ただ歩いてゆく旅

ayumiaruki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 10月 30日

第1シーズン最後のカナダ


【カナダを歩いた距離】                  1,627km
【これまで歩いた総距離数】          6,258km

On the Trek across Canada on foot Stage3

Kelowna 👣👣 Calgary


【Distance in Canada】 1,627㎞
【Total distance 】 6,258㎞

【We are going to 】
Peru, South America by airplane

【We are now in 】
Huaraz Peru, South America




アキさん宅で数日間過ごした後、車で送ってもらいハル夫妻宅へ。何だかこの流れ、1ヶ月前を思い出すな。
仕事が終わったハルさんが、ボランティアでしている活動、消防署へ連れて行ってくれた。

a0115762_14212158.jpg






インバーミアの消防署でいわゆる消防士は2人だけ。他の隊員は仕事をしながらのボランティア活動だ。月に何度か本格的な訓練を受け、勉強して専門知識を身につけ、実際に消防活動に参加した時には時給も出るけど、自分の町は自分たちの手で守るという考え方がベースにあるのと、消防活動の予算が少ないのもあるそうで、この日もハルさんは消防署の募金集めパーティーに使うプレゼントを届けに来た。

a0115762_14214333.jpg






車に乗ってみるフミさん。緊急時にはハルさん宅の無線にも連絡が入る。2人以外はボランティアと聞いてビックリしたけど、日本でも田舎ではボランティアで消防活動している人が居たし、人件費を考えると良いシステムだな。

a0115762_14220173.jpg







ハル夫妻宅の夕食はカツ!!カツ大好き!外でカツを揚げるハルさん。

a0115762_14111399.jpg






写真だと分かりにくいけど、ビッグカツ!しかも1人二枚だぞ〜。さらにデザートにチーズケーキとパインだぞ〜。

a0115762_14102769.jpg






翌朝はホットケーキ。あぁ幸せ〜

a0115762_14123085.jpg






ハル夫妻宅ではイベントが目白押しで、今日はハルさんの寿司教室が開かれる。ハルカさんと私達はアシスタントに徹する。ハルカさんはセッティングが上手で、道具や家具の配置、最後のゲームを考えたり。私達は簡単な下ごしらえや、掃除など。4人でワイワイと楽しい。
そして時間ぴったりにゾクゾクと人が集まり寿司教室スタート!

a0115762_14124679.jpg






メンバーは、ハルさんの勤める会計会社の人や、ハルカさんの同僚など。
ハルさんは以前に学校で教えたりもしたけど、自宅では初めて。
2人とも段取りが良いから、私達のように当日バタバタすることなく、スムーズに進んでいる。

a0115762_14131180.jpg






ハルさんがジョークも交えて、(これが大事!)寿司の基本を教えながら作ったり、クイズもあったり楽しくも、真剣に作る皆さん。自分で作ったお寿司は持ち帰り出来るから、みんなどんどん作って18合炊いた米すぐに無くなる。
アシスタントチームも、まかないを次々と食べる。美味いっ!!

a0115762_14193267.jpg






カナダで驚いた事の1つ。何故にこんなに寿司屋があるんだ!ハンバーガー屋の次に多い?ピザ屋くらいあるかな?でも作るとなると、米を炊く時にお酢を入れてしまったり、意外と知らないことも多いそうだ。彼女はとても上手。

a0115762_14194888.jpg






ここで一息タイム?ハルカさんも挑戦だ。参加者が即ツッコミ、ウケまくっているナイスハルカさん!ハル先生笑顔で見守る。
こういうローカルな会に参加出来たのも面白かった。いつも思うけど必ずユーモアと、笑いがあり和やかなんだよね、自然と身についてるのかな?
ハルさんが先生で、ハルカさんは全体を見てアシストする。得意分野がお互い全然違うけど、お互いフォローする良い夫婦。
寿司教室は大成功。お腹一杯食べて、さらにおにぎりを作って、はるさん夫妻に送り迎えしてもらって、前回書いたアイスホッケーの試合を見に行った。

a0115762_14200321.jpg





翌日は私達のスライドショーだ。まずは腹ごしらえ?朝からカツ丼!!
食べるの大好きな私達にはたまらんっ!そしてハル夫妻も食べるの大好きで、もう誰にも止められない!

a0115762_14203079.jpg





今回は、初めてスマホの写真データをテレビに映し出す試みで、いつも以上に緊張したんだけど、メカに詳しいハルさんが手伝ってくれて、他にもプリントする書類や、カナダ携帯電話の解約などもしてくれて助かった。
いつも切羽詰まって、カリカリモードでお互いのパートを練習するんだけど「今度は私達がアシスタント!」とハルカさん。私達は一通り練習出来て助かった。
そして「ちょっと出かけて来まーす」と帰ってきたら。こんなサプライズ!!

