ただ歩いてゆく旅

ayumiaruki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 11月 01日

これから半年間は南米だ!

【これまで歩いた総距離数】 7,885km
【現在地】 ペルー
【旅の行程】
カナダ横断を一時中断して南米でバックパック旅
 2018年5月にカルガリーから旅再開予定




ハンスさんに送ってもらいカルガリー空港到着。インバーミアから真っ直ぐに空港へ来れるなんて思いもしなかった。ハンスさんありがとう。

観光ビザの私達がカナダに滞在出来るのは6ヶ月だけ。だから冬の間、季節が逆の南米に滞在し、また来春戻って続きを歩くのだ。
カナダから出国と言っても北米、中米はダメ。それ以外の国に6ヶ月以上行かなければカナダには戻れない。


カルガリー空港出発は翌朝。20時間を空港で過ごすのだけど、私達にとっては水もトイレもWi-Fiもあるから、苦にはならない割と好きな時間。
ティムホートンのコーヒーを飲みながら、スタバのソファーでちよっと横になったら、昼から爆睡してしまった。
ここは夜中も過ごせて監視カメラもあり、ソファーはベッド状態だし、空港泊としてはかなり上等だ。

a0115762_10380174.jpg






カルガリー空港からトロント空港へ。何故トロントなのか?カナダ入国の時に、まあカナダ半分くらいは歩けるかなと、トロント空港からペルー行きのチケットを取ったのだけど、、、、はい、皆さん知っての通りトロントどころか、出発地点のバンクーバー空港の方がよっぽど近かった。
カナダを甘く見てました。


日本出国前に買ったプライオリティーパスというカード。空港のラウンジが無料で使えて、飲み物や軽食も出るのだが、私達は散々空港を利用しているにも関わらず時間が合わない、ゲートが違うなどで今まで一度も出番が無く、かなりガッカリしてたけど、執念のリサーチで(なにせ20時間あったからね)トロントで使えることが分かった。
しかし乗換えで1時間半しか無い!到着ロビーから最短ルートでラウンジに辿り着き(目をつぶってても来れるくらい、シュミレーションしていた。20時間って凄い)ここぞとばかりに食べまくる。
ワイン、ビール、カフェラテ、ケーキもあって、料理もレストラン並みに美味しい。最後にシャワーも浴びて『PLAZA PREMIUM LOUNGE 』
やり遂げた、、、、。
ちなみに私は勝手にシャワー浴びてしまったが、本当はカウンターに申込んで、パスポートも預けるそうだ。

a0115762_10395083.jpg





サンサルバドルで乗換え、ペルーのリマに着いたのは夜中。リマの空港は比較的安全で寝れるようなので(英文の空港泊専門のウェブサイトより)夜の移動を避けてまた空港泊することにした。
こちらはあえて人通りの多い場所。

a0115762_10425554.jpg






私達は渡り廊下の静かな場所で。隣の女性に挨拶して、周りのまだ起きてる人にもなんとなくアイコンタクトしてからザック2つを繋げ、貴重品は腰ベルト、カメラなどは寝袋に入れる。仮眠とは言えここは南米慎重に。
マットもひいて寝袋に入った瞬間、深い深い眠りに落ちてしまう、、、、。

あれ?ここどこだっけ??しまった!起きたらもう9時。あんなにゴロゴロしてた周りの人は誰も居ない!
いかんっ!もっと気を引き締めなければ。

a0115762_10475641.jpg






リマの空港は夜中も混み混みで、始終警察が見回りしている。翌朝、ネットが繋がらず仕方なくスタバへ。今日の宿を探して予約を入れる。
安い宿はたくさんあるけど、比較的安全で裕福層が多い、ミラフローレスという地区の安宿にした。
これから街に出る前の放心状態。

a0115762_10543130.jpg





さあ、緊張のスイッチ入れて街へ移動だ。コレクティーボというミニバンの乗合いバスに乗る。都会だけど人は親切に教えてくれるな。

a0115762_10504903.jpg







ふぅ〜〜宿に到着。インバーミアから2日と6時間の移動が終わった。

a0115762_10593632.jpg





先ずはコーヒーだ!アキさん、ハルカさんにもらったインバーミアブランド『キッキングホース』の豆はペルー産を使っている。
ペルーからインバーミアへ行き、またペルーへ戻った里帰り豆。
ガスコンロも鍋もやたら大きい。普通のヤカン無いのか。

a0115762_11130821.jpg





普段朝食は食べないと、あれだけ公言しているのに無料なら食べるようだ。遅めの朝食はOKってことで。

a0115762_11011359.jpg





ペルーの首都リマは騒々しいから2泊だけで、すぐにアンデスへ行くつもり。でもこの町は新しくて面白味に欠けるし、1日くらいは街も観ておこう。
高速道路を通るバス(メトロポリターノ)に乗ってセントロ(街の中心)へ。
バスはいつ乗っても激混みだけど、このメトロポリターノが出来て随分改善されたそうだ。
迷っていたら、声を掛けてくれ、乗換え場所で一緒に降りてくれた男性が教えてくれた。写真は高速道路。

a0115762_11192302.jpg





それでもリマの交通渋滞は深刻な問題。どこへ行っても車、車、人、人、人。
バスも数台見送って、やっとフミさんが体半分乗り込み、まだ肩が出てる状態でバスは出発。私はホームに1人取り残された。
ウッソーーーでも大丈夫、私には『マップスミー』も『Google 翻訳』もついている。
隣の女性に「このバスはセントロに行きますか?」と聞くとしっかり頷いてくれた。
乗ったは良いが、混みすぎで降りれない人もいたから要注意。降りる時は「ペルミッソー!」すみません!と声を張り上げる。
キューバで使った簡単なスペイン語が役に立つ。

