ただ歩いてゆく旅

ayumiaruki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 11月 25日

寒さに耐える時

【これまで歩いた総距離数】 4920㎞

【現在地】 高知県 高知市 高須

【旅の行程】
高知県 四万十町 窪川 緑林公園←(28㎞)←四万十町 大正温泉旅館近くの河原←(19㎞)
←四万十町 道の駅とおわ の裏の空き地←(12㎞)←四万十市 西土佐 四万十ひろばキャンプ場










徳島のゴールを12月15日と決めた。
あと20日、日程的にはかなりキツイし予定を立てないのが旅のモットーなんだけど最後は特別。
フミさん8年、私が6年のゴールは、沢山の人と一緒に喜び、祝い、記念の日としたいからだ。

日程を調整して、遠くから駆けつけてくれる人もいる。
何が何でもその日にゴールしなければ。

となると逆算して、高知市に24日、香川には29日に到着という予定が出来る。
時間が無い!
いつでも時間だけはたっぷりあった二人だが、まあ最後くらいはこういうのもアリだ。















何もない道には、こういうお遍路さん用のトイレが用意してあった。
この日は暖かくて半袖出歩く。
a0115762_16271751.jpg
















翌日は寒いし雨だし、お腹はすくし。
昼ご飯は、木の下で雨宿りしながら、冷え切ったおにぎりと、ちくわ。
a0115762_16305993.jpg
















気温10度はこの格好。
体は暖かいけど手と頭は冷える。
a0115762_16341356.jpg
















もう少し気温が上がると、この格好。
汗をかくと立ち止まった時に冷えるから、スウェットをこうしてめくっている。
はっきり言って、見た目はどうでもいいようだ。
a0115762_16353447.jpg
















四万十川沿いに歩いているとき、トイレがずーっとなくて、店も家も
陰になりそうな場所もなく困っていた。
やっと一件の喫茶店があったんで駆け込んだ。
「すみません、注文は後でしますね、お手洗い貸してくれますか?」

トイレの中で考える。
コーヒー代がトイレ代だなあ仕方ない・・・あっフミさんどうしよ。
二人分注文するか?どちらか一人は外で待つか?
一人が飲んでもう一人に交代するか?

トイレから出て、コーヒーを注文すると
「気にしなくて良いのよ」
オーナーの女性が、優しそうに、にっこり。

「ありがとうございます」
お礼を言うと、せっかくの縁だからと、焼き栗をくれた。

品があって柔らかで本当に素敵な笑顔だったなあ・・・。
a0115762_16435410.jpg
















歩道トンネルを抜ける。
a0115762_16444846.jpg
















四万十川に沿って蛇行しながら上流へ向かい歩くこと3日間。
少しづつ、分からない程度で高度が上がっている。
a0115762_16485085.jpg
















トミーさん、ta-maさんと会った虹の森公園以来、3日間お風呂に入っていなかったから
少し遠道だけど、温泉近くの河原にテントを張ることにした。
砂利の河原は、テン場にはちょっと厄介。
こうやって落ち着くまでには・・・
a0115762_16495613.jpg
















まずカートの荷物を下ろさないと車輪に負担がかかるから、テント近くまで行けないのと
ペグが刺せないから、こうして穴を掘って木の枝や竹を埋め込まなければならない。
突風のある日だったから入念に。
a0115762_16551196.jpg
















そんな設営をしていたら
「フミさん、あゆみさんご苦労様!!」
と温かいゆず茶を手渡してくれる人が。
???誰だ!
a0115762_16573246.jpg
















彼は車で日本一周中で、以前から私達のブログを見てくれていたそうだ。
私達が歩いているのを偶然見かけて、急いで飲み物を買いに行ってから駆けつけてくれたのだ。

一緒に夕食を食べようということになり、彼はまた買い出しに出かけて今度は
クリスマスプレゼントと言って酒とキャンディー、さらにキムチ鍋を作ってテントに来てくれた。
私達はしいたけ、焼きおにぎり、半額コロッケ、コーヒー。
a0115762_1701696.jpg
















