ただ歩いてゆく旅

ayumiaruki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 07月 02日

和歌山県入り

【これまで歩いた総距離数】1,377km
【現在地】和歌山県 新宮  









大同楽座から熊野市まで端無さんが荷物と一緒に送ってくれた。
フミさんが日本縦断の途中に出合った旅人の二瓶さんも一緒。

二瓶さんは数日前に、フミさんに会いに来てくれたライダーで、大同楽座で一緒に過ごしたが
66歳の好奇心旺盛で発想豊かな人だ。
料理が上手で、いつも美味しいおかずを作ってくれて、最後の夜は私たちに尾鷲の名物を
食べて欲しいと、腕を振るってくれた。

熊野市の海岸には、以前取材に来てくれた朝日新聞の記者の人も、写真を撮りに来てくれて
3人に見送られての出発だ。
とっても晴れた日だったけど、やっぱりお別れは寂しいものだなあ。








出発の朝、大同楽座前で左から、二瓶さん、端無さん
a0115762_22314645.jpg










熊野市からは七里御浜を進んで行く
a0115762_22331556.jpg








新宮では、RIKIさんのご主人が紹介してくれた、金子さんの家に泊めてもらった。
金子さんは、新宮から離れた山奥の集落に民家を借りて、一人で暮らしていると聞いていた。
新宮まで車で迎えに来てくれた金子さんが山の奥へ奥へと車を走らせる
ここが集落の終わりかなと思ったら、さらにそこから走り、この先もう誰も人が住んでいないという
場所まで来た。
そこでぽつりと「そういえば、家の前まで車が行けないんですよ」
到着して納得、歩いて橋を渡らないと、家にたどり着けないのだ。
a0115762_22361917.jpg








この奥には誰も人は住んでいないし、畑も借りて使えるし、家の前の川は泳ぎたい放題だ。
金子さんは一目でこの家が気に入ったそうだ。
しかも家賃は無し。
高齢化でこの家に住めなくなった大家さんは、維持するのは大変だし、でも家は壊したくないから
金子さんが住んでくれて、とても喜んでいるようだ。
a0115762_22375571.jpg










東京生まれで、北海道大学卒業の金子さんは、カナダのワーキングホリデーで林業に興味をもち
この土地で応募していた林業の仕事に応募したのがきっかけで、理想の土地を見つけた。
家の裏手にある山の木も間伐してあげたり、かなり控えめで、好青年の金子さんはきっと
この土地のおじいちゃん、おばあちゃんから慕われているんだろう。
a0115762_22383466.jpg











翌日は3人で、120mの山頂にある神倉神社に出かけた。
白装束に松明を持って駆け下りる「お灯祭」で有名な神社だ。
金子さんも参加したことがある。
a0115762_22391175.jpg











「ごとびき岩」という巨厳を神体岩として祀るから、磐座信仰から発した神社と考えられてるそうだ
a0115762_22395023.jpg











午後は、熊野で知る人ぞ知る、武和(ぶわ)さんに会いに行くことになった。
武和さんはパッチワークハウスという家を基礎から全て自分一人で作った人で、
その家で土地のこと、信仰のこと、色々語り合った。
熊野にとても好きな場所が二つあってそこへ連れて行ってくれるという。
a0115762_22403797.jpg










雰囲気満点の沢を武和さんについて歩いて行く
a0115762_22412648.jpg











靴を脱いで川を渡り、武和さんお気に入りの場所に落ち着くと
3人とも一瞬無言になってしまった。
こんな美しい場所があるものなんだとため息ばかり
左が武和さん、右が金子さん
a0115762_22421149.jpg






武和さんは、雨の日も、満月の日も、年越しも、新年もこの場所で過ごす
a0115762_22454752.jpg








けれどもここには道路を作る計画があったそうだ
山の木を運ぶための道路で、その設計図もまだ役所に保管されている
今は中断されているようだけど、なんとかならないものかと話していた。
a0115762_22464911.jpg








お気に入りの場所に座ると正面にあるのが桃太郎岩
a0115762_22473544.jpg












a0115762_2332813.jpg










最後に訪れたのが、樹齢1,600年の楠木
この木のすぐ下まで、観光バスが停められるような駐車スペースを作る計画が
あったそうだが、木の根が真下にある場所だ。
せめてもう少し遠くに作って欲しいとお願いしてなんとか難をのがれたそう
a0115762_2353993.jpg








