ただ歩いてゆく旅

ayumiaruki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 06月 02日

私が日本で一番住みたい場所


【カナダを歩いた距離】 4,081km
【これまで歩いた総距離数】  10,071km

On the Trek across Canada on foot Stage3

Calgary 👣👣 Thunder Bay (到着済)


【Distance in Canada】 4,081㎞
【Total distance 】 10,071㎞

【I am now in】
Japan Hokkaido Sapporo

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中。 
このバナーをポチッとするとランキングが分かり、ポイントも入って嬉しいです。






先日、ヨガのクラスで先生が、最近熊本県が大好きになってしまって、もう住んでも良いと思えるくらいだ
と話していた。
ただたんに雰囲気が、というのではなく、ここが自分の場所と思えるところ。
その人の本質と、その地域のもつ本質の・・・・書くと長くなるので、その辺は省略!!


その話を聞きながら、私もそれ分かるなあと思った。
そして真っ先に思い浮かべた県がある。

日本縦断しながら、ずーーっと、やっぱり北海道だよなあと思っていたけど、その土地を歩いて、食べて、出会って、なんだろう、このしっくりくる感じは??と思った。

もちろん北海道大好きだけど、ここならいつか住みたいなと思っている県、さてどこでしょう?






ヒントその①

同じ県の中でも、場所によって全く違う雰囲気を持っている県。
日本の田舎風だったり。


a0115762_1763391.jpg










もののけ姫の世界だったり。

a0115762_2045384.jpg









外国だったり。

a0115762_23250375.jpg








ヒント その②

郷土料理も、同じ県とは思えない、バラエティーさに飛んでいる。
そして好きな土地の郷土料理は、やっぱり好みだったりする。

鶏飯(けいはん)
この見た目で、食べたら柑橘系の風味!初めて食べた時は衝撃だった。
もう、100%私好み。

a0115762_23421690.jpg









見た目地味だけど、油そうめん。
歩いているときに声をかけてくれた男性、ヒロ兄(ひろにい)の家で、奥さんが作ってくれた。
これをご馳走になってから、私も真似して何度も作った。

この地域では、年上男性は敬意をこめて、〇〇兄と呼ぶ。

a0115762_23394896.jpg









生もずくの天ぷら
生というのが、ポイント。
スーパーや居酒屋で食べれるのは、塩漬けしたもずく。
生のもずくは、食感も味わいも、ぜーーーんぜん違う、別物だ。

出会った人の紹介で、お邪魔させてもらった家で、私達の為に、新鮮な生もずくをわざわざ調達してくれて、奥さんが天ぷらにしてくれた。

この味と、食感は感激だったな~~~~。

a0115762_23353991.jpg







なんとな~~~く、そろそろバレたかな?

この県の大好きな料理、最後は『さつま揚げ』
ちょっと甘くて味が濃い。

a0115762_00053708.jpg









そして、そんな食べ物に合うお酒が、焼酎。
その土地、土地の焼酎があって、地元の人は地元の焼酎を愛している。

日本酒好きのフミさん、最初は酒屋に日本酒がおいてないっ!て文句言ってたけど、すっかり焼酎が好きになっていた。


写真は酒蔵見学させてもらった時のもの。
あまりお酒は飲めないけど「れんと」はすっきりした味わいで、私も大好きだった。

a0115762_21535485.jpg








工場の案内をしてくれた人が、また良い人で『れんと』を愛してる感が、伝わるのなんの。
お酒よりも、彼に興味が湧いてしまって、色々聞いたら、東京からこの土地に移住して、すっかりこの土地が好きになった人だった。

その日の夕方は、れんとの社員でやっている、太鼓の練習に誘ってくれた。
お酒の倉庫で練習する、社員の皆さん。職場とは思えない和気あいあいとした雰囲気。

この、のんびり感とか、微妙に近い人との距離感とか、いちいち細かくない感じとか、ちょっと田舎っぽい感じが(あ、失礼)とてもとても好きだ。

a0115762_00140246.jpg







和気あいあいの職場と言えば!?
微妙に近い距離感と言えば!?

我らの第二の故郷、さつま町のメンバー。

という事で、私が日本で一番住みたい県は『鹿児島県』でした。


次回は、皆はあまり知らないと思われる、鹿児島県の魅力特集!

a0115762_00245991.jpg






私は二枚目の写真ですぐに鹿児島県だと分かりました!という感の良い人も、これ絶対に、沖縄県だと思った人もポチッとね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
世界最長の『トランスカナダトレイル』を基本に、夫婦でカナダを横断しています。


一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら


ふみの動画ページはこちら(読者登録よろしくね」


by ayumiaruki | 2019-06-02 00:41 | 旅日記 | Comments(2)
Commented by kyotachan at 2019-06-02 04:15
ピンと来て四国(じゃあ何県?と言われると困る)、読み進んであ、これは沖縄だ、と思うも、答えは鹿児島
。……。その間だったか!
という。いつも楽しみに見ています!
Commented by ayumiaruki at 2019-06-03 00:22
kyotachanさん
お久しぶりです。
気まぐれで、長いこのブログを読んでくれてありがとうございます。

沖縄も良かったんですが、観光客の多い所が苦手で。
その点、鹿児島は、ちょっとマイナーなところが、良いんですよね。

因みに、同じ場所ストレッチとか、蕎麦茹でてる方に調味料とか、私達は老いる前からしているので、安心して下さい。私はコーヒー、豆のまま淹れそうになります。


<< いつか住んでみたい鹿児島の離島...      仕事、お手伝い、ボランティア、... >>