ただ歩いてゆく旅

ayumiaruki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 08月 12日

高野山に到着

【これまで歩いた総距離数】1,690km
【現在地】和歌山県高野町 高野山
十津川温泉(20km)~湯泉地温泉(12km)~谷瀬つり橋の里(24km)~野迫川村(22km)~
和歌山県
高野山(17km)
 











本宮を出発してからは、日本一広い十津川村を川沿いに北へ向かって歩いた。
道路は十津川の流れに沿ってくねくねと曲がったり、離れたり、ずっと上から川を眺めたりまったく飽きることがない。
上流へ進むにつれて谷は深くえぐられて、平地が少なくなってゆく。
それでも家は山にへばりつくようにしてポツポツ建っていて、これもまた見ていて飽きないのだ。

平地が少ないだけに、今までのような涼しい旧道や脇道がなく、商店も少ないから食料の調達に苦労したけど
国道沿いのあちこちに沢水や湧き水があって、キンキンに冷たくて美味しい水が飲めるのがうれしい。
湧き水を10秒も頭にかけてたら、体全体ブルブルするくらい冷える。

海外ではこんな風に冷たくて美味しい湧き水が飲めるような道が沢山あるんだろうか。
最近は川で泳いで疲れをとったり、体を洗ったり、水を飲んだりして日本の豊かな水に助けられてる。
この間のテント場でも水を補給し忘れていて、すぐ脇の川から水を汲んできて一晩過ごせた。
奇麗な水かどうか、見た目よりも匂いですぐに分かる。
今までは川底が見えたら奇麗だと喜んでいたけど、紀伊半島の中心部に近くなるにつれて
さらに川の水が奇麗になってきて私達も水に関しては随分贅沢になってしまった。

こうやって自然の水と深く関わって初めて、これは残してゆかなければならない大切なものだなと
いまさらながら考えるようになった。












紀伊半島に入ってからのルート
青の線が荷物を置いて歩いた本来の熊野古道
一番下のちょこんと丸いのが潮岬
a0115762_12285926.jpg










谷瀬のつり橋
昭和29年に800余万円を投じて架設した生活用のつり橋では日本一と言われているつり橋
当時は丸木を渡して橋にしていたけれど、何度も洪水で橋を流された谷瀬の人達が
一戸当たり20万円もの出費をして完成したもの
a0115762_12293437.jpg








明治22年の大洪水で十津川村の被災者が新天地を求めて移住したのが
北海道の「新十津川」。知らなかった・・・。
a0115762_1230825.jpg









右手は急な山で道を挟んだ左手に家がある。
湧き出る水をこうして貯めている家が多かった
a0115762_12304631.jpg








a0115762_12314640.jpg











ずっと狭い道を歩いていると、こういうちょっとした平地に出たときほっとする
a0115762_1233241.jpg










歩いて登ってきた山々
高野山までの1日はひたすら上り坂で最高点は標高1,000メートルの天狗木峠(てんぐきとうげ)。
登りは辛いけど涼しかったし、こうして歩いた山を眺めると元気がでる
a0115762_12333769.jpg











峠付近から下る
真夏だっていうのに、頂上付近は寒いくらいだった
a0115762_12341945.jpg










a0115762_1235524.jpg











高野山 金剛峰寺(こんごうぶじ)
a0115762_12354056.jpg










高野山ではキャンプ場に泊るつもりで来たら、事前に役場で予約しなければならないことが分かった
その日のキャンプ場は、何日も前に予約した総勢20名くらいの家族の団体さんが楽しんでいて
他にテントを張れる場所もなく事情を説明したら、テントを張らせてくれた上にバーベキューの焼肉や
野菜やビールを差し入れしてくれた。ありがたい。
テント張りを手伝ってくれる子供達。
a0115762_12361641.jpg












にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。クリックお願い!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2010-08-12 12:28 | Comments(14)
Commented by ヒロコ at 2010-08-12 18:16 x
いい旅しているね。
どんどん野生化しているのは、すごい!!