三重県から南下してくると、自然、信仰、人々、少しずつ変わってくるのが肌で感じられる
なんていうのか密度が増してきているというか
武和さんの話しを聞きながら、やっぱりこの土地には何か存在するような、そんな気がしてくる。







にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。クリックお願い!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2010-07-02 13:16 | Comments(8)
Commented by somashiona at 2010-07-03 08:47
う〜ん、面白い!
金子さんの家、桃源郷みたい。うらやまし。
武和さんのような地元を心から愛する人にお気に入りの場所を案内してもらうなんて贅沢だよねぇ。
それにしても、フミさん、金子さん、武和さん三人の写真、同じタイプのオーラが漂いまくっていて驚いてしまう。いい写真だ。

>三重県から南下してくると、自然、信仰、人々、少しずつ変わってくるのが肌で感じられる

なんとなく言ってことが分かる気がする。

新宮は小説家中上健次のふるさと、彼の作品にも触れて欲しいなぁ。

あ、そうそう、朝日.comの記事、リンク貼らないと!
Commented by tes_music_system at 2010-07-03 18:41
不自由を不自由と思わない生活!
便利な生活の中で怠惰な生活をして心も体も病的になっている私・・・?!
Commented by 真教 at 2010-07-04 11:53 x
和歌山入りですね。南方熊楠ゆかりの地ですね。そして僕にとっては切っても切れない高野山のある地ですが、今回は和歌山内陸部は行かないですよね。和歌山の山は深いですからね。

気をつけて歩いて下さい。川にはアブがいますから、ご注意を!
Commented by ayumiaruki at 2010-07-09 18:27
お兄ちゃんへ
予想してた以上にこの地域は面白いよ。でも歩いて通り過ぎるだけだったら気づかなかったかも知れない。端無さんや、武和さんみたいな地元の人と出会えたことで、また面白い人と繋がって、深い世界に入ってゆくのが面白い。深い世界といえば、しばらく雨だからと思って今日、中上健次の本を買いに行ったら、なかったーー!地元なのにー。
Commented by ayumiaruki at 2010-07-09 18:45
tes_music_systemさん
なにをおっしゃいますか。怠惰な生活の人はあんなにブログアップ出来ませんよー。毎日続けることは大変なことですよね。本当に感心します。結構見てるんですよ~(笑)
Commented by ayumiaruki at 2010-07-09 18:52
真教さんへ
やっと和歌山です。高野山行きますよー。伊勢神宮、熊野古道、新宮、と歩いたので、田辺~本宮~十津川~高野山~奈良 という大まかな予定です。
こんなに先の予定を立てるのは初めてのような気がしますが、ここはフミさんのこだわりがありまして、私もせっかくここまで来たのだからと少しずつ盛り上がってます。
Commented by まちこ at 2010-08-05 15:47 x
こんにちは。まなぶさんにお聞きして、あゆみさんの和歌山県の写真を見に来ました。現在、タスマニア大学で、(自分でも不思議なことなんですが、)中上健次について論文を書いています。あゆみさんの写真によって、ますます中上の世界に引き込まれました。熊野の美しさも、痛みも、写真にとって見せて下さり、ありがとう。枯木灘さえもみたことがない私にの論文は、またまだ「机上の空論」ですね。わたしも来年の夏には、熊野をゆっくり歩いてみるつもりです。身体にお気をつけて。すばらしい出会いがたくさんありますよう。

Commented by ayumiaruki at 2010-08-06 18:58
まちこさんへ
こんにちわ。嬉しいコメントありがとうございます。
なんとタスマニアで中上健次の論文を書いているんですね。
実は私、ここに来るまで中上健次を知らなくて(すみません)この土地を歩いてから潮岬の図書館で借りて読みました。(兄が読め読めと言うので)
「紀州 木の国・根の国物語」を読んで、その後枯木灘、すさみを歩き、熊野の奥深い山で働く人の話しを聞き、老人と話して、とても不思議な経験をしました。とても贅沢なことですね。でももっと早くに読んでおきたかった。
来年の夏歩かれるんですね。是非是非ゆっくり歩いて欲しいです。


<< 渦中の町 太地町に来る      市議会議員の端無徹也さんと尾鷲市 >>