ただ歩いてゆく旅

ayumiaruki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 09月 16日

旅 再開

【これまで歩いた総距離数】1,851km
【現在地】奈良県 奈良市 











天理市で荷物を預かってくれていた家を出発して半月ぶりに歩きはじめた
夕方4時半の出発。
なんだか調子が出ない・・・。
体調はバッチリなんだけど、心地良い東京での2週間が名残惜しいのか
ああ、もう毎日のシャワーやトイレ後のウォシュレットや清潔なシーツともお別れか。

暗くなってから公園にテントを張ろうとして近所の人に声を掛けたら
「テレビ見ましたよ~」と言ってくれて、そのに居た数人の子供達が
「川で風呂入ってた人や~」と追っかけてくる。
夜は近所のおじさんがテレビ出てたんだって?と畑での晩酌に誘ってくれた。

そんなこんなしてるうちにすっかり旅の気分がもどってきてた。
おそろしく単純だなあ。












天理からは偶然見つけた「山の辺の道」を歩く
奈良盆地よりすこし高台だからか風がそよいで、景色もよくて、
気持ちの良い道だった。
「やまのべのみち」という名前がぴったり。
a0115762_15394460.jpg










左の方は車から「テレビ見たよ~」と声を掛けてくれた松本さん。
せっかく天理市に来たのだから、是非天理教の神殿を案内したいと言ってくれ
天理教の教えというより自分なりの考えを分かりやすく説明しながら案内してくれた。
私達を勧誘したりすることは全くなくて、楽しいひと時だった。
a0115762_15402191.jpg












一度宿舎に戻り、私達の為にとおにぎりや、お茶を持ってきてくれて
たこ焼きをご馳走してくれた。
テレビ番組に感動してくれたようで、昨日同じ宿舎の旅好きの若者(写真中央)に
私達の話を熱く語ったばかりとのことだった。
最初は随分けったいな建物の多い町だなあと思って歩いていたけど
松本さんと出会えたことで天理市の印象が変わったな。
a0115762_1541613.jpg













この日は奈良市内でBARをしているご夫婦と会うことになっていて
夜に市内を歩いた。
今までだったら街中は不審者の目で見られることが多くって
こそこそと逃げるように歩いていたけれどこの日は

キャーテレビで見たー本物だー!とか
がんばってね~といきなりハグしてくれたり
あれ~観光地歩いてる~!
など気軽に声を掛けられてちょっと安心。

道中でも、今これしかないけど、と申し訳なさそうに食パンをくれたり
今困ってることないの?道分かる?と車のナビを見せてくれたり
ここ数日で40~50人の人が声を掛けてくれた。
本当にありがたいやら、照れくさいやら。

写真はこの日たまたま奈良に観光で来ていて「テレビで見たーここで会えるなんて!」
と声を掛けてくれた方。
a0115762_15415141.jpg














BARでは奥さんが炊き込みご飯と豚汁を用意してくれていて早速頂いた。
おいしかったなあ。
ご夫婦も常連さん同士も仲良さそうで、素敵なお店だった
a0115762_15423246.jpg










初めて会った感じがしなくって、しゃべりまくってしまった私達
a0115762_15441145.jpg










奈良市の中心地にある Woo Koo BAR?
a0115762_154553.jpg











ご主人は毎年小学生の息子さん二人と「男旅」と言って
10日間くらい旅に出るそうで、奥さんも娘さんが大きくなったら
二人で旅をしたいと楽しそうに話してくれた。
子供達が高校を卒業したら、あとは夫婦二人で
好きなことをすると。それ大賛成!
a0115762_15432870.jpg














街ではテントを張れそうな場所もないので、BARの前で寝ることになった
これは私も初体験で遠足みたいにワクワク気分。
ここは2階のおどり場で屋根もあるし人もこないからテントを張らずに
ブルーシートとエアマット寝袋で十分。
翌朝8時半までぐっすり眠った。
a0115762_1545515.jpg













にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。クリックお願い!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2010-09-16 15:46 | Comments(12)
Commented by ami at 2010-09-16 21:39 x
テレビの影響力って凄いね!
それも全国ネットだから、あゆちゃんが知らない人が、向こうは親近感を覚えて声を掛けてくるんだね。
とっても楽しそうな2人の笑顔と、入浴シーン(笑)は見ている人に感動を与えたと思う。

もうちょっと目まぐるしい旅が続くでしようが、あくまでもマイペースでね(*^^)v

Commented by obi2 at 2010-09-16 22:07 x
寄り道ありがとう!

