ただ歩いてゆく旅

ayumiaruki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 02月 24日

面白くなりそう、ラパスの街

【これまで歩いた総距離数】 7,885km
【現在地】 ボリビア
【旅の行程】
カナダ横断を一時中断して南米でバックパック旅
2018年5月にカルガリーから旅再開予定







豊かな天然資源を持っているのにもかかわらず、南米最貧国と言われているボリビアは『黄金の玉座に座る乞食』とも言われている。

中南米の中でも先住民人口が多くて、全人口の半分以上。白人系の人は13%しかいない。

言葉はスペイン語、アイマラ語、ケチュア語の他に33もの言語が使われていて、ボリビアの正式名称は「ボリビア多民族国」なんだそう。


私達が泊まっている首都ラパスは外務省が「危険レベル1」に指定している。危険を避けるため特別な注意が必要とあった。

タクシーでさえ油断出来ない。故障したから別の車に乗るよう言われて、その車に乗ったら知らない場所に連れて行かれて金品を盗まれたり、夜道では首絞め強盗も多い。


首絞めは、20年前にフミさんが南米を旅していた時から頻繁にあった手口で、後ろからチョープスリーパーのように首を絞め、気絶させて身包み剥がす容赦ない強盗だ。

どちらも、つい最近実際に日本人が被害に遭っているし、首絞めは友人の旅人も数人被害に遭っている。気を付けなければ。


ラパスの街並み。


a0115762_03485980.jpeg






ラパス初日の宿の入り口。

昨夜は遅かったし真っ暗でオンボロ屋敷のように見えたけど、なかなか面白い造りだ。

昔は何に使っていたんだろう。


a0115762_02152860.jpeg







入り口から見上げると吹き抜けで、古い校舎のようだ。


a0115762_01244963.jpeg







長い廊下を進むと。


a0115762_01332383.jpeg











夜中にこの石の階段を見たら、上まで登る気になれなくて、この下でご飯を食べたんだけど、これがまた夜中で怖かった。


a0115762_02133151.jpeg








でも階段を登ると、こんなバーがあったんだな、失敗した。


a0115762_01220615.jpeg








朝食付きだったから、昨夜の日本人男性(手前)と、南米旅行中の左官屋さんと一緒に朝食。


a0115762_01190352.jpeg








以前日本のクイズ番組、たしか「世界ふしぎ発見」で、ラパスの深刻な渋滞問題を解決した乗り物は何でしょう?という問題があったのを覚えている。


正解はこれ、ゴンドラ。

宿はゴンドラのすぐ下にあるから、バーの窓からよく見える。


テレビを見たとき、乗って見たいなぁって思ったけど、まさか自分がここに来るなんて思いもしなかった。


a0115762_01352681.jpeg








ドミトリーだけど、広くて清潔だから快適だった宿

『バンキーホステル』


2人で(125ボリ)1,900

1人(44ボリ)660円の部屋もあり

キッチン無し、朝食付き、シャワー快適、Wi-Fi早い、貴重品ロッカー、トイレットペーパーあり。


でも私達にはちょっと高いし、キッチンが無いから今日は別の宿に移動だ。


a0115762_01265556.jpeg







昨夜は夜中にバスを降りて、タクシーで宿まで来たから、街の雰囲気は分からなかった。

初めての街、初めての国を歩くときはちょっと緊張感もあって、街並み、人々の表情、街の活気、匂い、屋台の食べ物などなど、五感フル活用で情報吸収する、1番好きな瞬間だ。


a0115762_02173651.jpeg








まず目に飛び込んだのは、キューバを思い出すようなクラシックなバス。


a0115762_02205828.jpeg








バスも古いけど建物も古くて、ペルーよりごちゃごちゃした感じがするな。

でも少し歩いただけだし、まだまだ分からない。


a0115762_02265210.jpeg








15分くらい歩いて、次の宿に到着。

Inti Wasi


ツイン個室(70ボリ)1,050

キッチンあり、シャワー微妙な調節必要、トイレットペーパー無し、トイレは掃除されているけど毛布は微妙。ダニに噛まれた人が居た。部屋によって快適さがかなり違う。場所は便利で比較的安全。


