ただ歩いてゆく旅

ayumiaruki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 11月 25日

アルゼンチンのシェフ、クラウディオの誕生日会

【これまで歩いた総距離数】 7,885km
【現在地】 ペルー
【旅の行程】
カナダ横断を一時中断して南米でバックパック旅
 2018年5月にカルガリーから旅再開予定






トレッキング前半無事に終わったーー!
息は苦しくゼーゼーで、峠で空は真っ暗に!ピカッーーっと光ったと思ったらドッカーン!と雷が響きわたる。雨やらあられやら大変だったけど、山々は信じられないくらい美しい!
もう圧巻だった。
悪天候その他で、今は小さな村でひとまず待機中。
天気の様子を見て、また後半のトレッキングに行きます。

この小さな村の役場でネットが使えたので、アップ出来なかったトレッキング前の出来事を更新します。
今回のトレッキングの様子は、また後日!!






元気復活したから(何度目だ?)今日はちょっと遠くまで歩いて登ってみよう。

宿から町を抜けるまでが、人混みと車で疲れる。ここは歩道が空いてるけど、だいたい歩道はお祭り会場みたいに混んでるのに、そこでモノ売ってるし、車道に出ると、途端にクラクション。ペルーの車は荒々しい運転で、普通に人に突っ込んでくるから怖い。
カナダなんて、とおーーーーくからでも車が止まって待ってくれて、えっーそこから?ってこっちが焦ったもんだ。

a0115762_05542609.jpg







でも何度町を歩いても、発見があって楽しい。
『ネバーエンディングストーリー』のファルコンかと思った大きなアルパカの後ろ姿。

a0115762_05264076.jpg





何度も花火のような音が聞こえていて、何だろうと思ったら、お葬式だった。
宿にいる時も何度か聞こえていたのは、お葬式だったのかな?

a0115762_11064612.jpg






バックパックの旅になってもモノは増やさないように気をつけてる。
でもトレッキングに行った人が死ぬほど寒かったと言うので、インディヘナのおばちゃんの手作りウール帽子を路上で買ったんだけど、かぶるとチクチク痛い。宿に帰ってよく見たら、ワラ、枝、泥なんかの汚れがそのままのを編んであるようで、、、。
羊さんは近くで見ると汚れてるんだよなぁ。
8ソル(280円)
あれ?帽子の写真無かった、まだキレイな子羊さん。

a0115762_11175825.jpg






ウィルカワイン遺跡まで来た。宿から7㎞歩いて標高3,400m。入場料がかかるので中には入らず、裏手の小高い丘で昼食にすることにした。
そしたら遺跡の中も丸見えでラッキー。
気づけば足音もたてずにそばまで来たワンコがじっと見てる。

a0115762_11443749.jpg






この後の、本格トレッキング用に準備した食材をいくつか試してみる。意外にクラッカーが美味しい。
ハンバーガーを作る時間がなくて、路上で売ってたハンバーガーを買ってみた。恐る恐るだったけど、お腹問題無し!腹持ちが良い事が分かった。

a0115762_00055836.jpg






まだ歩けそうだから、Taitarruntuという絶景ポイントまで登って見ることにした。ひたすら登ってさらに2㎞ほど。
気がつけば、さっきのメスワンコの他に、オスワンコもまた背後に潜んでて、なんかこの2匹が先頭きって進んで行くようだ。
その足取りは自信に満ちていて、私達が遅れると時々後ろを振り向き、追いつくまで待っていてくれる。

a0115762_21024132.jpg





何箇所か分かれ道があって、ワンコは細い道を選んんだ。
あれ、この道?と思うこともあったけど、この頃には2匹のワンコを信頼していたから、もちろんワンコの道を進む。
そしてルートは合っていて、ちゃんと目的地に向かっていた。

a0115762_23514831.jpg





到着!ここで標高3,600m。
フミさんとワンコは、もはや友達。それぞれ物思いにふけり、景色を眺めているようだ。

a0115762_23542927.jpg






今までも何度か、宿から歩いて周りの山まで足を伸ばしたけれど、ここが1番景色も良くて、ルートも面白かった。
遠くに雪をかぶった山々が見える。

a0115762_23475873.jpg





後ろもぐるりと180度見渡せる。

a0115762_23560977.jpg





ワラスの町は飽きないなあ〜。
帰りもワンコの先導に任せて歩く。ゆっくり降りる私達を待ちながらクンクンと鳴き始めたワンコ。早くこの仕事を終わらせて家に帰りたいのかな?

a0115762_00033875.jpg






ワンコの先導で選んだ帰りの道は、行きのコースより歩きやすくてなかなか良かった。
あんなにぴったりとくっ付いていたワンコも、気付けば姿が見えなくなっていた。
現れた時も、去る時も影武者みたいなワンコだな。

a0115762_00112616.jpg





中央が宿、右上のピンクのが私達の歩いたルート。ワスカランに着いて、トレッキング前にちょっと歩きたい人にお勧め。往復12km。参考までに地図。

a0115762_00143387.jpg





ちょっと疲れたから、今日は外食。
安定の味『ロモサルタード』のブロッコリーバージョン『ブロッコリーサルタード』。
色々なペルー料理を食べてるけど、美味しいと噂の『アヒデガジーナ』をまだ食べていない。どの店のメニューでも、なかなか見つけられなくて、仲良くなったこのお店のお兄さんに、『アヒデガジーナ』をまだ食べた事がないんだ。と言いたかったんだけど、「私はアヒデガジーナが好きです」になってしまい、お兄さんは、じゃあ明日のランチメニューにするよ。と言ってくれた。

a0115762_01005281.jpg






翌日、約束通り店に行くと、ちゃんとメニューに『アヒデガジーナ』が!
ずっと食べたかったから期待が膨らみ過ぎたのか、味はうーん、、、だったけど、お兄さんの気持ちが嬉しい。
「すごく美味しかった!」と伝えたけど、またいつか挑戦しよう。
a0115762_01031070.jpg