これからも、ふたり。
素敵に旅してください!

かげながら応援してます

あ~やっぱり
お店やっててよかった
人と出会えるって素晴らしい


旅人みつけたら
積極的に巻き込んでいきます!グフフ


Commented by みく at 2010-09-16 22:28 x
はじめまして♪
先日、テレビを見て、ブログをやってるって
おっしゃっていたので、探しに探してようやく
たどりつきました。笑
お二人の生き方にとっても感動しました。
だって旅に出たいなんて思ってもなかなか行動に
移せないんですもん。^^;
あゆみさんはふみさんと運命的な出会いだったんですね。
そしてあゆみさんの行動力。
尊敬します。
ふみさんに「ビビビ」ときたんですか??笑
そんな人に巡り合えてほんとにお幸せですね~。
そして、いろんな人との出会いがいっぱいの旅ですね。
お二人のお人柄なんですね。

あたしは山形に住んでいて、当の昔に通りすぎて
しまってますが(笑)いつか会えたらいいな~って
思ってます。
こちらのほうへお越しの際はお声かけくださいね♪
これからの旅も大変なこともあると思いますが
無事に終えられることができるように祈ってます。

またコメントしますね。
がんばれ~~!!
Commented by mame嫁 at 2010-09-17 07:39 x
お元気そうでっ!テレビの時 コメントをと思いましたがb
きっとたくさんあゆみさんの方に(笑)入ると思い避けました。この 奈良市内のbarは 私達も以前行きまして~非常に懐かしく読ませていただきました。(マメちゃんと結婚旅行で 立ち寄った先です☆)秋風吹くこの頃になってきました!風邪など引かないように気をつけてくださいっ!テレビ出て有名になった分 気をつけて歩いてくださいね。又今度何時会えるかわかりませんがb 徳島にて応援してます!
Commented by tes_music_system at 2010-09-17 07:48
BARの前で寝るなんて!!どこでも寝れるんだね~!!
Commented by ayumiaruki at 2010-09-18 14:34
amiさん
テレビの影響力は本当に凄いですね。私達の旅を批判的に思った人が作った番組だったら、行く先々で石ぶつけられてたかも?野蛮人とか言われたかも?
皆さん温かい言葉を掛けてくれて嬉しいです。
札幌はもう寒いのかな。
Commented by ayumiaruki at 2010-09-18 14:38
obi2さんへ
こちらこそ楽しい時間をありがとう。
昨日はとりやまさんと、もう一人の常連さんとウークバーの話で盛り上がりましたよ。
な~んか行っちゃうんだよね~って言ってました(笑)
私達の徳島の友人も新婚旅行で立ち寄ったらしくってビックリです。
恐るべしウークーバー。
Commented by ayumiaruki at 2010-09-18 14:43
みくさんへ
このブログを探してくれてありがとうございます。そこまでしてくれたなんて感激です。
フミさんと初めて出会ったときはぜ~んぜん「ビビビ」っときていないと思ってたんですが、翌日は会社の女の子にずっとフミさんの話をしていたらしく、自分だけ気づいていなかったんですね。
みくさんのパグ犬全員集合写真可愛かったですよ。
コメントありがとう。
Commented by ayumiaruki at 2010-09-18 14:47
mame嫁さんへ
もーびっくりしましたよ。有馬温泉での店といいお二人で日本の飲食店制覇してますね。
奈良は暑いイメージだったんですが、戻ってきてからは涼しくってもう秋なんですね。
徳島も涼しいのかなあ。
いつも応援ありがとうございます。
Commented by ayumiaruki at 2010-09-18 14:48
tes_music_systemさんへ
次のステップは「ベンチの上で寝る」です(笑)
Commented by photobra7 at 2010-09-18 16:28
TV見逃した!
影響あるんだね~。
TVで旅が変わるのか?
そこんとこも興味ある~
にしても、バーとか飲み屋は案内してくれる人がいるのといないのとで大違いだね。
よかった!
Commented by ayumiaruki at 2010-09-22 20:45
photobra7さんへ
テレビの影響は想像以上でしたね。最初は今までみたいな旅が出来なくなるなら断ろうかという話も出たんだけど、もし変わってしまってもそれを楽しめたらいいかなあと思って受けることにしました。
もしあの番組が否定的な映像だったら、その後の変化は楽しめなかっただろうなあ。
そう考えるとメディアの力は怖いですね。


<< 壊れたカートの救世主現る      撮影では >>