a0115762_02323703.jpeg








古い建物で3階だけど、私達の部屋は広くて窓も大きく、気に入った。

はぁ~それにしても疲れた。

昨日のすったもんだと、長距離移動、苦手な高所に寝不足。


ワラス 3,052m

クスコ 3,399m

ラパス 3,600m〜4,150m


と段々標高が上がっている。

今回こそは、ちゃんと高所に適応するように、食べ歩きはしばらく我慢して、しばらく自炊でお粥だ。

ラパス2日目は宿でひたすら寝ていた。


a0115762_02410521.jpeg







翌日、宿の近くを歩いてみると、すぐ近くに有名なサガルナガ通りがあった。通称『魔女通り』。


a0115762_02484415.jpeg







ボリビアもキリスト教が多いけど、古くから続いている民間信仰も残っている。


一部はキリスト教と土着の信仰が混ざりあっていたり、地方や町ごとに受け継がれた伝統行事も多い、その辺も興味深い。

砂糖で出来たお供え物。


a0115762_02510161.jpeg







神聖なリャマの胎児のミイラ。

家を新築する時や商売を始める時は、数千年前から信仰されている大地の神パチャママに、お供え物として四隅に埋めて家内安全を願うそうだ。
今でも、これをしないと建てた家で災いが起こると信じられていて、ボリビアの人は必ずするそうだ。


a0115762_02555476.jpeg







おじさんも店を出してる魔女通り。
よく見ると薬草、コカ、精力剤、爪、乾燥させた何か?とにかくありとあらゆる物がある。


a0115762_02571641.jpeg






おじさんの店のリャマのミイラはちょっとグロテスク。
お値段も高くて、最初の毛が生えているものはさらに高い。
リャマの胎児は、食用リャマに胎児がいた時や、生まれる前に死んでしまったもので、高価なリャマをこのために殺したりはしない。

a0115762_03493123.jpeg







そして街を歩いていると見かける、民族衣装の可愛らしいおばちゃんは、チョリータと言う。
ペルーでは見なかった、ヒラヒラしたショールがとても綺麗だ。
スカートや、背負っている布との色合いを考えてカッコ良く着こなしている人もいれば、う〜んな人も居てそこは、やっぱり万国共通なんだな。

a0115762_04083139.jpeg






こちらのチョリータはニット帽が凄く似合ってる。さっきのチョリータとは違う民族衣裳だ。同じ民族衣装でも出身地によって違うのは、ペルーも同じ。
ニット帽にも長い歴史があるのを、後日博物館で知った。

a0115762_04233121.jpeg







小さくて可愛らしいチョリータ。何だか宮崎駿の映画に、こんなおばあちゃん出ていたような気がする?

a0115762_04331092.jpeg







郊外を歩いていて見かけたチョリータも、ニット帽、スカートの色合いが絶妙。
でもチョリータの子供達は、民族衣装を着ていない。20年後にはこんな光景も見れなくなるんだろうか。

a0115762_08555669.jpeg







ラパス3日目、ぶらぶらと街を歩いていたら、何処からともなく音楽が聞こえて来た。
これは??触覚がピーーーンっと立つ。
おっ!やっぱり綺麗な衣装の女性発見、カメラの用意だ!!

a0115762_04395890.jpeg






これから祭りが始まるのか、靴を磨いている派手な衣装のセニョール。
何だろ何だろう?パレードかな?

a0115762_04414868.jpeg






私達、ぶらぶらと歩いてて、偶然に面白そうな事に出くわす事が多い。
こう言うのホントワクワクしてくるな〜〜。

a0115762_04435287.jpeg







おぉ〜〜年配のご夫婦決まってる!

