ただ歩いてゆく旅

ayumiaruki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 10月 13日

京都っ子

【これまで歩いた総距離数】1,929km
【現在地】京都府 京都市内 








フミさんと初めて出会ったとき、彼が語る見知らぬ世界の話に夢うつつ。
自然に語るフミさんは、大冒険をしているのに(その当時は大冒険だと思っていた)
気取らなくて、控えめなのに虫も殺せないような善人に見える。
そんな人とお互い自然に好意を持って(テレビでは私が積極的にアタックした事になってたな)
正直私は浮かれてた。

でも当時35歳それなりに苦い思いも経験した私は、いや待て待て早まるなと自分に言い聞かせた。
あんなに色々な国を歩いて旅した人が日本でこの私と恋に落ちて
しかも善人だなんてちょっと話しがウマすぎる!

善人のように見えて実は、とんでもない食わせ物かもしれない
それとも浮かれてるのは私だけで、フミさんは港港に恋人がいるんじゃないだろか
そうだ、あんなに人当たり良さそうに見えて、きっと人には言えないような性癖があるに違いない
などなどなど・・・。
考えればきりがない。

そんな不安(妄想)がすっきり晴れたのは、フミさんの本を読んでから。
「歩き人ふみの徒歩世界旅行・ヨーロッパ南米編」
本の中のフミさんは、私が感じたフミさんそのまんまでやっぱり善人だった。

フミさんは去年の冬、住み込みバイトはせずにオセアニア編の原稿を書いたけれど
完成出来ないまま今年の旅を始めることになって、ずっと気になっていた。
そんなときフミさんの友達が、その原稿を出版関係の人に見てもらう話をまとめてくれて
だったら京都に一週間こもって原稿を完成させようということになった。

歩き旅のベストシーズンに進めないのは歯がゆいし、一週間も宿泊するというのは例外
特別待遇なんだけど、フミさんの本を完成させることには私も大賛成だ。









一週間お世話になったのは、京都にあるホステル「京都っ子」
ここは、お金を節約して重い荷物を背負った長期旅行者(バックパッカー)が、京都では
高い宿代をなかなか払えないという状況を考えて、1泊1,200円という破格のコースがある。
寝袋持参が条件で、もちろんドミトリーだが京都市内でこの価格は利益を度外視した
オーナーの応援の意味合いが強い。
a0115762_10545884.jpg










インターネット・バス・キッチンがあって食器も用意してあるから自炊が出来るのが
うれしいし、なんと言っても朝食の淹れたてコーヒーが美味しかった。
オフシーズンは朝食無料で100%オレンジジュースやトーストがある。
a0115762_10554540.jpg











建物は小さめだけど、とても清潔だ。
利用者は外国人がほとんどで、私たちの居る間はドイツ・フランス・台湾・
イタリア・イスラエルなどなどの人が泊まっていた。
みなこういうところに泊まりなれた人なのか社交的でマナーもよかったな。
私が一番お気に入りだったのは、屋上スペース。
京都の街が一望できて椅子とテーブルがあって洗濯物もすぐ乾く。
a0115762_10562973.jpg








フミさんが原稿を書いている間、私は京都の街を歩き回った。
旅をしているときは、トイレとお風呂以外ほとんど二人一緒に行動する生活だから
一人で歩くのは新鮮で、秋の京都がまた良かったなあ。
フミさんも煮詰まるとちょっと歩く。そうするといいアイディアが浮かぶようだ。
屋上へ向かう階段。
a0115762_10573140.jpg













にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。クリックお願い!



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2010-10-13 10:57 | Comments(10)
Commented by とらじろう at 2010-10-13 23:53 x
こんばんは。京都でもいい時間が過ごせたようですね。僕も原稿の添削が終わり4人に渡しました。読んでもらい結果をまた添削します。来年の某出版社のノンフィクション大賞に応募します!ダメでもいいんや~!と13年分の重い想いを書いたのでした♪
Commented by tes_music_system at 2010-10-14 08:06
記憶だけじゃなく記録にも残しておくんだね!凄いことだね!!
Commented by photo_ehime at 2010-10-14 09:00
いい宿ですね。
日本とは思えないゆったりした時間が流れてそうです。

Commented by かづゆき at 2010-10-14 18:33 x
生駒の鳥山さんとこでお世話になりましたかづゆきです。
今日は、久々に会社に出て、会議と事務作業をしております。

たまっていた郵便物などを見ていると…何と!あゆみさんから素敵なビオラの葉書が届いているじゃないですか!

びっくり!

そこには…「また会えるといいですね。」

うれしいです。

楽しい時間と、貴重な体験談をきかせていただいた上に、さらに葉書までいただき…私はとっても嬉しいです。

本当にありがとうございます。

次にお会いできる日を楽しみにしております。その時までには、今より少しは大きくなっていたいです。

それでは、寒くなってきましたので、風邪などひかぬようお過ごしくださいませ。
Commented by ayumiaruki at 2010-10-14 23:02
とらじろうさんへ
ついに書き終えたんですね。出版された本を早く手にしたい!楽しみだなあ。
たっちゃんのBARで聞いたあの話が活字になるとどうなるのかも興味しんしん。
Commented by ayumiaruki at 2010-10-14 23:08
tes_music_system さんへ
書く作業はなんだかつらそうでしたよ。
思っていることを思ったとおりに表現出来たら(書けたら)気持ちいいだろうなあ。
Commented by ayumiaruki at 2010-10-14 23:13
photo_ehime さんへ
この宿の中だけ外国でした。ああ英語が話せたら・・・。
もちろん話せなくてもくつろげる宿ですよ。
Commented by ayumiaruki at 2010-10-14 23:25
かずゆきさんへ
お元気ですか?私たちはまだ高島です・・・。
予想どおり進んでいないですね(笑)
ここにきてあまりにも涼しいからちょっと焦ってます。
それでも目標は九州です。いや、鳥取あたりかな。
Commented by somashiona at 2010-10-18 10:27
海外の旅人たちとの交流はなかったの?
海外の旅人が日本をどう見ているか、興味津々。
フミさんの本、出版にこぎつけられるといいね。
オーストラリア編だから、とくに楽しみ。
Commented by ayumiaruki at 2010-10-23 17:43
ささやかな交流だったらあったよ、あ~私の英語がなあ。
海外の人ね京都で撮った写真を見せ合って盛り上がってた。参加したかったけど、英語がああ~~。


<< ある旅人の一日      ボーダー >>