てるのがわかる。身体も強くなって来てるのがわかる。自分の足でカナダを進んでいるのがわかる。
充実の8日間だった。



Day 47
今回は次の町まで、さらに長い距離がある。食料の心配をしなくていいように多めに準備。

a0115762_08565487.jpg





明日いよいよ出発だ。最後の晩はサラダ、スープ、ワイン、バケット、チーズ、そしてダニエルがステーキの焼き方を教えてくれて、レアのステーキ味わう。お互いにデザートとワインも用意していて、最後の時間を楽しみたい気持ちが伝わる。ダニエルのワインは上等だった。
こんな時は、作った料理をシェアするのが本当に楽しい。サラダをとても喜んでくれて嬉しかった。

a0115762_06205530.jpg





Day 48 (21㎞)
ダニエルと途中まで一緒に歩いて出発。きっとまた会うと思うから悲しくはないけど、ダニエルが1人で山に入って行く事を思うと、寂しい気持ちになる。
荷物がアホみたいに重いのは重々承知だけど、今日の昼食場所は絶景でなければいけない。
なぜならーーー!昼から、昨日残ったステーキを焼くからだ。

a0115762_09011376.jpg






ダニエルからは、カナダの気候、野生動物、栄養価の高い保存食など色々教えてもらった。
そのダニエルが「牛肉ならジップロックに入れれば翌日の夜でも食べれる大丈夫だ。私が保証する」とまで言うので初めての挑戦。
大成功!!昨日の残りのワインとバゲット、ステーキで昼からすっかりご機嫌な2人。

a0115762_09033350.jpg






さっきまでご機嫌だったのに、天気は急激に暑くなって、ふらふらするのは酔っ払ったから?なんだか足取りが重いぞ。しまった!今日から丁度一週間、体調が悪くなる日だったんだ。タイミング悪すぎ。ハイウェイ沿いに歩く。

a0115762_09074027.jpg





こんなハイウェイ沿いでも、素晴らしいテン場があるのがカナダ素晴らしいところ。もちろん水浴びしてからの夕食。
と、ここで重大なミスに気づく。アルコールコンロのゴトクが無い!最後に使ったのはもちろんあの、ご機嫌なステーキを食べた川辺だ。
あちゃー早々にやっちまったなあ。

a0115762_09112816.jpg






Day 49 (13㎞)
結果、翌朝私がテント撤収、パッキング、昼食も準備して、フミさんが歩いて昨日昼食場所まで戻るという何ともアホらしい出だし。
鍋を片付け、忘れ物チェックをしたのはフミさんだけど、ここはお互い責めない暗黙の了解。
フミさんはヒッチもして、初日から18㎞も余分に歩くことになった。左はハイウェイ、右は崖の危ないトレイル。

a0115762_09160996.jpg





ハイウェイから離れたダートで、暑さにへばりかけた時、陽気なカナディアン発見。そうだ!今日はカナダデイ。3連休が始まるんだ。

a0115762_09182611.jpg





「写真撮ってもいい?」「もちろん!こっちに来いよ!ビールあるぞー」なんと彼らはビール会社の人だった。このタイミングでキンキンに冷えたビール!!まるで森に現れたエンジェルだわ〜。

a0115762_09204186.jpg





美味いーーーっ!!と雄叫びを上げたら、『I AM CANADIAN』フラッグをプレゼントしてくれた。
この後、奇跡的にテン場が見つかる。

a0115762_09273065.jpg





Day 50 (19㎞)
今日からハイウェイを離れて、少しづつ標高が上がる。

a0115762_09323567.jpg





山に入ると不安もあるけど、景色は素晴らしい。

a0115762_09360049.jpg





ダートから離れた場所に、良いテン場発見。

a0115762_09423668.jpg






人が足を踏み入れた形跡のない場所。

a0115762_09514142.jpg





食後はもちろん焚き火とコーヒー。この時のコーヒーは最高に美味かったなあ〜。

a0115762_09534463.jpg





夜は火があるだけで安心出来る。

a0115762_09565906.jpg






Day 51 (21㎞)
またハイウェイ沿いのトレイルに戻って、標高1,000mの峠越え。
食料がとぼしくなっていたところへ、またもやエンジェルが現れた。ハイウェイの休憩場所に移動屋台が来ていたのだ。
迷わずサンドウィッチ、サモサ、コーヒーを注文する。こんな時の為にいつも外食をセーブしてるのだ。
椅子とテーブル最高!お湯も沸かさずに、食事してコーヒーまで飲めるなんて信じられない。