a0115762_04455881.jpeg







こちらは家族で記念撮影。みんな体型や顔立ちが似てる。

a0115762_04491373.jpeg







私の撮影リクエストにも応えてくれた2人、可愛らしーーー!
一生懸命に笑ってくれようとする女の子と、ずっと変わらぬ表情のメガネの男の子、このちょっと固まっちゃった感じが良いねぇ〜。

a0115762_04501928.jpeg







道路脇で見学する街の人たちも楽しそう。

a0115762_04512304.jpeg






スーツや、綺麗な民族衣装でおめかししている人もたくさん見かけた。

a0115762_05072642.jpeg








パレードはグループによって衣装が違うから、先回りして写真を撮っていたんだけど、ここラパスは大きなすり鉢状の地形をしている街で、底の部分が標高3,600mで、すり鉢の上は4,150mを超える。
その差500m。街から少し歩けばどこも急な坂道だ。

a0115762_04525268.jpeg






歩いてるだけでもゼーゼーなのに踊ってるよーー!
ここは富士山より高いのに、踊ってるーー!

a0115762_04560862.jpeg






それも年配の方が多い!元気だなぁ。

a0115762_04584935.jpeg








a0115762_05025445.jpeg









さっきの家族が追いついて来た。女の子の踊りが決まってる!カッコいいね!!

a0115762_05053410.jpeg






いやぁこんなに偶然パレードやカルナバル(カーニバル)に遭遇するのは2月だから?今は雨季で午後は雨がちどけど、良い時期だったかな?
楽しかったけど、ホント息が切れた。
あの坂をトランペット吹きながら踊ってるセニョールは、一体どんな肺をしてるんだ。
ラパスは都会だし、危険だし、3日くらいで出る予定だったんだけど、なんだか面白くなりそうな予感。

『Paceña』はラパスのビールの銘柄。

a0115762_02143946.jpeg




昼間にメインの通りや、お土産屋さん、市場を歩いている分には危険な空気は感じない。カメラは出さないし、荷物も極力持たないし、スリには気をつけているけど。

買い食いを我慢して、お粥、茹で野菜や消化の良い物を作って少な目に食べていたら、お腹の調子もすぐ良くなったし、高所にも体が慣れてきた見たい。
最初からこうしていれば良かったなぁ。

街の様子を見ながら暗くなる前には宿にも帰って、かなりお利口さんな観光客だ。
明日はプロレスを見に行くぞ!




私も『世界ふしぎ発見』見ていますが、黒柳徹子さんの正解率にはいつも驚きですと思った人は、スーパーひとし君じゃなく、ポチッとね。

しかーし、ここ数日ポチッとしても、ポイントが入っていなかったようです。
ポチッとしてくれていた方ごめんなさい。ただ今改善中です。
↓ ↓ ↓
ポイント入るようになりました!
再びポチッとね。


ブログランキングに参加中。ポチッとすると私のランキングが上がり、ちょっと嬉しくなってまたブログを更新します。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




2017年から世界最長の『トランスカナダトレイル』を基本に、夫婦でカナダを徒歩横断していますが、冬は南米でバックパックの旅をして、2018年5月にまた、カルガリーから旅を再開する予定です。


一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら

ふみの動画ページはこちら(読者登録よろしくね」



by ayumiaruki | 2018-02-24 01:27 | Comments(2)
Commented by sirouto at 2018-02-25 19:16 x
ふみさんのブロフでは 最初(頭)と最後の2ヶ所にバナーがあるが、頭のバナーをクリックしてもポイントが入らないみたいです。 最後のバナーをクリックするとこちらはポイントが入るみたい。(これが正しいかどうかは不明ですが、そんな感じです)
Commented by ayumiaruki at 2018-02-25 21:58
sirouto さん
色々ありがとうございます。調べたらエキサイトも、ヤフーブログも、SSL化というのをしていて、バナーやテキストリンクを全て貼り直さないといけなかったみたいです。
全然知りませんでした!ブログ村のポイントも確かに2日前からゼロでした。
今その貼り直し作業をしているのですが、手こずってます(笑)二人共、ブログは全てスマホだけでしているからなのか、上手くいかない。
クリックだけでも一手間なのに、ありがとうございます。


<< 鉄板観光『おばプロ』と『泥棒市』      ペルー国境で、バスに置いていかれる。 >>