宿の人に、やっと明日トレッキングに行くよと言ったら「クラウディオの誕生日パーティには出ないのか?」というでないか。
クラウディオは仲良くなったアルゼンチン人。
じゃあ誕生日会の翌日に出発しよう!
他のアルゼンチンメンバーに、何時に始まるの?こっそりケーキとか買うの?パーティの買い物どうするの?誰に聞いても「さあ〜?」という答え。
えーー?あんなに仲良いのにアルゼンチンは誕生日とか以外にあっさりなの?
そしたらクラウディオ本人から誕生日会のお誘いが。どうやら誕生日を迎える本人がピザを作り、宿の全員を招待するようだ。

a0115762_00200401.jpg





クラウディオは、アルゼンチンでシェフをしていたんだけど、ここワラスでもエルタンボにとまりながらレストランで働いていて、仕事が終わってから食材の買い出し、料理と大変そうだから、せめて手伝いをしよう。

a0115762_00383605.jpg




大量の食材を買って来たクラウディオ。25人分のピザを生地から手作りするようだ。4時半から仕込みが始まった。
台湾人のカップルも手伝いに参加してくれて、トレッキングしていたドイツ人が山で見つけたキノコも具材になった。(だ、大丈夫なの?)
ちゃんとした道具なんて何もなくても、洗濯桶でピザ生地を作り、デコボコの木のテーブルの上のものをドカーっとどけて、そこで直接こねる。せめてテーブル拭きたかった!(こねた後のテーブルはピカピカになっていた、、、)そして、ラップは無いのか?クラウディオは、さっきまでテーブルに引いてあった布で生地を包む。
オゥッ!それ間違いなく色々こびり付いてるけど、、、えいっここは南米だ!そんなこと誰も気にしちゃいないぞ。

a0115762_00560296.jpg






4時頃から仕込みが始まり、もう9時。ついに最初のピザが窯に入った。お腹すいたーー!これぞ南米タイム。
でも大丈夫これは想定内。遅くなるだろうと思ってちゃんと野菜スープを作っておいた。フミさんはピザがあるのにスープを作るなんて、、、とか文句を言っていたのに、同じくお腹を空かせていた台湾のカップルに「スープでもどお?」とか言ってる。
おりゃーーーー!!フミーーー!

ずっと飾りだと思っていた、宿の窯と炭で焼いたピザは最高の味だった。

a0115762_00453055.jpg






グリーンのセーターのを着てるのは、同じくアルゼンチン人のニコ。イケ面で、ギターと歌が上手くて、フェミニストで、いつも優しく声をかけてくれる。
あっさり?と思っていたアルゼンチンメンバーはもちろん、宿の皆んなが手伝って、笑いとジョークで盛り上がってきた。
誕生日会のスタートだー!!夜の10時。

a0115762_00482012.jpg






台湾のウェインがフォトーーっと叫んで全員集合!

『Photo by Wayne Liao』
a0115762_00513359.jpg






誰かがパパイヤとパイナップルと何かと酒を混ぜた、怪しくも美味しい酒をジューサーで作り、大きな花瓶?で回し飲み。誰のコップとかそんなのない。フミさんの買ったワインとか誰かのビールが回ってきて飲む。
大した飲んでないのにすこぶる陽気で、私はその雰囲気に酔った!
ブラジルの自転車乗り、リロ!私達と同じ日にエルタンボに来て、『明日出発」と言い続けて今に至る。その気持ち分かる!

a0115762_00581210.jpg






出来上がりもテーブルの上そのままドカーーン!1人づつ皿とかフォークとか要らない!

a0115762_00404242.jpg






ケーキは宿のセニョーラが手作りしてくれていた。セニョーラは控え目だけど、懐の広い女性。根が良い人なんだなぁ。
ここで初めてハッピバースデイ🎵の歌。スペイン語バージョン。

a0115762_00495598.jpg






いゃあ〜何だか分からないけど、言葉も分からないけど楽しい夜だった。
南米の人って、適当なのかなと勝手にイメージしてたけど、窯焼きしたり、最後に誰かが片付けしてたり、キチキチ段取りしなくても誰かがする。結果ものすごく楽しい時間になってる事に感動した。言葉が分かればあと8倍くらい楽しかった!
スペイン語頑張るか?

『Photo by Wayne Liao』
a0115762_00503626.jpg



そして翌日は、またお腹壊した私である。全く成長していないようで、回復も早くなってるのは免疫ができて来たからか?




ブログランキングに参加中。ポチッとすると私のランキングが上がり、ちょっと嬉しくなって、多分またブログ更新します。


2017年から世界最長の『トランスカナダトレイル』を基本に、夫婦でカナダを徒歩横断していますが、冬は南米でバックパックの旅をして、2018年5月にまた、カルガリーから旅を再開する予定です。


一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら

ふみの動画ページはこちら(読者登録よろしくね」



by ayumiaruki | 2017-11-25 06:19 | Comments(0)


<< サンタクルス谷+ラグーナ69一...      これからトレッキング >>