私は、OLして普通の生活満喫中。
自然とはすっかり離れた生活です…

体調には気を付けて、夏を乗り切ってね♪
Commented by takoome at 2010-08-12 22:51
サワディ〜カ〜
お地蔵さん、すてきな写真、
空気が流れて来ますね、^^
Commented by くるみ at 2010-08-13 01:17 x
今日出会ってよかったです(^o^)/頑張って下さい♪
Commented by ちひろ at 2010-08-13 01:26 x
今日会いましたね!
覚えてますかあ?
これからも頑張って下さい
Commented by tes_music_system at 2010-08-13 07:35
凄いつり橋だね~!渡るのも怖そ~!
Commented by photo_ehime at 2010-08-16 18:04
暑い中、涼しげなルートでいいですね。
Commented by ayumiaruki at 2010-08-19 16:08
ヒロコさんへ
お久しぶりですお元気ですか?
2年前ヒロコさんの家に泊めてもらった時に「あゆみちゃんがこの旅でどんな風に変化するか楽しみ」と言ってくれたのを今ふと思い出して結果は「野生化」なのか?とちょっと怖くなってます。
ヒロコさんが普通の生活ですか?それはウソだーー。
Commented by ayumiaruki at 2010-08-19 16:13
takoomeさんへ
サワディ~カ~
暑すぎるとカメラを取り出すのも億劫になって、ここ数日何も撮ってませんでした。、お地蔵さんは涼しい高野山で久しぶりに足を止めて撮った写真です。
そちらも暑いんでしょうね。お体気を付けてくださいね。
Commented by ayumiaruki at 2010-08-19 16:21
くるみさんへ
こんにちは。本当にブログ見てくれたのねありがとう。
あんな夜に公園でテントを張ってる私達に声をかけてくれるなんて勇気のある高校生達だと関心してました(笑)
あの後スパゲティーも無事に完成して美味しく食べましたよ。くるみさん達は「すき焼き」のカロリー落とせたかな?
Commented by ayumiaruki at 2010-08-19 16:28
ちひろさんへ
こんにちは。もちろん覚えてますよ。あの日は声をかけてくれてありがとう。ちひろさん達が言ってたように結局交番の人は現われず誰にも注意されずに出発しました。
コメントと応援ありがとう。次回はテレビで会えるかなあ・・・。
Commented by ayumiaruki at 2010-08-19 16:31
tes_music_systemさんへ
歩くたびに揺れるつり橋怖かったです。フミさんはカートで通りたかったみたいで、今思えばそれもよかったかなあ。
Commented by ayumiaruki at 2010-08-19 16:37
photo_ehimeさんへ
今思えば天国のようなルートでした。フリースを着て寝ていたなんて信じられません。愛媛も暑いんでしょうね。
Commented by photobra7 at 2010-08-27 09:06
谷瀬から高野、たいへんだったでしょう!?
自転車で走ったときに身にしみました。山また山・・・・
写真懐かしく見ました!
写ってる場所ではなく雰囲気!
まさしく谷瀬から高野の道中はこんな感じですよね。
それが少ない写真で見事に表現されてると思います。
山並みを抜けたら山肌や街道に張り付くようにして点在する家々・・・・。
まさしく熊野!
ちなにみ私、つり橋の真ん中でフーリーズしました・・・高所恐怖症。
高野山は行くたびに霊気を感じます。「冷気じゃないの?」との噂もありますが・・・。
Commented by ayumiaruki at 2010-08-30 23:55
photobra7さんへ
ひたすら登り道で大変だと思って歩いていたけど、今になって思えば、あんな涼しくて冷たい水のある場所を歩けて幸せでした。だって奈良県の町に入ってからの暑さといったら、何にもやる気をなくしてしまうんですよ。
あの場所の雰囲気は特別で忘れないですよね。photobraさんが走ったときと変わっていないというのは最近の日本では貴重な出来事かも知れません。あのまま変わらないで欲しいと思うのは旅人の勝手な思いでしょうか。


<< 文明生活      熊野を堪能する >>