暗くなると冷え込むし、温泉が早く閉まるから4時から食べ始める。

彼の名前はノブ君。
とっても感じが良くって、話も楽しくって、料理も上手だから作ってきてくれた鍋も美味しくって
こんな風に偶然出会って、食べ物を分け合って食べるのが何だか嬉しくってたまらなかった。

ノブ君のスマホには、ちゃんと私達のブログが「お気に入り」として入っていた。
彼も旅先でバイトをしたそうで、フミさんのさつま町のブログで
「始めてのバイト先での初日はいつも緊張する」
という言葉に、あんなに色々な場所でバイトをしていても「初日は緊張するものなんだ」
と勇気づけられたそうだ。

こうして知らない人だけど、私達のことをよく知っている人と話すのは不思議な感じだ。
a0115762_1734787.jpg
















ノブ君は海外に留学してから、もっと日本のことを知りたいと思い仕事を辞めて旅をした。
出会った人には、日本のいいところを書いてもらっているそうだ。
この頃にはすっかり暗くなってしまった。

楽しい出会い、久しぶりの温泉で温まって幸せな一日だった。
a0115762_19264338.jpg
















翌朝、テントを張っていた河原の上の橋を渡って来た道を戻る。
a0115762_19272959.jpg
















リアカーに掛ける雨よけカバーが、昼ご飯のシートになることが分かった。
a0115762_19282197.jpg
















おにぎり、納豆、バナナ。
a0115762_1929199.jpg
















微妙な曲がり具合の沈下橋。
a0115762_1930536.jpg
















この日のテン場は、立ち寄ったスーパーのレジの人に聞いた緑林公園。
森っぽくてロケーションはばっちり。
でも日陰で寒かった~~~。
a0115762_193163.jpg
















日が暮れかかっていたから、これから米を炊くには遅い。
今夜は、あったか具だくさんそうめんに決定。(汁が消えた・・・)
口の中も冷え切っているから、そうめんが熱すぎて味がよく分からないということが分かった。
a0115762_19315967.jpg
















この季節は外の自炊が辛い。
指先が割れると、クリームを塗っても手袋履いてもなかなか治らない。
a0115762_1932559.jpg
















隣にはミイラが寝てるしね。
a0115762_19333771.jpg










にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村ブログランキングに参加してます。ここをクリックするとポイントになるんです!押してね~。



一緒に歩いている歩き人ふみのブログ⇒「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」


タスマニア島に住むフォトグラファーの兄のブログ⇒「タスマニアで生きる人たち」

by ayumiaruki | 2013-11-25 16:27 | Comments(6)
Commented by tama at 2013-11-25 20:23 x
とっても感じが悪く、話もつまんない、料理も作らなかった疫病神の私と比べ物にならない救世主現るですね。

いや ミイラ うけた うけすぎ 腹イタイ。 アメニモマケズ頑張ってくださいね。
Commented by とらじろう at 2013-11-25 23:13 x
歩き人から、ミイラ男になったんですね!笑
Commented by tama at 2013-11-26 01:08 x
県美の近くの緑地ですね。さてこれからずっと登り、気合を入れて歩むしかありません。前進あるのみ。

歩道トンネル、演出したでしょ(笑)
Commented by ayumiaruki at 2013-11-26 19:55
tamaさんへ
なかなか感じが良くて、インテリジェントな話が楽しい
パパラッチさんですね。

山間部に突入しました~予想どおり寒いです。

ミイラという名前の寝袋があったような気がします。
ホントミイラですよね。
Commented by ayumiaruki at 2013-11-26 19:58
とらじろうさんへ
ミイラ男です。ツタンカーメンです。寒いです。
Commented by ayumiaruki at 2013-11-26 20:12
tamaさんへ
正解その通りです。さすがですねえ。
あの通りの奥に、学校や住宅があるなんて思わなかった。
雰囲気がありますよね。

歩道トンネルは、バリバリ演出しました!!
完全なシルエットにするか、外の緑をもっと濃くするか
縦か、横か迷うところですよね。


<< ウォーキングウェディング      ブログランキングぶっちぎり1位... >>