ただ歩いてゆく旅

ayumiaruki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 02月 17日

クスコ市民が暴徒化する日

【これまで歩いた総距離数】 7,885km
【現在地】 ペルー
【旅の行程】
カナダ横断を一時中断して南米でバックパック旅
 2018年5月にカルガリーから旅再開予定






マチュピチュから帰って来た翌日、昼からまたカーニバルがあると言うので町に出て見た。

ん?何だか町の様子がおかしい。
いつも歩道で寝ている犬達の姿が見当たらないな。

キャアーーーーーー!!

妙に静かだった通りの奥から若い女性の悲鳴が聞こえて来た。

そして走り去って行く若い男達、、、。


どうしたんだ?!いつも平和なクスコの町なのに!!


こっちの若者たちは笑顔で手を振ってくれてるぞ、でも手には何か握りしめている。
催涙スプレーか!?

a0115762_06485640.jpeg







このお母さんは、真剣な表情で武器の点検中だ。

a0115762_06574019.jpeg








そしてメイン通りに近づいた。
皆んな走り回ったり、さっきのスプレー缶を手にしている!

a0115762_06523363.jpeg







何だかよく分からないけど、面白そうだ。
これは行くしかない!
と、どんどん歩いて行くと、皆んな泡だらけでキャーキャー言いながら走り回ってる。

実はペルーでは2月中旬から3月上旬の時期をカナバル(カーニバルのスペイン語)と言って、町の人総出のダンスやパレードがある。
カナバルは元々カトリックの行事で、ペルーはカトリック信者が多い。
カナバルの発祥は、イースターから数えて46日目「灰の水曜日」の前に行われた宴だと言われている。
クスコの水かけ祭りは「灰の水曜日」直前の日曜日。つまり今日なのだ。
パレードの他にも、生活雑貨や食べ物を木に縛って、参加者全員で少ずつ木を切り倒して行く行事もあるみたい。

これは3日前にメルカド(市場)にあった、コマードレの様子。
テーブルには、インカコーラ、クスケーニャ(クスコのビール)、チチャなど。

a0115762_07475205.jpeg







水かけ祭りというより、泡かけ祭り。
2人組で背中を狙うとは、武士道に反する女子たちだ。
頑張れ少年。


a0115762_07112081.jpeg







こっちの男の子は腰が引けてるぞ。
負けるな男の子!

a0115762_06561885.jpeg







そ、そ、そうだその調子だ。
負けるな男の子!

a0115762_06533402.jpeg







3分後、、、。
諦めた男の子。うん女子は強いね。
それにしても君は、何故に今日ダウンを着てきたのだ。

a0115762_06541749.jpeg







いやぁ〜楽しそうだなぁ〜。
こんな小ちゃな女の子も、小さいスプレー缶持って、顔は真剣だ。
あ、後ろの真っ白なのは、さっきのダウンの男の子ね。

a0115762_06530051.jpeg







ダメだこんな安全な場所から見てるだけなんて、もう我慢出来ない!
いざ出撃だーーー!
でも、カメラは防水の携帯にチェンジ!

早速攻撃を仕掛けてきた少年。

a0115762_07091577.jpeg







この日は皆んな、知らない人に掛けても、掛けられても無礼講。
お父さんも、お母さんも真剣に泡スプレー攻撃だ。
えっと、外でシャワーでも浴びました?

a0115762_07100406.jpeg







うわぁーやられちゃったねーと、子供達の写真を撮ってたら、ブァシャーーーン!!
私の腰に水風船ヒットーー!!
立て続けに首にも第2弾の水風船ヒットーー!!
の様子を笑ってる後ろの男性。

a0115762_07085124.jpeg







これこれ、この水風船。

a0115762_07065992.jpeg







これ、実はかなり痛い!
遠くから飛んで来るから全く気づかない。
スプレー缶もだけど、しっかり水風船も売られている。

a0115762_07104298.jpeg







そんなのが見事にヒットしちゃった人。
オーマイゴット!!

a0115762_06591019.jpeg







この5人はムカデで対抗する作戦。

a0115762_07012476.jpeg







ムカデ集中攻撃ーーーー!!

a0115762_07041999.jpeg







ムカデに攻撃しようとした人も、後ろからしれっと泡攻撃を受けている。

a0115762_07020118.jpeg







ムカデ分裂後も攻撃される。

a0115762_07032099.jpeg






大笑いして撮影していた我々も遂に攻撃される。

a0115762_07061087.jpeg







なんか可笑しくて笑いが止まらない!

a0115762_07072479.jpeg






観光客だからって、安全に見てられると思ったら大間違い!
こんなんなりましたーーーーと日本人観光客。

a0115762_06580147.jpeg







こちらの欧米人も泡をかけられハイテンション。
泡合戦が1番激しいのは、町の中心部の公園、アルマス広場。
そのアルマス広場の周りには、観光客向けのバーや、お洒落なカフェがずらりとあって、優雅にビールを飲みながら眺めている、賢い観光客も多数。

a0115762_06502338.jpeg







写真撮るよーーー皆んな泡泡泡で大笑い。

a0115762_07054494.jpeg







泡攻撃にあった韓国人の女の子は、真剣に怒っていた。
写真撮っても、、、、、ノー!!
そんなに怒らないで楽しもうよ〜〜お祭りなんだから、ね〜〜。

泡スプレーを買って、地元の子供たちと走り回ってる観光客カップルや、バスでクスコに到着したばかりでアルマス広場に来たら、わけも分からないまま泡だらけになった欧米人男性は、Facebookにアップしながら自分でも大ウケしてた。

泡だらけになった私達もカフェに避難して、顔を洗ってから(なんか綺麗になった)窓辺でしばらくお祭り騒ぎを見てた。

これきっと南米だから許されるお祭りだよなぁ。
濡れると分かってても、カッパとか誰も着ていなかったり、あれだけはちゃめちゃしてても、真顔の人には掛けなかったり、見廻り警官の背中にチョコっとだけかけたり、やっぱりクスコは平和な町だ。
そう言えば、パレードはどうなったんだろ?泡に夢中で忘れてたけど、笑いの止まらない皆んながハッピーな1日だった。

a0115762_07074766.jpeg




あんな泡泡を付けたまま家まで帰るなんて、私にはぜった無理です!と思ったあなたも、ポチッとね。




ブログランキングに参加中。ポチッとすると私のランキングが上がり、ちょっと嬉しくなってまたブログを更新します。


2017年から世界最長の『トランスカナダトレイル』を基本に、夫婦でカナダを徒歩横断していますが、冬は南米でバックパックの旅をして、2018年5月にまた、カルガリーから旅を再開する予定です。


一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら

ふみの動画ページはこちら(読者登録よろしくね」



by ayumiaruki | 2018-02-17 13:24 | Comments(0)


<< ペルー最後、費用のまとめ      すったもんだのマチュピチュ遺跡 >>