a0115762_10085894.jpg





おまけにアイスまで。これで頑張れそうな気がしてきた〜。

a0115762_10100348.jpg






再び左にハイウェイ、右はコキハラリバー(Coquihalla river)出発した日からこの川沿いを歩いている。

a0115762_10131672.jpg





私達にとって恵みの川。水は飲めるし、体も洗うし、食器も洗うし、食器でお尻も隠せるし。
よし、今日のテン場はここにしよう。

a0115762_10274541.jpg





景色は良くないけど水場が近いし、素晴らしい薪が残ってる。

a0115762_10572785.jpg






夕食は移動屋台でさらに買い足した、サンドウィッチとサモサ、バナナケーキ、それにオートミールで完璧。

a0115762_10455489.jpg





Day 52 (24㎞)
ハイウェイ沿いから歩き始めて標高940mまでまた下る。ハイウェイから少し離れただけで、シカをよく目にする。休憩中に始めてコヨーテを見た。

a0115762_10593526.jpg





ここも、トランスカナダのトレイル。自転車が通った後もあった。

a0115762_11022462.jpg






ブルックメアという集落に来た。標高はまだ高いのに暑い。なんでこんなにいきなり暑くなるんだ。ダニエルが言っていた通り、いきなり乾燥した気候にかわって、喉が乾いて仕方ない。こんな時に限って飲み水になるような川がなくなってしまった。ホープのインフォメーションセンターの人も知らなかった、山の中の小さな集落だったけど、老夫婦の家で飲み水をもらえて助かった。
あるときはあるけど、欲しい時に水はなかったりするな。

a0115762_11043003.jpg





トレイル横にスペースを見つけて、そこでキャンプ。2人とも疲れが出てきた。なのに蚊とアリの猛撃でさらに体が疲れる。汗だくだったから、崖を降りてトゲの草むらを分け入って小さな小川で水を浴びたけど、蚊とブヨの攻撃がハンパない。一瞬であちこち刺された。フミさんが、わざわざ一緒に来てくれて、ブヨに刺されないように、私の体を叩いてくれて、ありがとう、でもふらふら〜。
ここにも焚き火跡に、薪があって助かる。ここ最近は毎日焚き火をしている。

a0115762_11125165.jpg





フミさんは食料を、吊るすのも随分上手くなった。熊は来なかったけど、シカが崖から下りる通り道だったようで、何度も目覚めてしまった。獣道はチェックしたのに見逃していた。とんでもない場所から降りてくるんだな。

a0115762_11055973.jpg





Day 53 (27㎞)
朝の涼しい時間に出来るだけ距離を稼ぐ。この辺りは川と言うより沼が多いから蚊も凄い。右肩はつねに蚊がとまっていて、パンッと叩くと蚊が3匹パラパラと肩から落ちて笑えてしまう。だから手のひらは、いつも血が付いている。
少し足を止めるとさらに大群になって襲ってくるから休憩もままならない。
牧場跡や、数年前まで人が住んでいたような場所がいくつかあったけど、暑くて誇りだらけで、真っ直ぐ単調なトレイルに嫌気がさして来た。ダメだ疲れてる。頭が朦朧としてきた。

a0115762_13070271.jpg





えっ?沼に裸の妖精が浮いている?ダメだマジで頭が、、、「ハロー」人だーーーー!
小さく見えたけど、目の錯覚だったし裸じゃないし。彼女は近くに別荘をもっているそうだ。あーーびっくりした。

【注意】そこのあなた!!写真を拡大してチェックしないように!

a0115762_13095572.jpg





27㎞も歩いて疲れたし、もう水もない。このまま歩いても水場が見つかる可能性は少ないだろうと見込んで、トレイルを離れ車道に出て、キャンプ場に泊まることにした。バテたし、こんなに喉が乾いたことがあっただろうか。
コーラフロート、アイスティー、レモンスカッシュ、、、、こらー頭の中から出て行けーーーー!グラスに水滴を付けた冷たい飲み物が次々と出てくる。キャンプ場にはトイレと水だけなのが分かってるから、何とか他の事を考える。

