ただ歩いてゆく旅

ayumiaruki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 11月 09日

ワラスの宿『エルタンボ』

【これまで歩いた総距離数】 7,885km
【現在地】 ペルー
【旅の行程】
カナダ横断を一時中断して南米でバックパック旅
 2018年5月にカルガリーから旅再開予定






体調の悪かった数日間だけど、安心して休めたのは一泊10ソル(350円)という破格の宿に泊まっていたから。
バックパッカーの間では有名な『El Tambo』エルタンボはネットで予約は出来ない。直接宿に行って今日泊まれるか聞くんだけど、場所が分かりづらく看板も無いから宿の情報も少し書いてみよう。


a0115762_06480464.jpg






マップスミーにも出てくるスタジアムが左手。

a0115762_07182886.jpg







車の修理屋の間にある未舗装の通路を右に曲がる。同じような未舗装路がもう1つあるから注意!
100mほど進んで、絶対にここじゃ無いと思っても諦めない。
右手にある黒い鉄条門は開いてる時もある。それを開けて突き当たって左手。

a0115762_07371180.jpg





ここが入口。この建物の壁に小さな『El Tambo』の文字がある。

a0115762_07051937.jpg






ドミトリーでも、個室でも10ソル。シーズンオフだったのもあって、私達は3ベット部屋を2人だけで使っていた。

a0115762_06354107.jpg





ネットではヒッピーが多いとあったけど、私達がいる時は音楽をやってるグループが多くて、いつもエキゾチックなギターと歌声が聞こえていて、時々夜遅くまで。大抵は夜の12時くらいになると静かかな?
トイレはトイレットペーパー有り。シャワーはお湯が出るけど、安定していないから温かい昼のうちに、そして2階より1階がお湯の量が多い。
自炊派多数でキッチンは時々激混み。食材を買ったけど、諦めて外食したことも何度か。
洗濯機は使えないけど、とても洗いやすい洗濯場と桶がある。干す場所と洗濯バサミは早い者勝ち!
近くにメルカド(市場)と、4ソルの(メヌー)定食屋が5〜6軒あり。

a0115762_06544156.jpg






私は、こういうバックパッカーズに長いこと泊まるのは初めてだ。歩き旅中だといつも「歩かなきゃ」という気持ちがどこかにあって、宿でも写真データの整理やブログ、調べ物優先で、他の旅人とは情報交換する以外正直そんなに興味が湧かなかった。今は気の合う色々な国の人達と、一緒にご飯作ったり、食べたり、その流れで2時間、3時間と語らうのがちょっと新鮮だ。

a0115762_07530186.jpg






仲良くなったアフメッドに、トルコ式コーヒーをご馳走になりながら、トルコの話しを聞いていると凄く興味が湧いてくる。彼の話では、トルコは安全だと。
他の人はドイツ、イタリア、アルゼンチン、ブラジル、スペイン、イスラエル、中国、韓国、コロンビアなどなど。
日本を旅した人も多くて、彼らの日本の印象はすこぶる良い!アジアの中でも特別だと口を揃えて言う。
今、半年以上日本を離れて、彼らの話す日本の経験談を聞いていると、確かに日本は一種独特で特別な国に思える。
日本人で誇らしい気持ちと同時に、もう少しだけリラックス?エンジョイ?ユーモア?ホリデー?とかあったらなんて思う。

a0115762_07511719.jpg





今夜は日帰りトレッキングで仲良くなった、韓国の大学生チェ君、トルコのアフメッド、日本人のしのぶさんと兵役の話になり、2年間の兵役を終えたばかりのチェ君、5ヶ月の兵役経験のあるアフメッドの話が興味深かった。
チェ君は優秀な学生で、日本の国民が北朝鮮の事をどう考えているか興味があり、日本や韓国も旅しているアフメッドは、日韓お互いの国をどう思っているのか興味があるようだ。
私は2人が、今の日本の動きや流れを良く理解していることに驚いた。



おっと今日は情報メインにするつもりだったんだ。
今更だけど、リマからワラスへ来る予定の人へのアドバイス。

この宿でも、旅慣れてるのに南米に来てからお腹を壊してしまった人が多数いる。
さらに海抜ゼロmのリマから、標高3,050mのワラスにバスで来ると、体の調子は悪くなくても、高度の影響で消化機能が低下していたり、呼吸が浅くなったりするようで、しばらくは色々食べたいのは我慢して、消化の良いものを食べた方が良い。


お腹が治ってから食したシリーズ1。
キューバでもよく飲んだ、フルーツのジュースは、値段を見ると高いと勘違いするけど、大きなジャーの値段を書いてある時もある。小さいジャーでもカップ2つ分ある。
パイやクッキーも美味しい。

a0115762_12512195.jpg







私達のように夜行バスで来る人はなおさらかな。
3,000mくらいならと思っていたけど、具合の悪くなる人はなる。
あと「水に注意」はここの宿でも合言葉みたいになっている。
まあ失敗した人に言われても、、、、だけどね。


シリーズ2。屋台の揚げ芋1ソル
なんてったって芋が美味しい。これは2人ともどハマりした屋台料理。


a0115762_12564182.jpg





シリーズ3。
ちょっと綺麗な食堂で食べた『ロモサルタード』というポピュラーな料理。味付けは醤油ベースで日本人の口に合う。


a0115762_08413119.jpg




シリーズ4。
屋台の焼き鳥やっぱもれなく芋が付いてくる。

a0115762_12525624.jpg





ところで、トイレの壁に
「Freedom for Palestine!」
「パレスチナに自由を」

と言う落書きがあって、数日後その下に
=「Freedom for Terrorists!」
イコール「テロリストに自由を!」

と言う落書きが追加され、数日後には両方消されていた。
色々な国の人が居るということは、色々な宗教や立場がある。

その辺の事も気になる。





ブログランキングに参加中。ポチッとすると私のランキングが上がり、ちょっと嬉しくなってまたブログを更新します。


2017年から世界最長の『トランスカナダトレイル』を基本に、夫婦でカナダを徒歩横断していますが、冬は南米でバックパックの旅をして、2018年5月にまた、カルガリーから旅を再開する予定です。


一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら

ふみの動画ページはこちら(読者登録よろしくね」



by ayumiaruki | 2017-11-09 14:53 | Comments(0)


<< ワラスでの日々      コーヒー注文したのに醤油? >>