ただ歩いてゆく旅

ayumiaruki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 09月 22日

模範的な患者さん

【これまで歩いた総距離数】1,132km
【現在地】徳島県 阿南 フミさんの実家10日目










私は小学生の時から脊髄側湾症で、中学2年になって手術するまでよく大学病院に通ったし
術後は2ヶ月くらい入院して、その後20歳まで通った。
社会人になってからは、ヘルニアとギックリ腰で整骨院と針にもよく行ったし、アレルギー性鼻炎で耳鼻科
子宮内膜症で婦人科、風邪は季節の変わり目ごとによく引いて病院に行った。
母親も私が子供の頃から耳と腰が悪くてよく一緒に病院に行ったし、兄は病気の見本かっていうくらい
ありとあらゆる病気を経験している。

でも病気と病院にあまり慣れていないフミさんは、診察の時も名前を呼ばれると「ハイッ」と手を上げて
返事するし、入院中も模範的な患者さんだ。









術後の経過も順調で「安静度2」になった
a0115762_2122646.jpg







模範的な患者ですから・・・。
a0115762_2125415.jpg







1日数回しなければならない点眼、安静度2までの人は看護士さんがベットまで点眼しに来てくれる。
「点眼します」の放送が掛かったらテーブルを片付け、ベットに寝て布団を綺麗に掛け直し、
気を付けの姿勢で真っ直ぐ天井を見て待つフミさん。
a0115762_2133239.jpg









目のガーゼが外せるようになって、眼帯になった
a0115762_2143161.jpg








「眺めのいい部屋」とは言えないけど、数日間ベットから離れられないとき窓の存在は大きいのかな
a0115762_2150100.jpg












にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村いつもクリックありがとう。



一緒に歩いている歩き人ふみのブログはこちら「歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編」

by ayumiaruki | 2009-09-22 21:04 | フミさんのこと | Comments(6)
Commented by tes_music_system at 2009-09-23 08:18
若いのに人生色々あるんだね?!(笑い)
窓際のベッドはいいよね。隣とのカーテンが右だけですむし?!(笑い)
Commented by マナブ at 2009-09-23 18:44 x
笑っちゃいけないんだけどね、安静度2度のイラストとまったく同じのフミさんの写真には笑ってしまった。(ごめん、ごめん)
メタルな(っぽく見える)眼帯を付けたフミさんはカッコいいぞ!
Commented by さき at 2009-09-23 18:50 x
フミさんの手術の件、病棟お引っ越しの件聞いてびっくりしました。5連休だったから、フミさんの大好物持って遊びに…なんて思ってましたが、あまりの遠さに断念(><)
徳島は地図見ただけでも遠かった( ̄□ ̄;)!!
ぁゆみサン、大変でしょうけど入院中だけフミさんにやさしくして退院後は逆にいっぱいやさしくしてもらいましょ(*´∀`*)
Commented by ayumiaruki at 2009-09-24 22:13
tes_music_systemさんへ

それがそんなに若くはないんです。それにしても窓際と真ん中の料金が同じのって、ちょっと不公平ですよね。私が入院していたときは、どの部屋も体を拭くとき意外カーテンは開けたままだったのに、今はいつも閉めっぱなしなんですね。
Commented by ayumiaruki at 2009-09-24 22:37
お兄ちゃんへ

そこは笑って欲しかったところだから、大丈夫。フミさんのモデルっぷりも最近板についてきて、こちらの要求を瞬時に理解してくれるようになったんだよ。フミさんは今日退院して、児玉家で手巻き寿司したよ。
Commented by ayumiaruki at 2009-09-24 22:44
さきさんへ

フミさんが入院だとやっぱりびっくりですよね。徳島は、まだまだ暖かくてのんびりでいいところですよ。さきさんのコメント見たフミさんが、入院中あんまりやさしくしてくれなかったとか言ってるんですがどうしたもんでしょうね~まったく~。徳島計画また練り直して来てね。


<< 橘の喧嘩だんじり      フミさんが手術 >>