バスに乗るにはチャージする為のカードが必要(駅で購入)バス代は2.5ソル。
1ソル=35円
a0115762_11213380.jpg






南米でもトレッキングはするけど、バックパッカーの旅になるのかな?南米は一度は行きたいと思っていたところ。出来れば歩き旅をしたいところだけど、治安を考えると私には厳しいかな。
ヌケヌケの2人だから、まず安全第一で慎重に行くつもり。

a0115762_11413722.jpg






いい感じの店を発見したから昼ごはん。地元の人で混んでる店なら間違いない。

a0115762_11520813.jpg





『MENU』メヌーと言うメニュー、、、、得意の誤字ではない!
ペルーでは前菜、メインをそれぞれ選ぶセットをよく見かける。店によっては飲み物が付いたり、スープとメインだったりする。
これで8ソル(280円)
左下が、かの有名なセビーチェ。魚介のマリネみたいな感じだけど、ハーブやソースの複雑な味が独特で、酸っぱ辛い。セビーチェはまだまだ突き詰めなければ。右下はツナとマッシュポテトみたいなサラダだけど、ソースやみじん切りの野菜が入っていてかなり手が込んでいる。ペルー料理期待出来そう。

a0115762_11541689.jpg





バスもだったけど、列にもちゃんも並んでいる。

a0115762_11500711.jpg




お土産屋さん。

a0115762_11582319.jpg





と、ぶらぶらしていたらアレは何だ!山裾に家がへばり付いている。興味をそそられたが、あそこは事前調査で危険だから行くならタクシーで、と書いてあった場所に違いない。この橋を渡って行くようだが、橋の辺りからゴミが増えてきて、雰囲気も変わって来た。おっと危険センサー発動。辺りの雰囲気を観察して、橋を渡った場所で散策は終了。

a0115762_12003858.jpg






また歩いてみる。おっなかなかいい感じの散髪屋さん。フミさん髪切ろう!

a0115762_12022536.jpg





おじさん3人は、とてもゆっくり丁寧に、同じペースで散髪していた。料理と良い掃除と良い、ペルーの人は仕事が丁寧なのかなぁ?
今回はもみあげも残ってて、結構いい感じに終わった。ちょっと期待してたんだけどなぁ。

a0115762_12042664.jpg





市場も清潔で、魚介も豊富。

a0115762_12070946.jpg





カルガリー空港でのリサーチで、自分以外の世界一周ブログを改めて色々覗いてみた。
普段は自分のブログに一杯一杯で他の人のをみる機会が無い。
皆さんしっかりと情報を書いている事に驚いた。私のブログなんて、情報ゼロだがやたらと長い自分視点中心ブログで、、、とまたそれる。
で、リマにクオリティーの高い、ソーキそばと、日系人が経営している(だろうだったかな?)美味しいケーキ屋があるとあって行ってみた。
右下、カマボコに生姜、これは日本の味だ。

a0115762_12184992.jpg





次はケーキ屋。凄い品数でテンション上がる〜なかなか選べない。そうだ1番食べたいのをここで食べて、包み易いのを持ち帰りにしよう。もちろん日本のようなケーキの箱はなく、普通の茶封筒に入れてるみたいだし。

a0115762_12102766.jpg




10分くらい迷ってイチゴショート、フミさんはモカロールに決定。
写メも撮ってお姉さんに見せて、間違えないように注文する。

a0115762_12131644.jpg





パックし易いパイを持ち帰りにしたつもりがイートインになってしまった。と言うことは、あの茶封筒にショートケーキが入ってる訳だな。
ガラスのショーウィンドウの上で立ったまま食べるイートイン。

a0115762_12151302.jpg





でもまあちょっと潰れてても宿で一番食べたいショートケーキも悪くない。
帰りの激混みバスでも必死で茶封筒ショートケーキを守り抜いた。

宿に帰ってコーヒーを入れて、さあショートケーキタイム。
ジャジャーン!!パイじゃーーーん。
というお話しでした。

a0115762_11061346.jpg






ブログランキングに参加中。ポチッとすると私のランキングが上がり、ちょっと嬉しくなってまたブログを更新します。


2017年から世界最長の『トランスカナダトレイル』を基本に、夫婦でカナダを徒歩横断していますが、冬は南米でバックパックの旅をして、2018年5月にまた、カルガリーから旅を再開する予定です。


一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら

ふみの動画ページはこちら(読者登録よろしくね」



by ayumiaruki | 2017-11-01 11:57 | Comments(0)


<< 早速受ける南米の洗礼      第1シーズン最後のカナダ >>