キャンプ場に着いて水場へ直行。いくら水を飲んでも喉が乾いて仕方ない。これだけ飲んでもまだ喉が乾いてるなんて、何なんだ?
でも水があれば充分。水道で頭と手足を洗ってスッキリしたけど、また蚊に刺されまくった。頼むよ〜疲れてるんだからゆっくりさせてくれよ〜〜〜。
キャンプ代に20ドル使ったけど、ここで飲み水と夜に安心して寝れることを考えたら、それ以上の価値がある。
今日で前半の遅れは取り戻した、食料も足りる、あともう2日歩けばプリンストンに着くはずだ。






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 世界一周
世界最長の『トランスカナダトレイル』を基本に、夫婦でカナダを横断しています。


一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら






# by ayumiaruki | 2017-07-10 05:42 | 旅日記 | Comments(7)
2017年 06月 30日

ジーニアスな人


【カナダを歩いた距離】            451km
【これまで歩いた総距離数】 6,258km


On the Trek across Canada on foot Stage2

Vancouver 👣👣Kelowna

【Distance in Canada】 451㎞
【Total distance 】 6,258㎞

【Day 40〜46】
【We are in 】
Hope Telte-Yat Campsite BC Canada




Day 40〜46
ホープのキャンプ場でくつろいでいる。
昼になると海からの風が、細い谷間を通り強風となって川を抜け、キャンプ場を襲ってくる。
そして夕方になると、嘘みたいに風はピタリと止む。
毎日、毎日、風は必ずやってくる。ヤツが来たらもう誰にも何の手出しもできない。
それさえ知っていれば、上手くやってゆける快適なキャンプ場だ。

a0115762_11530209.jpg





小さな町だけど、近くにスーパー、酒屋、100円ショップ、ドラックストア、アウトドアショップまである素晴らしい場所だ。

a0115762_12121911.jpg





毎日、野菜と果物を食べるのが楽しみ。

a0115762_16405713.jpg





マクドナルド会議。これからのルートについて検討中。どの道、前回以上日数のかかる無補給ルートしかないという結論。マジですか!

a0115762_08083985.jpg





キャビンに招待してもらい、スイカをご馳走になったり。

a0115762_12104293.jpg




自転車でトランスカナダを横断している2人。
「シアトルを出発して2日目なのよ」
「ヘェ〜、、、、、What!!!」

a0115762_12110630.jpg




フミさんがマクドで真剣に地図を見ていたときのこと。手持ちぶたさの私は窓の外を眺めていた。一台の自転車が沢山の荷物を載せてやって来る。彼は慎重にスマホとコードだけ取り出すと、マクドに入ってキョロキョロと電源を探している。ここは電源が無い。私は手招きして彼を呼び「良かったらバッテリー使う?」と聞いてみた。

「ありがとう。バッテリーはあるから大丈夫。ひょっとして日本人?僕はポール、でも奥さんが日本人で、神戸でバーをやっているんだ」

そこからフミさんも話し始める。
「ヘェ〜なんて言うバー?僕も友人に一度だけ、神戸のバーに連れて行ってもらった事があるよ」

「!!!!!」フリーズしたままの2人。

そのバーこそがポールの店。その時にお互いフェイスブックでも友達になっていたことが分かった。

私は知らないし会ったこともないけど、沢山いるの自転車旅人の中で、なぜか彼は気にかかり、わざわざ声をかけたのも私。それから2人は会った事があるのも知らずに会話していたのだ。
日本から数百キロ離れた、カナダの小さな町で。
旅をしていると、時々ただの偶然とは思えないような出来事が起こる。

a0115762_12115231.jpg





同じキャンプ場に泊まる事がわかり、多めに夕食を作っておいて、一緒に食べた。そんな時に限ってパスタ失敗。でも野菜たっぷりでヘルシー凄く喜んでくれて良かった。
キャンプ場に着いて料理が用意してあったら嬉しい気持ちよく分かる。
一緒のテーブルに居るのは、愛すべき私達の隣人ダニエル。
この夜は焚き火を囲み、ダニエルのコーヒーを飲みながら夜まで語り合った。