『Fumi san and Ayumi san 150 Day 's』
『Victoria to Calgary 1,627㎞』
『Congratulations !』

『ふみさん、あゆみさん150日』
『ビクトリアからカルガリー1,627㎞』
『おめでとう!』

そして私達の歩いたルートがケーキに書かれていた。

a0115762_14245838.jpg





もぅ〜泣けてくるやんけ!素晴らしいーー。
でも納得いってないハル夫妻。本当はカナダの地図に立体的な山があって、そこに私達の歩いたルートを描いてくれるよう、手書きの説明図を渡したのに、、、。それならと、2人は自分で山を作ってくれたのだ。
やっぱり泣けてくるやんけーー。

a0115762_14251279.jpg




カツ丼からの、ミニネギトロ丼を食べてからスライドショー。
アキさんに、ナミコさん、お隣のみちよさん家族も来てくれて、『ポットランチ』といって一品づつ持ち寄りのランチの後、(また食べる私達)いよいよお世話になった皆さんとスライドショー。

a0115762_14244357.jpg





ジェイムズが仕事で来れなかったのが残念だったけど上手くいって良かった。今でもスライドショー前には、あの九州あび〜る館での凍りつくようなカミカミショーがよみがえる。よりによって、何故あび〜る館であんなことになったのか??
そしてインバーミアチームの皆さんとお別れ。

a0115762_14234616.jpg





そしてまたアキさん宅へ。
いつものことだけど、スライドショーが終わるとホッとするなぁ〜。
ホッとし過ぎたか?私がハル夫妻宅の洗濯機にタオルを忘れてしまい、さっきお別れしたハル夫妻がシャンパンと共に届けてくれた。ごめんなさい!あ〜この間、フミさんがアキさんの友達の家にカバンを忘れて来たばかりなのに、、、。
お手伝いどころか迷惑な2人。なんかフミさんの顔嬉しそうじゃない?

a0115762_12422353.jpg





アキさん宅でまたお世話になり、今度はみちよさんのご主人ハンスさんがカルガリーへ行く用事があり、私達を送ってくれることになって、急遽またインバーミアへ戻ることに。
ジェイムズとはいつも、もっと英語が話せれたらなと思うけど、話せなくても彼の人柄は伝わってくるものだ。

a0115762_14302016.jpg





ハイウェイを歩くことになって繋がった出会いだけど、きっとまたどこかで会えると思える出会いだった。日本に帰ったらいつか遊びに来て欲しいな。

a0115762_14303029.jpg





そしてみちよさん宅でも泊めてもらい、またハンスさんの手作りばけつとを頂いて翌朝ハンスさんに空港まで送ってもらい、カルガリー空港に到着。みちよさん、ハンスさんありがとう。

ハンスさんが今まで行った場合で一番良かったのがモンゴル、どこよりも美しかったという話が頭から離れない。次に歩く国は、こんな会話から決まったりする。

a0115762_14304511.jpg






皆さん本当にありがとう。カナダの最後にまた忘れられない思い出が出来た。やっと慣れてきたカナダを離れるのは寂しくもあり、でも来年の春また歩くから楽しみでもある。

新聞は、以前マイクさんファミリーの家で受けたインタビュー記事。写真はマイクさんが撮ってくれたもの。

a0115762_14094560.jpg




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 世界一周
世界最長の『トランスカナダトレイル』を基本に、夫婦でカナダを横断しています。


一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら


ふみの動画ページはこちら(読者登録よろしくね」






by ayumiaruki | 2017-10-30 11:58 | 旅日記 | Comments(0)


<< これから半年間は南米だ!      懐かしの地で、地元感たっぷりな体験 >>