a0115762_12130296.jpg





出発準備中のポール。パッキングしやすいように丁寧に服を丸めている。彼は2年かけて陸路でパタゴニア、オーストラリア、ヨーロッパと世界を回る。

a0115762_12140010.jpg





旅をしていて、何人かの忘れられない人と出会った。私達に大きな影響を与えてくれたり、第2の故郷になったり、旅のしかたを変えたりした人。愛すべき隣人のダニエルもその1人。
彼は、1人で宝石の原石を探すトレジャーハンター。世界各地に飛んで行き知らない土地で人脈を作り、リサーチして、1ヶ月山の中へと入って行く。まるでインディージョーンズみたな人。
知識が豊富で、柔軟で、愉快で、ポジティブ、そして天才。
とても頭の良い人なのはすぐに分かったけど、彼は間違いなく天才の部類に入る人。
彼のアイディアには驚かされるばかり、私達にとても興味をもってくれて、すぐに仲良くなり、今では家族のようにこのキャンプ場で過ごしている。
缶を使った、自作のアルコールストーブ。

a0115762_12124313.jpg






食、車、自然、地質学、アウトドア、あらゆることに精通しているダニエル。
私が、サモサを食べたことがないと言ったら、あんなに美味しいものはない。近くに安くて美味い店があると連れて言ってくれた。

a0115762_12144561.jpg






炭酸ジュースも久しぶり。2人してご馳走になってしまった。

a0115762_12150592.jpg





先をかじって、ソースを入れる。スパイシーで大好きな味!
どのかで見つけたら絶対また食べる。

a0115762_12152757.jpg






毎朝、私達のコーヒーも入れてくれるダニエル。カウボウイスタイルと言って、水にコーヒー豆を入れて沸騰させるだけのコーヒーを教えてくれた。これがまた美味い!

a0115762_12133212.jpg



彼のことは、またいつかゆっくり書きたい。

これからまた一週間何もない場所を歩く。前回より長い工程だからまた慎重に歩く。食料も買ったし、休んだし、これから出発だ。



a0115762_16380491.jpg








にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 世界一周
世界最長の『トランスカナダトレイル』を基本に、夫婦でカナダを横断しています。


一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら






# by ayumiaruki | 2017-06-30 08:01 | 旅日記 | Comments(2)
2017年 06月 29日

水が何より大事


【これまで歩いた総距離数】 6,258km
【カナダを歩いた距離】            451km


【We are in 】
  Hope BC Canada 

【Day 38〜39】
  シルバーホープクリークとの出合い→(24㎞)→シルバーレイク下流→(11㎞)→ホープのキャンプ場




Day 38
山から一気に下って、開けた場所でキャンプした翌日は、昼ご飯を食べてから出発。
これで少し元気になった。


直ぐに道路へ出れるけど、あえてトレイルを選択。見晴らしが良くて気持ちよく歩けるトレイルだった。
それにしても、キャンプ場を出てから誰一人にも会っていない。
たった数日だけど、こんな風に山を歩いていたら、山での音や匂いに敏感になってきているのが分かる。

a0115762_09150804.jpg





見晴らしが良くても、最後まで気を抜かずに熊対策。ザックに付けたマグカップ2つの音が頼りないから、棒で叩きながら歩く。

a0115762_09170222.jpg





こういうちょっとした動きでも、ずっとしてると疲れる。

a0115762_09201052.jpg





ここからトレイルが終わって道路へ。
1番上に小さく、TCT (トランスカナダトレイル)のマーク、次は初めて見るブリティッシュコロンビアのトレイルマーク、そして1番下がおなじみのトランスカナダのマーク。
ふみさん顔が疲れてる。

a0115762_09223422.jpg





今日も快晴だ。まだ力も残ってる。

a0115762_09240577.jpg





車は通らないのかなあ?道路といっても砂利道だ。でも歩きやすくて気持ちのいいルートだ。熊はどうなんだろう?

a0115762_09263868.jpg





あ、やっぱりいるのね。足跡を追うと、しばらくして山に入っていった。入り口の草がしっかりと凹んで、熊が一度座ったのが分かる。雨のあと昨日かな?
ここでもカンカン鳴らしながら歩いた。

a0115762_09291024.jpg




これはシカかな?

a0115762_09315421.jpg





バテる前に小まめに休憩。ちょうどいい石がある。出発前にあらっ?

a0115762_09345726.jpg





私達が座っていた石の隣は蛇がいた。熊以外も気をつけねば。

a0115762_09355203.jpg





もう7時だ。もうとっくに食べ終わっていないといけない時間なのに、テン場というテン場は誰か居て空いてる場所が全然ない。
そして水もあと少しでなくなる。早く浄水して飲めそうな川を見つけないと。
そんな時に限ってあると思っていた場所に川がない。あっても道路の下を流れるようになっていたり、枯れたあとだったり。
水とテン場を探しながら歩いて、疲れも一気に出た。
この景色も全く楽しめず、湖の水はさすがに飲めないし。

a0115762_09372438.jpg




そうこうしてたら、どんどん進んで州立公園のエリアに入ってしまった。
こういう標識のある場所では絶対にテントを張らないことだ。
2人とも、空腹と疲れと、あちこちの痛さがピーク。州立公園エリアを出てからやっと良さそうな場所があった。もうここしかない!やっと見つけたーーー!
しかし、そこに置いてあるゴミ箱のフタが壊れて無いマジか、、、。中にはリンゴの芯が入っていて私でもリンゴの匂いがよく分かる。
うーーーーん。迷う時間がないのは分かってるけど、迷った。
もうここに張って、ご飯作って寝てしまいたい。もう疲れた。
待て待て、あんなに熊に用心してきてここでこれ?

a0115762_09381600.jpg





歩くか、、、、。
しばらく歩いてて、水の音が微かに聞こえてきた。あるぞ!ある!絶対ある!!
道路の端に確かに流れてる。ふみさんが水源をたどると水の湧いている場所があった。
ヤッターーー水確保ーーー!!

a0115762_09401916.jpg





湧き出た水が上手い!湧き出てる場所分かるかな?ほぼ不純物なし。もちろん浄水なしでゴクゴク飲んだ。
あとはテン場だ。

a0115762_09431279.jpg




水を確保したらもう8時。もうテン場も見つからないかと諦めかけた時、すっと道路に光が差し込んであたりが明るくなった。ふみさんの後ろ姿をみてて、多分今日もなんとかなるような気がしてきた。

a0115762_10101840.jpg




なんとかなった。川辺に誰かキャンプした跡がある。前のキャンパーがゴミをそのまま置いて居たのと(カナダでこんなマナーの悪いのは珍しい)岩に落書きがある(これも初めて)のとで、みんな嫌がったんだろう。

a0115762_10352537.jpg





私達でもちょっと躊躇したけど、燃えるゴミは燃やして、空き缶の中身は捨てて洗って、ふみさんは置き去りのオムツも分別して燃やして、なんとか綺麗になった。

a0115762_10375951.jpg





今晩も食料は木に吊るす。毎日の日課だ。

a0115762_10425117.jpg





そしてもちろん焚き火。ホープまでの距離もあと11㎞になったし。ゆったりした気持ちになれそうなものなのにどうにも落ち着かない。
夜トイレに起きて、まだ明るい焚き火に薪をくべていたらハマってしまい、夜1時になってしまった。その次に起きたふみさんも同じくハマってしまい、なんと朝方の4時まで。
おかげで熊は来なかったけど、2人とも疲れ切ってるはずなのに、みょうに落ち着かない感じだ。

a0115762_10400512.jpg




Day 39
 寝不足のはずなのに、シャキッと起きて準備。今日平地の道路を11㎞歩いたら、ホープに着く。あーー何食べよう?スイーツは何にしよう?
そんな事ばかり考えて出発したら、テン場にマグカップを忘れてしまった。ふみさんが走って取りに行ってくれたら、見つけた人がマグカップに『ayumi 』と書いてあったのを見て、さっき歩いてた2人に違いないと、車に乗ってわざわざ届けに向かってくれてたそうだ。親切だなあ。
10時ころ久しぶりに建物を目にする。町がある気配だ。

a0115762_10450020.jpg





この日も天気が良くて山から下りたから暑い。それにしても天気には恵まれた。この橋を渡ったら、あと数キロだけど、なんて事ない舗装路の数キロが長く感じた。

a0115762_10522582.jpg





そしてついにホープ到着!!疲れと暑いので、顔笑ってない。
とにかく、2人で無事に着けてよかった。ふみさんはキャンプ場の確保。私はスーパーで買い物。買うぞ〜食べるぞ〜!

a0115762_10562984.jpg







にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 世界一周
またクリックしてもらえると嬉しいなあ。


一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行Trek7 夫婦北米大陸徒歩横断編




# by ayumiaruki | 2017-06-29 08:00 | 旅日記 | Comments(0)